スバル「アイサイト」の必要性とは?メリットとデメリット

スバル「アイサイト」の必要性とは?メリットとデメリット スバル(SUBARU)

アイサイトはスバルと日立が共同開発した衝突安全技術のことで、現在のスバルにとってなくてはならない技術のひとつです。

しかし、アイサイトが安全技術であることは知っていても、それが具体的にどのような技術なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回はそんなアイサイトがいかに必要なシステムなのかを解説。アイサイトのメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

アイサイト最大のメリットは自動ブレーキの性能の高さ

プリクラッシュブレーキ機能で車の衝突を防ぐ

アイサイトの代表的な機能として、プリクラッシュブレーキ機能があります。

これは車や歩行者との衝突の可能性があるとシステムが判断したときに、ドライバーへの注意喚起を行うとともに、自動ブレーキによる衝突被害の回避、軽減するという優れた機能。

また、ドライバーが危険を感知しブレーキを踏んだときは、システムがブレーキアシストを行います。

過信は禁物ですが、プリクラッシュブレーキ機能はあって困る機能ではありません。

AT誤発進抑制制御機能や警報&お知らせ機能が危険から守る

最近はアクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が話題になっていますが、スバルのアイサイトにはAT誤発進抑制制御機能があります。

シフト入れ間違いやペダルミスによる事故を防止、軽減するために、ドライバーへの注意喚起とエンジン出力を抑制するという代物。

また、警報&お知らせ機能は車のふらつきや車線逸脱を感知、警告を行う機能です。

これらはプリクラッシュブレーキ機能に比べると、それほど重要視されない機能ですが、事故を未然に防ぐために、ある意味、プリクラッシュブレーキ機能よりも大切な機能だと私は思います。

万が一の事故も記録保持機能で車の状態を記録

最近はドライブレコーダーの存在が重要視されています。

実はスバルのアイサイトには、記録保持機能が搭載されています。

万が一事故が発生したときに、カメラから得た事故前後の映像と、アクセル開度やブレーキの有無など、事故前後の車の状態を記録してくれます。

ただし、この記録保持機能で記録された情報はシークレットで、ドライバーがチェックすることはできません。

全車速追従機能付きクルーズコントロールで快適なドライブを

前方の車と一定の車間距離を保ちながら、同じ速度で追従するのがクルーズコントロール機能です。

高速道路などをよく利用する人は、この機能を作動させるだけで、アクセルとブレーキの操作から開放されます。

これもアイサイトを代表する機能のひとつですね。

プリクラッシュブレーキ機能やAT誤発進抑制制御機能などは、実際に事故に遭う危険性が高いとシステムが判断したときにしか作動しません。

しかし、クルーズコントロールはドライバーの操作によって作動する機能なので、アイサイトの重要性がわかりやすい機能でもあります。

アイサイトのデメリットは少ないが、割高感はある

次はアイサイトのデメリットをチェックしてみましょう。

アイサイトは非常に優れた衝突安全技術ですが、欠点もあります。

確実な安全を保障するシステムではない

アイサイトは事故を回避、軽減するシステムですが、確実な安全は保障されていません。

そのため、アイサイトがあっても事故が起きることはあります。

アイサイトは自動運転ではなく、あくまでドライバーのアシストを行うシステムだということを忘れてはいけません。

また、アイサイトは搭載しているカメラで、車や歩行者を三次元的に認識することでシステムが作動します。

ほかの自動車メーカーのようにミリ波レーダーではなく、カメラを使います。そのため、フロントガラスが汚れていたり悪天候で前が見えなかったりするときは、システムが作動しにくいという報告があります。

アイサイトがあるからといって過信は禁物なのです。

ほぼすべてのスバル車に標準装備となっている

アイサイトはもともと、一部の車両やグレードに設定されていたオプション装備でした。

しかし、最近は運転支援システムや先進安全技術の必要性が高まっているということもあり、スバル車のほとんどに標準装備されています。

アイサイトは決してあって困る機能ではないのですが、「車両価格を抑えたいから必要ない」と考える人もいるでしょう。

アイサイトが必要ないと考えている人にとって、アイサイトの標準装備が進んでいることは大きなデメリットとなります。

アイサイト搭載のスバル車をお得に購入する方法

アイサイトは現在のスバルにとって、なくてはならない技術のひとつです。

スバルが誇りを持って日々開発を取り組んでいる技術ですから、気になる人も多いでしょう。

そこで、もしスバル車への乗り換えを検討しているなら、現在所有している車を一括査定サービスで買い取ってもらうことをオススメします。

車の一括査定サービスは複数の買取り業者をまとめて申し込めるサービスです。

複数の買取り業者があなたの車を査定しに訪れるので、あなたは最も高い査定額を提示した買取り業者に車を買い取ってもらえばいいだけ。

とても簡単ですよね。

ディーラーの下取りよりもはるかに高い査定額が期待できるので、これを利用すればアイサイト搭載のスバル車をお得に購入することができますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
スバル(SUBARU)
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト