お得な車買取査定ナビ

車を手放すならどっち?ディーラーと中古車買取店を比較

  カテゴリ:車の売却・下取り
車を手放すならどっち?ディーラーと中古車買取店を比較

新しい車を買うために、いま乗っている車を手放す場合、ディーラーに下取りに出すか中古車買取店に売るかで迷う人も多いことでしょう。

そこで、車を手放すならディーラーと中古車買取店ではどっちがお得なのかを、比較してみました。

ディーラーはスムーズな手続きで古い車でも査定額が付く

まず、車をディーラーで手放す場合にどんなメリットがあるかを、検証してみましょう。

買い替えの手続きがスムーズ

新しい車を購入するディーラーで、いま乗っている車をそのまま手放すと、手続きが非常にスムーズです。

なぜなら、売却と購入の手続きがまとめてできるからです。

購入先と売却先が別々の場合と比べ、移動の手間だけ考えても半分で済みます。

特に、忙しくて時間がなかなか取れない人や、あちこち回るのが億劫に感じる人にとっては大きなメリットです。

手厚いサービスを受けられる

下取り交換をしてくれるお客さんがいると、ディーラーは新しい車を売って利益が得られるだけでなく、下取り車を売ったときにも利益が得られます。

当然、ディーラーからすれば、車を買うだけのお客さんよりもありがたい存在です。

そのため上客として扱ってくれるので、より手厚いサービスを受けられる可能性が高まります。

万が一購入した車にトラブルがあった場合も親身に対応してくれたり、耳寄りな情報が得られることがあるかもしれません。

年式が古い車でも有料で引き取ってもらえる

マニア受けする希少車は別として、手放す車の年式が古い場合、モノとしての価値は低くなります。

価値の低い車は中古車市場で人気がないので、値段を下げて販売してもなかなか売れませんし、売れたとしても大きな利益は望めません。

つまり、下取りや買取りを行っている業者から見れば、ありがたみの薄い存在なのです。

しかし、ディーラーの場合は、車を買ってもらうことで大きな利益が得られるため、必ずしも下取り車で大きな利益を出す必要はありません

さらに、車を買ってくれるお客さんへの感謝の気持ちもあるので、そうした年式の古い車でも、ある程度の査定額は付けてくれます。

新しい車が納車されるまで、いまの車に乗っていられる

いま乗っている車を手放してしまうと、新しい車が納車されるまでの間、足の確保をどうするかが問題になります。

代車を貸してくれるのか、あるいはレンタカーやカーシェアリングでしのぐ必要があるのかと、心配になるかもしれません。

しかし、車をディーラーで手放す場合は、いまの車に乗り続けることができるので、なんの心配もありません。

乗り続けているうちに査定額が下がってしまうのでは?と思うかもしれませんが、車が損傷するような事故を起こさない限り、査定額が下がることはありません。

ディーラーは年式の新しい車や社外パーツを高く評価してもらえない

次に、車をディーラーで手放すことで生じるデメリットについて、検証します。

年式が新しい車の査定額があまり高くない

ディーラーは、年式の古い車でもそれなりの査定額を付けてくれる一方で、年式の新しい車の査定額はあまり高くありません。

その理由は、競争の原理が働かないからです。

ディーラー同士での新車販売の競争はもちろんありますが、下取り価格の競争というものはありません。

競争がなければ、他店にお客を取られないように査定額をアップする必要もないので、どうしても査定額は低くなります。

社外パーツが付いていても査定額がアップしない

車に社外品のアルミホイールやエアロパーツ、カーオーディオなどを付けている場合、査定額がアップするのは当然と思うかもしれません。

しかし、ディーラーの査定マニュアルには社外パーツの項目がないため、いくら高額な社外パーツは査定額アップにはつながりません

もしあなたの車に社外パーツがいくつかついているなら、ディーラーの下取りではなく、車買取店に査定してもらったほうがいいでしょう。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

出張査定に対応していない

ディーラーには、査定担当者が自宅や駐車場まで出張査定に出向くサービスはありません。

したがって、自ら車を運転してディーラーまで持ち込む必要があります。

ディーラーが遠い場合は、往復の時間だけでもかなり掛かってしまうので、休日がつぶれてしまうかもしれません。

また、査定額のアップを狙うにしても、交渉を店舗内で行う「完全アウェイ」の情況に置かれるので、相手のペースに巻き込まれてしまう可能性があります。

下取り額と値引額の線引きがあいまい

車をディーラーで手放す場合、新たに購入する車の値引額と、下取り査定額の線引きをあいまいにされてしまう可能性があります。

たとえば、あなたが新たに購入する車から20万円の値引を引き出すことを目標に、交渉にのぞんだとします。

それに対し、もし営業担当者が「車両値引き額は本来15万円が上限ですが、特別に下取り額を5万円アップすることで、ご希望に沿いましょう!」と回答したら、してやったりと思うかもしれません。

しかし、本当は値引き額の上限が20万円に設定されていた可能性もあります。

つまり、本来なら車両値引き額20万円+査定額5万円アップで、総額25万円の値引きが引き出せたかもしれないのです。

こうしたカラクリが通用してしまうのも、ディーラーで車を手放すデメリットのひとつです。

中古車買取店は、年式の新しい車や社外パーツを評価してくれる

次に、車を中古車買取店で手放す場合のメリットについて、検証します。

年式が新しい車の査定額が高い

年式が新しい車を手放す場合は、ディーラーよりも中古車買取店の方が査定額が高くなります

年式の新しい中古車は高い値段で流通できるので、中古車買取店にとっては「金のなる木」のようなものです。

しかし、業者同士での激しい競争があるので、ユーザーは簡単には自分のところで車を手放してくれません。

そのため、多少利益が減ったとしても、他店よりも高い査定額を付けようと努めます。

その結果、中古車買取店の査定額はディーラーの下取り査定額よりも高くなるのです。

車をディーラーで手放すのは損かも?下取りのメリットとデメリット

社外パーツが査定額アップにつながる

中古車買取店の場合は、車に社外パーツが付いていると査定額がプラスになることがあります。

その理由は、ディーラーと異なり査定のマニュアルに社外パーツの項目があるからです。

どんな社外パーツでも査定がアップする保証はありませんが、有名なブランドの社外パーツなら、査定額アップにつながる可能性が高くなります。

また、改造車の場合も対応が分かれます。ディーラーでは下取り額が大幅に下がるか、下取りそのものを断られる可能性が高いでしょう。

一方で、中古車買取店ならば喜んで買取ってくれるところもあります。

出張査定もしてもらえる

中古車買取店はそこに売るかどうかに関わらず、査定担当者が自宅や駐車場まで出張査定に来てくれます。

自分で店舗に行く必要がないので、忙しくて時間に制約がある場合などは、大きなメリットになります。

また、査定額アップの交渉をするにあたっても、場所が店舗よりも自宅などの方が心理的に余裕が生まれるはずです。

車を中古車買取店で手放すデメリットは、買い替えの手間や足の確保など

続いて、車を中古車買取店で手放す場合のデメリットについて、検証します。

買い替えの手間が面倒

車を買う場所と売る場所が別々になるので、ディーラーに下取りに出す場合と比べると、移動の時間が余計に掛かります。

また、商談も値引の交渉と査定額アップの交渉を別々に行わないとならないので、大きなエネルギーが必要です。

そのため、時間や労力を合理的に使いたい人には、わずらわしく感じることでしょう。

年式が古い車だとゼロ査定になる場合がある

年式の古い車は、中古車市場で売れる可能性は高くありませんし、売れたとしても大した利益は望めません。

中古車買取店からすれば、こうした「うまみのない車」は積極的に手に入れたいとは思いません。

そのため、買取ってくれたとしても査定額がきわめて低くなるか、場合によってはゼロ査定になってしまうこともあるのです。

新しい車が納車されるまでの足の確保が問題

車を中古車買取店に売った場合、ディーラーで注文した次の車が納車されるまでの間は、乗る車がなくなってしまいます。

代車を手配してくれる中古車買取店もありますが、自分の好きな車種である可能性は低いですし、きれいで清潔な車である保証もありません。

それでも代車を手配してくれるだけいい方で、代車のない場合は、自分でお金を払ってレンタカーなりカーシェアリングなりを利用する必要があります。

車を手放すときは、車の一括査定の利用を活用しよう

ディーラーの下取りと中古車買取店の買取りとを比較すると、それぞれにメリットとデメリットがあることがお分かりいただけたと思います。

どちらが良いかはケース・バイ・ケースになりますが、年式が古くて社外パーツが付いていない車の場合は、ディーラーで手放した方が良いでしょう。

一方、車の年式が新しかったり有名ブランドの社外パーツが付いている場合などは、多少の手間は掛かったとしても、中古車買取店で手放す方が査定額が高いので得をします。

しかし、さらに欲を言えば、中古車買取店の中でも一番高い査定額を付けてくれるところを見つけたいものです。

そのためのベストな方法としておすすめしたいのが、ネットの車の無料一括査定です。

車の一括査定を利用すれば、愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店を、簡単に見つけることができます。

手続きもネット上で簡単に済ませられるので、利用のハードルが低いのも大きなメリットです。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1
  • 書いている人【YAS やす】

    1988年生まれの30歳。フリーランスのライターをしています。
    現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます(くわしいプロフィールはこちら
    車が好きな人つなぐ”サークル”のような場所をつくるのが、このWebサイトの目的です。ぜひ車について語らいましょう!

  • 私が乗ってきた愛車遍歴

    トヨタ・クレスタ

    三菱自動車・デリカ CHAMONIX

    トヨタ・bB

    フォルクスワーゲン・ゴルフ

    ボルボ・V60 【現在】

  • いま欲しい車!(憧れ込み)

    ポルシェ・パナメーラ
    マセラティ・ギブリ
    スバル・レヴォーグ