月々1万円で車に乗ろう!毎月1万円の支払いで車を買う方法

車を月々1万円で 新車の購入・買い替え

車を買いたいけどお金がない。新車が欲しいけど、資金的に厳しいから中古車しか買えない…。

そんな悩みを持っている人も多いかと思います。
じつは車は買い方(支払い方)によっては月々1万円の支払いで済ませることもできます。

もちろん軽自動車などの値段が安い車だけでなく、新車の普通車だって分割払いを上手に活用すれば買えちゃいます。

ここでは毎月1万円の支払いで車を手に入れる方法と、そのメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

どうして月々1万円で車が買えるのか?

車は大きな買い物ですから、本来であれば費用負担は大変なイメージがあります。

ところが、最近では「月々1万円の支払いで新車が乗れます!」といったような広告が目立つようになりました。

なぜ毎月たった1万円の支払いで車が乗れるのでしょうか?

その答えは「残価設定ローン(クレジット)」にあります。

人気の残価設定ローン(クレジット)ってなに?

残価設定ローン(クレジット)については「よくわかる!残価設定型クレジットのメリット・デメリット」でくわしく解説していますが、わかりやすく言うと「新車の価格から3〜5年後の買取価格を差し引く」ことです。

「5年後にあなたの車を100万円で買い取るので、100万円を差し引いた総額でローンを組んでください」という契約です。

つまり、新車の価格が200万円だとすると、本来は200万円のローンを組む必要がありますが、残クレ(残価設定ローン)であれば100万円でローンを組むことになります。

200万円の分割払いと100万円の分割払い、どちらが毎月の支払いが安くなるかは一目瞭然ですよね。

毎月の支払い負担が減るので、お金がなくても新車を購入できるようになります。

ローンを組んだときに気になる「金利(利息)」についても、元金が少なくなるので負担が軽くなります。

頭金がなくても買えることから、「資金的に厳しいけど、毎月1万円ずつなら払えるかな」というユーザーに人気があるのです。

デメリットもある!残価設定ローンは結局のところ「人の車」

残価設定ローンは、毎月1万円という少額でも車を買うことができますが、欠点があります。

残価設定型ローンは、言ってみれば「人の車」を借りている感覚に近いです。

いくつかありますが、おもに以下のようなデメリットに注意しましょう。

  • ・走行距離に制限がある
  • ・キズや凹みは減額になる
  • ・金利マジックがある

走行距離に制限がある

車をディーラーに返却するとき(もちろん買い取ることも可能)に、契約よりも走行距離が多いと追加料金が発生することがあります。

最終的にはディーラーに返却する車ですから、ディーラーとしては「あまりたくさん乗られちゃうと価値が下がって困る」わけです。

ですから、最初に契約した走行距離を超えてしまうと、当初よりも安い価格で売却しなければならないこともあります。

自分の車とはいいつつ走行距離に制約があるので、遠出の旅行などは行きづらくなるかもしれません。

車が好きでたくさん出かけたいという人にはむずかしい選択となるでしょう。

キズや凹みは減額になる

また、キズや凹みがあるとその分だけ減額となるので注意が必要です。

さきほど説明したとおり、契約した年月が経過すると、車はディーラーに返却するのが原則です。そのときにキズや故障があれば、当然あなたが負担することになります。

「ディーラーの引取額が安くなるなら、最初から普通に購入しておけばよかった」という事態になりかねないのが、残価設定型の注意点です。

他にもいくつかデメリットがあるので、毎月1万円で車が買えるとはいえ飛びつくことは避けましょう。

月々1万円の支払いで済むパターンをシュミレーションしよう

フィット RS

それでは実際に具体的な事例をあげて、毎月の支払い額が1万円で済む新車でシュミレーションしてみたいと思います。

以下は【ホンダ・フィットハイブリッド ベースタイプ】の支払い例です。

フィットハイブリッド ベースタイプは、その名の通りフィットハイブリッドの基本型で最も安く購入できるタイプです。

本体価格1,681,714 円(税込)
3年後買取保証金額820,000 円
頭金481,714 円
初回支払い12,040 円
毎月支払い8,800 円 ×35 回
ボーナス支払い40,000 円 ×6 回

本来であれば約170万円の新車価格ですが、そこから「3年後買取保証額」(820,000円)を差し引きます。

これは要するに、「ディーラーが3年後に契約した金額で買い取りますよ」という決まりのことです。

買取保証額の分だけ、月々の支払い額を減らすことができます。そのため資金計画に余裕を持つことが可能です。

頭金を約50万円ほど用意していることもありますが、毎月の支払額は1万円を切る水準となっています。

買取保証額は絶対ではない

「こんなにおいしい話のウラには何かがある」。そう考える方もいるかと思いますが、その考えは当たっています。

それは、さきほどで説明した「3年後買取保証額」が絶対的なものではないということです。

つまり、3年後に買い取ってもらえる金額がもっと下がってしまうリスクがあるということ。

そうなると、追加で支払いが発生するなどして、余計な資金負担が増えることになってしまいます。

条件に違反すると追加料金が発生することも

これはディーラーによって条件が異なりますが、先ほど説明したとおり「一定の走行距離を超えた場合」「事故車として修復歴がついた」といったケースが発生すると、「買取額」が減額されることがあります

つまり、3年後に支払ってもらえる買取額が明確に決まっているわけではなく「とりあえず、いまのところはこの金額ね」という約束に過ぎないのです。

走行距離はともかく、事故歴については自分でコントロールできることではないので、リスクが必ず伴います。

なるべく頭金の準備をしよう

残価設定クレジットは便利な面もありますが、できるかぎり前もってお金を準備してから新車を購入したほうが良いことは間違いありません。

もし車の買い替えなのであれば、いまの車を少しでも売却するなどして、頭金のために資金を確保しておきましょう。

車を新しく買う人は、いま乗っている車を上手に売却しています。それによって、頭金を手にすることができるわけですね。

複数の買取店の査定額を比較することで、あなたがいま乗っている車の見積もり額は簡単に知ることができます。

毎月1万円で買える車種のバリエーションを増やすこともできるので、まずはインターネットの一括査定をチェックしておくといいかもしれません。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

残価設定クレジットを使わずに毎月1万円で車を買う方法は?

残価設定型クレジットは、メリットとデメリットがあります。わかりやすくいえば「車を3年(あるいは5年)で買い替える人」にはおすすめできます。

一方で、車を買ったら長く乗りたいタイプの人や、完全に自分の車としてドライブを楽しみたい人もいると思います。

残価設定型クレジットを使わずに、毎月1万円ずつの支払いで車を買うことはできるのでしょうか?

結論からいうと、自動車ローンを組んで毎月1万円ずつの返済にすることは可能です。

月々1万円で車をリースするという方法もある

もう一つ別の方法として、車のリース(カーリース)をすることもできます。リースとは、わかりやすく言えば”レンタル”です。

つまり、車を月々1万円〜という料金で借りて、期間にわたって乗り続けることをいいます。

レンタカーは数時間〜1日などの短期間ですが、カーリースは長期間(数年間)にわたって車を借りることになります。

「車を借りるのはいいけど、気を使うし、自分の好みにカスタマイズできないのでは?」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。

カーリースにはいくつか似たようなサービスがありますが、なかには「車の価値を落とさない程度にカスタマイズOK」としているサービスもあります。

たとえば、タイヤを変えたりオーディオやカーナビを自分好みにチェンジすることもできるのです。

さらに、自動車税や車検代はすべて月々の支払いに含まれているので、維持費を心配する必要がありません。

契約期間を終えた車は、返却することはもちろん、そのまま買い取って自分の車にすることもできます。

「月々1万円しか払えないけど、車を楽しみたい」という人にはピッタリのサービスと言えるでしょう。

一例として、月々の定額料金で車をリースできるサービスには以下のようなものがあります。

  • ・月々払い新車カーリース「定額ニコノリパック」
  • ・月々1万円から新車に乗れる「フラット7」

単純に価格が安い車を買う

新車やカーリースを活用する以外に、価格が安い車を買うというのも1つの方法です。

月々1万円という金額に収めるには、価格が安いという前提が必要になります。

ですから、月々1万円で支払期間が長くならないような支払い方法を選ぶようにしましょう。

支払期間が長くなると支払いがしんどくなりますから、ここでは5年間で支払いが完了する金額でシミュレーションしてみましょう。

  • ・毎月1万円 ☓ 72ヶ月(5年間)
  • 支払い合計額 72万円

つまり、購入金額が72万円までであれば、月々1万円の支払いでも続けることができるでしょう。

ただし、金利や諸経費を計算すると実際にはもう少し大きな金額になります。

また、月々1万円の支払いではローンを組めないケースもあるので注意が必要です。

頭金をいくら用意するかも大切な条件

それなりに良い車を月々1万円で車に乗りたいのであれば、頭金を用意できるとベストです。

たとえば、頭金が30万円用意できるとしましょう。すると、100万円の車でも、ローンを組む金額は70万円です。

さきほど紹介したように、72万円であれば5年間かけて月々1万円支払いにすることができます。

月々1万円で車に乗るには、新車価格が70〜80万円の軽自動車を選ぶか、中古車から欲しいクルマを選ぶのが現実的といえるでしょう。

軽自動車なら新車が100万円以下で買える!おすすめの人気車種ランキング

いまの車を購入費用にあてれば、支払いはもっとラクになる!

ここまでは残価設定ローンを中心に話をしてきました。

月々1万円でも車を買うことはできますが、やはり大切なのは最初の予算づくりです。

わかりやすくいえば「車を買うためのお金をどれだけ用意できるか?」ということです。

最初の大きなお金を用意できれば、毎月の負担が軽くなるのは言うまでもありません。頭金の目安は車両代金の20〜30%と言われていますから、やはり最低限の頭金は用意したいところ。

ですから、車の買い替えであれば、いま乗っている車を少しでも高く売るに越したことはありません。

理由は明白で、いまの車を高く売ることができれば、次の車の買い替え費用が増えるからです。

そのためには、複数の買取店から見積もりを出してもらうことが大切です。
まずは無料の一括査定を活用して、いま乗っている車の査定額を出してもらいましょう。

たとえば、毎月1万円で軽自動車のN-BOXを考えていたけど、車が高く売れたからグレードを上げたりオプションを付けちゃおう!なんてことも可能ですよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え自動車ローン車の売却
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト