【ちがいがわかる】搭乗者傷害保険と対人賠償保険の補償内容と範囲

人身傷害と搭乗者傷害 人身傷害保険

こんにちは、車谷よしひこです。

自動車保険の用語はむずかしい印象がありますよね。

漢字ばかりで、何がなんだかわからない!という人も多いと思います。

対人賠償保険と搭乗者傷害保険は、自動車保険のなかでも特に重要な補償です。

搭乗者傷害保険と対人賠償保険はどう違うのでしょうか?それぞれのちがいについてわかりやすく解説します。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /

対人賠償保険は事故の相手を補償する

対人賠償保険は、わかりやすくいえば「事故の相手を補償するための保険」です。

自動車保険には基本的に自動でセットされていて、あらゆる補償のなかでも最重要ともいえる保険です。

どんな場面で使えるのでしょうか?もっともわかりやすいのは、交通事故で歩行者をはねてしまったときです。これぞ「対人」を補償するための保険ですね。

また、車同士がぶつかって、相手の車の運転手や同乗者がケガや死亡したときにも対人賠償保険を使うことができます。

このように「事故の相手に使うための保険」が対人賠償保険なのです。

対人賠償保険がないと、どうなる?

すでに説明したように、対人賠償保険は自動車保険には自動セットとなっています。つまり、必ず加入するように設定されているわけです。

それだけ対人賠償保険が大切ということでもありますが、なぜそこまで必要とされているのでしょうか?

その最大の理由は、事故が起きたときの高額な損害賠償金にあります。

たとえば交通事故で人を死なせてしまったとしましょう。すると、以下のような高額な賠償金が実際に発生する可能性があります。

人身総損害額被害者職業等被害者性別年齢裁判所・判決日
5億 843万円眼科開業医41横浜地裁 平成23.11.1
3億7,829万円大学3年生21名古屋地裁 平成23.2.18
3億6,756万円会社員33名古屋地裁 平成17.5.17
3億5,936万円会社員23大阪地裁 平成19.4.10
3億5,250万円整形外科・
内科開業医
38大阪地裁 平成18.6.21

過失割合があるので、被害者にも責任があるケースもあります。

とはいえ、事故で人を死なせてしまうとこれだけの賠償金をあなたが払わなければいけない場合が起こりうるということなのです。

億単位の賠償金を払えるでしょうか?きっと、人生が終わるほどのダメージを食らうと思います。

しかし、対人賠償保険に加入しておけば賠償金は保険金で支払うことができるので、自腹を切る必要はなくなるのです。

なかには無保険車(強制保険しか入らない)という選択をする人もいますが、強制保険は上限3,000万円までしか補償が受けられないので、まったく足りません。

それだけ、任意保険の対人賠償保険は大切なものであるということをお忘れなきよう。

危険すぎる!無保険の事故で賠償金が高額になる理由
なぜ自動車保険には加入すべきなのでしょうか?自動車保険は自賠責保険と任意保険に分かれています。任意保険は加入しな...

搭乗者傷害保険は自分たちを補償する

さて、つぎは搭乗者傷害保険です。

搭乗者傷害保険は、わかりやすくいえば「自分たちの車に乗っている人のケガや死亡を補償する」ための保険です。

たとえば交通事故によってあなたと同乗している家族がケガをしたとしましょう。そのとき、搭乗者傷害保険を使って治療費を払うことができます。

搭乗者傷害保険は、人身傷害保険とセットで加入する人が多いです。

基本的にはどちらも「自分たちの車に乗っている人」を補償する保険ですが、ちがいは保険金支払いのタイミングにあります。

  • 人身傷害保険の支払いタイミング
  • ▷ 事故の総損害額が決定してから
  • 搭乗者傷害保険の支払いタイミング
  • ▷ 入院および通院の日数が5日以上経過した時点

どちらが早いかといえば、搭乗者傷害保険のほうが支払いは早いです。

事故の総損害額は決定までにかなりの日数がかかる場合があるので、人身傷害保険はやや遅めです。

スピーディに保険金を受け取りたい人は、搭乗者傷害保険に加入しておくといいでしょう。

さらに、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方に加入しておくと、補償が手厚くなります。

人身傷害保険が自動加入となる保険会社もありますが、自分で組み合わせる(任意)保険会社があります。

なお、搭乗者傷害保険は任意です。必要であればセットするというかたちですね。

  • ・搭乗者傷害保険は早めに保険金を受け取れる
  • ・人身傷害&搭乗者傷害保険に入っておけば手厚い補償
  • ・人身傷害保険は自動加入になる保険会社も多い
最も安い自動車保険を比較してみる【無料】

対人賠償保険と搭乗者傷害保険との違い

あらためて、対人賠償保険と搭乗者傷害保険の違いについて振り返っておきましょう。

  • 【対人賠償保険とは?】
  • 事故の相手を補償するための保険
  • ・どの自動車保険でも必ず自動セットされる
  • 【搭乗者傷害保険とは?】
  • 自分たちを補償するための保険
  • 加入は任意(入らなくてもOK)

対人賠償保険はどの自動車保険でも自動加入となるので特に気にしなくても大丈夫なんですが、搭乗者傷害保険は自分で選ぶ必要があります。

1つの目安として、事故のあとスピーディに保険金(入通院費や治療費)を受け取りたい人は搭乗者傷害保険に加入しておいたほうがいいでしょう。

▶ 1番安い自動車保険を調べてみる

僕の保険料が3万円以上も安くなった理由

僕が保険の一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /


保険見積りの参加保険会社

無料一括見積もりはコチラ

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

人身傷害保険
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト