故人が所有していた車を売却するにはどうすればいい?

故人の車を売却する方法 車の売却・下取り

長く乗っていた、故人の思い出の車。
所有者が亡くなってしまったいま、車をどう処分すべきか困っている人も多いはずです。

故人の車を売るにはどうすればいいのでしょうか?
あるいは売却せずに名義変更するにはどんな手続が必要なのでしょうか?

故人の車の取扱いについて、わかりやすく解説します。

故人の車を有効に生かす方法とは?

故人が所有していた車をどうするか?については、遺族の方は頭を悩ませるはずです。
大きく分けて2つの方法を検討しましょう。

  • ・名義変更して他の人が乗り継ぐ
  • ・売却する

名義変更して他の人が乗り継ぐ

故人の乗っていた大切な車を、家族や他の誰かに乗り継ぐというのが1つ目の方法です。
売却するのはもったいない、あるいは大事な形見を少しでも長く乗りたいという人は「名義変更」をしましょう。

車の名義変更というと、一般的にはあまり馴染みがないかと思います。
それもそのはずで、新車を買ったり買い替えるときの名義変更は基本的にお店の人がやってくれるからです。

名義変更するにはどんな方法があるのでしょうか?

  • ・お店に依頼する
  • ・自分で名義変更の手続きをする
  • ・弁護士など第三者に依頼する

お店に名義変更をお願いするのは、車を買ったり買い替えたりするケースです。
ですから、故人の車を名義変更するときには他の方法を選ぶのが賢明でしょう。

自分で名義変更するには、必要書類を持って陸運局で手続きをしないといけません。
書類さえ揃ってしまえばそこまでむずかしい手続きではありませんが、はじめて名義変更する人にとってはハードルが高いかもしれません。

自分で名義変更するのがむずかしいのであれば、弁護士などに依頼する方法もあります。
故人の車を誰かが乗り継ぐ場合には、相続が発生します。

相続する財産の合計額にもよりますが、車を家族が乗り継ぐと相続税が発生することもあるので、合わせて弁護士に相談するのも1つの方法です。

いずれにしても、亡くなった人の車を売却せずに誰かが乗る場合には必ず名義変更が必要になります。
まちがっても、そのまま乗り続けることがないようにしましょう。

手続きをしないで故人の車を乗り続けていると、自動車保険が適用されないことがあります。
人身事故などを起こすと多額の賠償金が必要になることもあるので、十分に注意して下さい。

故人の車を売却するにはどうすればいい?

亡くなった人が乗っていた車を、他の誰も乗ることがないのであれば売却を検討しましょう。

なかには「故人の形見、思い出として残しておきたい」と考える遺族もいるかもしれません。
もちろん、故人の車をそのまま残しておくのもアリです。

しかし、車は乗る人がいない状態でも税金や保険料がかかることがあります。
抹消登録をしてしまえば、税金や保険料は発生しませんが、二度と公道を走れなくなってしまいます。

ですから、惜しい気持ちもわかりますが、売却するのが現実的な選択となるでしょう。

では、故人の車を売るには一体どんな方法があるでしょうか?
検討するべき売却方法は以下の2つです。

  • ・車の買取店に持ち込む
  • ・複数の買取店に出張査定してもらう

車の買取店に持ち込む

故人の車を売るときに、真っ先に思いつくのが「買取店への持ち込み」です。
これは、いわゆる道路沿いにある中古車販売店に車を持ち込んで買い取ってもらう方法です。

ガリバー、アップル、ビッグモーター、カーセブンなど大手の車買取店の店舗へ車を持っていくという方法ですね。

買取店への持ち込みは、一見すると非常にラクそうに見えます。
しかし、わざわざ車をお店に運ぶのは大変ですし、帰りの交通手段も考えないといけません。

そして、なによりも問題なのが「車の買取額の低さ」です。

車の買取店に持ち込んでしまうと、ほぼ間違いなく安い価格でしか買い取ってもらえません。
車を売るときに持ち込み査定は避けるべき3つの理由

なぜ安い価格でしか買い取ってもらえないのでしょうか?
理由はいくつかありますが、カンタンに言えば「1社の見積もりしかわからないから」です。

中古車価格というのは、中古車販売店にしかわかりません。
ですから、1店舗だけに持ち込んでしまうと「買取店の言いなり」になるしかないのです。

故人が大切に乗っていた車だとしたら、それは決して納得がいく方法ではなくなります。

少しでも高く買い取ってもらうことが故人にとって、そして残された家族にとっての慰めになるはずです。

複数の買取店に出張査定してもらう

故人の車を売却する、2つ目は「複数の車買取店に査定をしてもらう」という方法です。

さきほども説明したとおり、車の買取見積りは1社だけでは最高額がわかりません。
複数の買取店(最低でも3社)に見積もりを出してもらえれば、故人の車の相場がハッキリとわかるはずです。

複数の見積もりをあれば、その中から最高額を出してくれたお店に売却するだけなので納得感は強くなります。

とはいえ、複数の店舗に自分で車を持ち込むのはハッキリ言ってむずかしいですよね。
手間も時間もかかるので、1店舗ずつ持ち込むのは現実的ではありません。

そこで活用したいので、車の一括査定です。
一括査定は、故人が乗っていた大切な車の情報を入力するだけで、複数の買取店から見積もりを出してもらえるというもの。

ネットで簡単に入力できる上に、その場でスグに査定額を見ることができます。
加盟している複数の車買取店からの査定額をチェックしてから査定をしてもらえば、高価買取は意外とカンタンに実現できます。

一括査定に加盟している業者は、ほとんどが無料出張査定に対応しています。
ですから、自分で1店舗ずつ車を持ち込む必要がありません。

故人の車を売却するなら、少しでも高い価格で売ろう

亡くなった人が乗っていた車は、さまざまな思いを乗せています。
家族や夫婦で仲良くドライブしていた車が、安い値段で買い叩かれてしまっては後悔しか残りません。

故人にとっても、残された家族にとっても、車が高く売れるのはイイことしかないですよね。

そのためにも、できるだけ複数の業者に見積もりを出してもらうことが欠かせません。

まずは気軽に見積もりをとって、いくらで売却できるかチェックしてみましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト