走行距離の少なすぎる中古車が危ない理由とは?

走行距離が少なすぎる中古車

中古車をえらぶときのチェック項目として「走行距離」は欠かせません。

なぜなら、中古車の価格は走行距離によって決まる部分が多いからです。

それだけ走行距離の少ない車は魅力的。中古車をさがすときにも長距離乗っている車は避けたいところです。

しかし、走行距離の少なさだけで安易に中古車を選んでしまうと、買ってから後悔することになりかねません。

どうして走行距離が少なすぎる車は気を付けるべきなのでしょうか?

走行距離の少なすぎる中古車にはどんなワケがある?

わかりやすく言うと、10年落ちのモデルなのに走行距離が3万キロしか走っていない車。

こうした中古車は「走行距離が少なすぎる」と言われます。

走行距離は平均で1年に1万キロと言われています。ですから、平均より7万キロも走行距離が少ないですよね。

こうした低走行距離車にはどんな理由が考えられるでしょうか?

  • ・試乗車だった
  • ・前のオーナーがほとんど乗らなかった
  • ・車検切れのまま販売店で不動車として放置されていた
  • ・大事故に遭って板金工場で眠っていた
  • ・メーターが改ざん(メーター戻し)されている

年式にくらべて走行距離が少ない車には上記のようにさまざまな理由が考えられます。

実走行で距離が少ない車は狙い目

単純に実走行で走行距離が少ない中古車も存在します。

それは「試乗車」「前のオーナーがほとんど乗らなかった」といったケースです。

こういった車は年式が古いものの、車の状態としては申し分ない可能性が高いと言えます。

ただし、車は定期的に運転した方がエンジンには良いので、メンテナンス状態は確認する必要があります。

もし販売店に確認がとれるのであれば、聞いてみるようにしましょう。

車の寿命と走行距離の限界ってどれくらい?

本当にコワイのは事故車や未車検状態の車

ここからは注意すべき中古車です。

車検が切れたままガレージに放置されていた車や、大きな事故に遭ってグチャグチャのまま板金工場などで放置されていた車などが挙げられます。

放置されていた車はエンジンをはじめとする車の状態が良くありません。メンテナンスもほとんどされていない可能性があるからです。

また、走行距離が少ない事故車にも要注意です。

板金工場で眠っていた年式の古い事故車を修復して売りに出すことがあるからです。

車の状態は素人ではどうしても判別できません。

長く眠っていた車でも、見た目はあたらしくて良い状態に見えるからです。

ですから、きちんと信頼のおける中古車販売店を利用するようにしましょう。たとえば「事故車の扱いはゼロ」を掲げている販売店がおすすめです。

メーターの改ざん(メーター戻し)にも注意

年式が古いのに走行距離が少なすぎる車として、もっともわかりやすいのがメーターの改ざんです。

さきほど説明したように、中古車は走行距離が少ないほうが高く販売できます。

ですから10万キロ走った10年落ちの車のメーターを、3万キロまで戻すのです。そうすれば見た目上はわかりません。

こうした悪質な手口は残念ながら実際に起こっています。

メーター改ざんは明らかな違法ですが、そうした手口で儲けている業者がいる以上は自分で気をつけるしかありません。

走行距離が少なすぎる車ほど中古車相場を確認すべき!

ここまで説明したように、年式のわりに走行距離が少ない中古車にはいろいろなパターンがあります。

では、どうやって怪しい中古車を見抜けばいいのでしょうか?

率直に「走行距離が少ない理由」を聞いてみる

まずは販売店に「どうして走行距離が少ないのか?」と聞いてみることです。

信頼のおける販売店であれば、ほとんどが正直な話をしてくれます。

しかし、もしその販売店がメーター改ざんをしているなど、悪徳業者だった場合には正直に話してくれません。

走行距離に比べて割安な中古車は疑ってかかろう

アヤシい中古車かどうかを客観的に見極めるポイントはやはり【価格】です。

年式が古いのに走行距離が少なくて、なおかつメンテナンスが行き届いてる中古車は魅力的です。

ですから、そういった車は同じ車種の他の中古車よりも価格が高くなるはずなのです。

つまり、走行距離が少なすぎる中古車の価格が相場よりもはるかに安く売られていたら要注意です。

走行距離10万キロのプリウスの中古車相場が20万円だったとしましょう。

そんな状況で、走行距離3万キロのプリウスが5万円で売られていたとしたら…。

これは怪しいと言わざるを得ません。

中古車市場の相場として、その2つの車が同じ価格で売られるはずはないからです。

もし中古車を探していて「年式のわりに走行距離が少ないな」と思ったら、まずは同じ車種・年式の車の相場価格をチェックしてみましょう。

走行距離と年式、中古車選びで重視すべきなのはどっち?

車の買い替え予算をアップさせる方法とは?

いずれにしても、走行距離が少なすぎる中古車はできれば避けるべきです。

きちんと買い替え予算が準備できれば、怪しい車をわざわざ買うこともありません。

そのためには、車を買い替えるために資金を手元にしっかり用意する必要があります。

車の買い替えにおいて、あなたにも効果的に試せる方法があります。それはいま乗っている車をできるだけ高く売却することです。

いま乗っている車が高く売れれば、あたらしく買う車の予算が増えます。そうすれば、走行距離が少なすぎる怪しい車に手を出す必要もなくなりますよね。

愛車を最高額で売却する。これが本当に欲しいと思う車を買うためにできるコツです。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。