セカンドカー割引はいくら?割引金額をチェックしよう

セカンドカー割引の金額 自動車保険の手続き

自動車保険をできるだけ安い保険料で抑えたい。
そんなときに活用したいのが「セカンドカー割引」です。

このセカンドカー割引を使えば、家族や親族の自動車保険料がグッと安くなる可能性があります。

セカンドカー割引で保険料はどれくらい安くなるのでしょうか?
実際に割引金額をチェックするとともに、割引が適用される条件を見ていきましょう。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /

セカンドカー割引の条件とは?

セカンドカー割引は、すでに自動車保険に契約している人が対象です。
その契約者が2台目の保険を契約するときに割引になります。

セカンドカー割引が適用されるには以下の条件を満たしている必要があります。

  • ・すでに契約している車の記名被保険者と所有者が個人である
  • ・すでに契約している車の記名被保険者と所有者が、新規契約する人と同じ
  • ・すでに保険契約している車の等級が11等級以上である
  • ・契約する車が自家用乗用車、自家用貨物車、自家用普通貨物車、キャンピング車

新しく契約する車は、すでに契約している車の記名被保険者(本人)の配偶者も対象です。
わかりやすくいえば、ご主人の奥さんの車もセカンドカー割引の対象となります。

また、本人と配偶者と一緒に住んでいる親族でも割引の対象になります。たとえば、奥さんの両親も割引の対象ということです。

ややわかりにくいかと思うので、くわしくは「自動車保険セカンドカー割引の条件」をごらんください。

セカンドカーの割引は「7等級」からスタート

セカンドカー割引は「2台目以降の車の等級を7等級からスタートできる」という制度です。

あたらしく自動車保険に契約すると、どんな人でも基本的には「6等級」からスタートします。
しかし、セカンドカー割引の車は1つだけ等級がアップした状態からはじまるので、そのぶん保険料が安くなるのです。

ちなみに「等級」は1〜20等級まであって、等級が高いほど保険料が割引率が上がります
事故がなければ次の更新で1等級アップ。事故で保険を使うと3等級ダウンします。

項目内容
1.自動車登録番号又は車両番号ナンバープレート番号のこと
2.登録年月日/交付年月日車の新規登録、名義変更をした日
3.初度登録年月車が最初に登録された日。年式はここを見る
4.車名車のメーカー(トヨタ・ホンダなど)。車種名ではありません
5.車台番号17桁の文字列で全ての車に割り当てられた識別するための番号
6.型式車種・エンジン・駆動方式ごとに割り振られる識別番号
7.原動機の型式エンジンのタイプをあらわします
8.所有者の氏名又は名称所有者の氏名または名称です
9.所有者の住所所有している人の住所です
10.使用者の氏名又は名称所有者と使用者が違う場合に記載されます(ローン購入時など)
11.使用者の住所所有者と使用者が違う場合に記載されます(ローン購入時など)
12.使用者の本拠の位置所有者と使用者が違う場合に記載されます(ローン購入時など)
13.自動車の種別「普通」「小型」の2種類。車検時の印紙代の判別に使用されます
14.用途乗用・貨物の2種類。重量税の算出に使います
15.自家用・事業用の別自家用・事業用の2種類あり、車検、登録申請の時に使います
16.車体の形状箱型、幌(ほろ)型など車のカタチをあらわします
17.車定員車に乗ることができる最大定員数が記載されます
18.最大積載量貨物車の場合に記載。載せられる最重量が表記されます
19.車両重量車の重さです。重量税の計算に使います
20.車両総重量車両重量+(乗車定員×55キロ)+最大積載量+オプションパーツ(スペアタイヤなどのアイテム)
21.長さ車の全長。車検証明を取るときに使います
22.幅車の幅。車検証明を取るときに使います
23.高さ車の高さ。車検証明を取るときに使います
24.前前軸重タイヤの車軸にかかる重量のこと
25.前後軸重タイヤの車軸にかかる重量のこと
26.後前軸重タイヤの車軸にかかる重量のこと
27.後後軸重タイヤの車軸にかかる重量のこと
28.総排気量又は定格出力排気量が記載されます(単位:リットル)
29.燃料の種類ガソリン・軽油など燃料の種類が記載されます
30.型式指定番号メーカーが国土交通省の認可を受けた時に与えられる番号で、メーカー名・車種名・エンジングレードまでわかります
31.種別区分番号メーカーが国土交通省の認可を受けた時に与えられる番号。オプションなどがわかる
32.期間の満了する日車検の有効期限が切れる日のこと
33.備考国から認められた工場で点検をした場合などに「指定整備車」などの文言が記載される

いきなり等級が7からスタートするので、最初から保険料の割引率がアップするというのがセカンドカー割引のメリットです。

割引金額はいくらになる?

それでは実際にセカンドカー割引の金額を見ていきましょう。
セカンドカー割引はさきほど説明したように「新規契約から7等級スタート」になります。

ですから、6等級と7等級で割引率のくらべるのがわかりやすいでしょう。

セカンドカー割引金額

出典:保険の窓口 インズウェブ

上の表は、新規で保険に契約するときの割引率(割増率)を示したものです。

真ん中の「全年齢補償」や「21歳以上補償」というのは「その保険で何歳の人までカバーするか?」を示しています。
カバーする年齢が広いほど、保険料は高くなります。

たとえば「26歳以上補償」を例にとってみましょう。
割引率は以下のようになります。

  • ・6等級の割引率 【-9%】
  • ・7等級の割引率 【-40%】

6等級と7等級の間になんと【-36%】もの差があることがわかります。

単純計算ですが、仮にもともとの保険料が5万円だとすると、支払う金額にはこれだけの差が生まれます。

  • 6等級の場合
  • 50,000円 × 【-9%】=45,500円
  • 7等級の場合
  • 50,000円 × 【-36%】=32,000円

その差額は13,500円。
新規契約の最初の年からこれだけ安い金額で済むのですから、セカンドカー割引の効果は大きいといえるでしょう。

セカンドカー割引を利用するにはどうすればいい?

なお、セカンドカー割引というのはあくまでも一般的な名称にすぎません。

ソニー損保三井ダイレクト損保イーデザイン損保などはセカンドカー割引と呼びます。

損保ジャパン日本興亜アクサダイレクトでは複数所有新規割引と呼んでいます。

ただし、基本的な割引制度は同じと考えてかまいません。

さて、セカンドカー割引を適用したい場合にはどのように申し込みをすればいいのでしょうか?
手続きとしては通常の自動車保険申し込みと変わりません。

ダイレクト型(通販型)であれば、インターネットから見積もりをとって申し込みをします。
そのときにはすでに契約している車(1台目)の情報が必要になるので、保険証券を手元に用意しましょう。

もし2台目の保険加入をするのであれば、1台目の自動車保険を見直す良いタイミングでもあります。

保険会社によって、もともとの保険料にちがいがあります。
セカンドカー割引を使って安い保険を選ぶのであれば、まずは複数の保険会社から見積りをとって比較してみましょう。

そうすることで、セカンドカー割引の割引とともに保険料がさらに安くなりますよ。

▶ 1番安い自動車保険を調べてみる

僕の保険料が3万円以上も安くなった理由

僕が保険の一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /


保険見積りの参加保険会社

無料一括見積もりはコチラ

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

自動車保険の手続き
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト