高い新車が30万円以上も安く買える!知っておきたい3つのコツ

高い新車が30万円以上も安く買える!知っておきたい3つのコツ

新車を買うと、当然ながら中古車よりも高くつきます。

ですが、高い新車であってもちょっとしたコツを知っておくだけで安く買うことが可能です。

新車をお得に安く買うための3つのコツをご紹介します。

そもそも高い新車を買うメリットはあるのか?

予算的に厳しい状況で高い新車を買うわけですから、それなりのメリットが欲しいですよね。

新車を買うメリットはいくつかありますが、おもに以下の3つです。

  • 1. 自分の欲しい車種がスグ手に入る
  • 2. 故障しにくい、事故車の可能性がゼロ
  • 3. 新品でキレイ、メーカー保証も付く

1. 自分の欲しい車種がスグ手に入る

新車であれば、現在メーカーが生産している車種のなかから自由に選ぶことができます。
最寄りの販売店に行けばすぐに営業マンと商談ができますから、余計な手間や時間がかかりません。

中古車は欲しい車種を自分でさがさなければいけません。中古車販売店がどこにあって、どこに欲しい車種があるのかを調べる必要があります。

2. 故障しにくい、事故車の可能性がゼロ

新車ですから、クルマの状態は万全です。そもそも誰も使ってない状態ですから、故障する可能性が低いわけです。

中古車だと故障車や事故車の可能性もありますから、いざというときに困ってしまう可能性があります。

3. 新品でキレイ、メーカー保証も付く

非常に単純な話ですが、やはり買った車がキレイでピカピカだとうれしいですよね。

また、新車で買うとメーカー保証が付くので万が一のときにはディーラーで修理してもらうことができます。

中古車にも保証がありますが、お店によってバラツキがあり、保証期間も非常に短いのであまりアテになりません。

高い新車を安く買う方法とは?

さて、ここからは新車を少しでも安く買う方法を見ていきましょう。

知っておきたいポイントは以下の3つです。

  • 1. 同じエリアの複数のディーラーに行く
  • 2. 商談は3回で決める
  • 3. いま乗っている車を高く売る

1. 同じエリアの複数のディーラーに行く

車を安く買うには、当然ながら「値引き」が欠かせません。

値引き交渉をするためのテクニックは、それこそ別に1記事分書けるくらいですが、重要なことは「競わせること」です。

たとえばトヨタのアクアが欲しいとしましょう。まず最寄りのディーラーに行くわけですが、1店舗だけではなく2店舗以上のお店に足を運びましょう。

「同じトヨタディーラーなのに?」と思われるかもしれませんが、じつは同じトヨタというメーカーの看板を出していても、運営会社が異なることがあるのです。

ディーラー(販売店)というのは、メーカー直営ではなく別の企業と提携しているので、同じトヨタであっても、運営元がちがうケースがあるんですね。

ですから、ディーラー1店舗に行って満足するのではなく最低でも2店舗に行ってください。それぞれの車の見積書を比較すれば、それだけで十分な交渉材料になります。

2. 商談は3回で決める

販売店に行って商談をするわけですが、基本的には3回で勝負を決めることをおすすめします。

  • 1回目 欲しい車種とグレードを決める
  • 2回目 他の店舗(あるいはライバル車)の価格を提示
  • 3回目 最終判断

商談1回目でいきなり値引き交渉というのはハードルが高いです。営業マンも人間ですから、それなりに関係性を近くしないと有利な値引きはしてくれません。

さきほど説明したように、他店舗の価格やライバル車の見積額は交渉材料になりますから、2回目の交渉で提示してみましょう。

そして、3回目で決断をします。決断するときには「◯◯万円でしたらここで決めます」という伝え方をすると、わずかながら値引き額が上乗せされる可能性があります。

面倒な新車の価格交渉をサクッと終わらせて30万円以上安く買う方法

3. いま乗っている車を高く売る

高い新車を安くするためには、新車そのものを値引きしてもらう以外にも方法があります。

それはいま乗ってる愛車を高く買い取ってもらう(下取りしてもらう)という方法です。

ディーラーの下取りで高く売れれば良いのですが、車の売却については、新車の値引きとは別の材料があったほうが有利です。

そもそもディーラーの下取り額は競合関係が起きないため、高く買い取ってもらうことができません。

ですから、車買取専門店に査定をしてもらうなどして、客観的な相場を知っておくといいでしょう。

「他の車買取店だともっと高く売れそうなので…」と切り出せば、下取り額がアップする可能性は十分にあります。

もちろん、そのまま車買取店に売却してその資金を新車購入に充てるのもいいでしょう。

車を売りたい人がディーラーの下取りを避けるべき3つの理由とは?

未使用車を買うという選択肢もある!

新車が高い!という人は「未使用車」を買うという方法もあります。

未使用車とは、ディーラーが売り上げを伸ばすために自社で新車登録をした車のこと。つまり、実質的には誰の手にも渡っていない中古車なのです。

新車の未使用車ってどうなの?未使用車のメリットとデメリット

欲しい車種が見つかるとは限りませんが、新車購入の予算が限られている人はまず未使用車をさがしてみることをおすすめします。

高い新車を安く買う方法【まとめ】

  • ・複数の販売店に行く
  • ・ライバル車もチェックしておく
  • ・商談は3回が基本
  • ・愛車を高く売る
  • ・未使用車という選択肢も

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。