こんなにお得!車をエコカーに買い替えるべき3つの理由

車をエコカーに買い替える 新車の購入・買い替え

エコカーへ車を買い換えると、どれくらいお得になるのでしょうか?

車を買い替える時にはいろいろな条件を考えるでしょう。
特に車の維持費を安くしたい人にとって、エコカーは非常に魅力的ではないでしょうか。

とはいえ「エコカーはお得」という漠然としたイメージだけではもったいない。

エコカーに車を買い替えるとどれくらいお得になるのでしょうか?この機会にしっかりと理解しておきましょう。

エコカーへの買い替えでお得!自動車税が安くなる!

エコカーと聞いてまず思い浮かぶのが「エコカー減税」です。

エコカー減税は、環境への負担をが少ない車を対象にして車の税金を安くすることを目的につくられました。

たびたび改正が行われているエコカー減税ですが、仕組みがやや複雑です。

そもそも、一般的に呼ばれている「自動車税」というのは以下の3つに分かれています。

  • ・自動車税(毎年5月に支払う税金)
  • ◎自動車取得税(買う時に支払う)
  • ◎自動車重量税(買う時&車検時に支払う)

全部で3つに分かれている自動車税は、一般的に「自動車税」とまとめて呼んでいますが、厳密には3つに分かれているんですね。

そして、エコカー減税の対象になるのは◎を付けた「自動車取得税」と「自動車重量税」の2つです。

それぞれを買い替え前に確認しておくと、理解がスムーズになります。

エコカー減税はどんな車が対象になるの?

エコカー減税はいくつかの段階に分かれている「燃費基準」を達成している車が対象です。

この「燃費基準」というのが少しわかりづらいのですが、以下のような分かれ方をしています。
エコカー減税の燃費基準

出典:ホンダ公式サイト「エコカー減税」より

一言でわかりやすくいえば「エコカー減税は燃費の良さでクラス分けされていて、燃費が良い車ほどたくさん減税するよ」という感じです。

平成32年度と平成27年度の燃費達成基準というのがあって、その達成度合い応じて「減税割合」が分かれています。
かなり細かいので、すべてを覚える必要はありません。

エコカーという言葉を聞いて「エコカーならお得!」と食いついてしまう前に「どれくらい減税になるか?」をチェックしたいですね。

そうすれば買い替える車種を決めるときにも計画が立てやすくなります。

エコカー減税対象外だと高くなる?税金はいくら?

実際に金額をチェックしてみましょう。
まずはエコカー減税が適用されない車の新車購入時、つまり買い替えて最初に支払う自動車税です。

こちらもホンダ公式サイト「エコカー減税」より条件を引用します。
(新車は車両重量1.5トン、排気量1.7Lとする)

  • ・自動車税 3万9500円
  • ・自動車重量税 3万6900円
  • ・自動車取得税 6万円
  • ⇒合計:13万6400円

エコカー減税が1つも適用されないので、すべて通常通りに税金を払う必要があります。

エコカー減税が対象だとどれくらい安くなる?

続いて、エコカー減税対象の車について計算してみましょう。
さきほどの表の1番左「次世代自動車」の新車購入時に支払う自動車税についてです。

  • ・自動車税 3万9500円
  • ・自動車重量税 0円(全額免除)
  • ・自動車取得税 0円(全額免除)
  • ⇒合計:3万9500円

自動車税以外は全額免除になるので、新車購入時に支払う税金は3万9500円のみです。

計算してみると、差額は以下のようになります。

【13万6400円 – 3万9500円 = 9万6900円】

エコカーで減税額が最も大きい車を買うだけで、最初に払う自動車税が9万6900円も安くなります

約10万円もの税金を節約できるわけですから、エコカー減税に買い替えることでいかに維持費が安くなるかがわかります。
厳密に言うと、3年目までも継続して自動車税が安くなるので、計算した以上に税金は安くなります。

新車購入時に約10万円も浮くわけですから、浮いたお金でカーナビを付けてもいいですし、オプション装備を選ぶのもいいですよね。

もちろん、エコカーによっては車両価格が高い車種もあります。
いくら税金が安くても、買い替え費用がたくさん必要になってしまっては節約につながりません。

お得に買い替えるためには「トータルの費用」で考えるようにしましょう。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

エコカーはガソリン代(燃料代)が安い

エコカーの最大の売りはなんといっても「ガソリン代(燃料代)」の安さです。
エコカーと呼ばれるだけあって、燃費が非常に良いのが特徴です。

他の一般的な車の燃費と比べてみると、その差は歴然です。
ここでは引き続き、エコカー減税の対象車とそうでない車を例にとって解説します。

エコカー減税の対象じゃない、燃費がイマイチな車の場合

まずは燃費が良くない車について。例にあげるのはホンダ「CR-V」です。

型式によって燃費やエコカー減税の対象か否か分かれています。
たとえば「24G(4WD)」モデルのCR-Vは燃費がJC-08モードで「11.6km/L」となっています。

実燃費はもう少し下がるでしょうし、自動車税も通常どおり払わないといけません。ガソリン代を考えると、燃費負担が気になりますね。

エコカー減税対象の、燃費が良い車の場合

次は燃費が良い車についてです。例にあげるのはホンダ「フィット ハイブリッド」です。
フィットはエコカー減税の対象になっており、多くの型式が自動車取得税と自動車重量税が全額免除です。

たとえば「HYBRID・Fパッケージ」モデルのフィットは、燃費がJC-08モードで「33.6km/L」となっています。
さきほどのCR-Vと比べると、約3倍ほどの燃費性能です。

単純計算でもガソリン代が3分の1。月にガソリン代が3万円かかっていたとすると、なんと1万円で済むことになります。

エコカーの燃費の良さは、車を買い替える最大のメリットになるでしょう。

ただし、1つだけ注意があります。
さきほども説明したとおり、燃費が良いエコカーのなかには車両価格が高い車種もあります。

「燃費も良いし、ガソリン代が節約できる!」と飛びつくまえに、まずはトータルでかかる費用を考えて買い替えたいですね。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

エコカーへお得に買い替える方法とは?

ここまでエコカーに買い替えることで、どれだけお金を節約できるかご紹介しました。

もし、エコカーへの買い替えを検討しているのであれば、いまの車を高く売れるようにしたいところです。

いま乗っている車が高く売れれば、買い替えにかかる資金を減らすことができます。
なぜなら、車が高く売れれば購入予算がグッと上がることにつながるからです。

ディーラーの下取り見積りを受けるのはもちろんですが、それに合わせて買取店の査定も受けるようにしましょう。
そうすることで、ディーラーの下取りと買取価格を競わせることができます。

一括査定を活用するなどして、できるだけお得にエコカーに買い替えたいですね。

まずはいま乗っている車の見積もりを出してもらいましょう。

あなたの車はいくらで売れる?最高額を無料でチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト