バッテリーが切れた車を売却する簡単な方法とは?

バッテリーの上がった車を売る クルマの仕組み

車を売ろう!そう思った矢先、車がまさかのバッテリー切れ…。
そんなときにはどうすればいいのでしょうか?

答えはズバリ、バッテリーが切れて困った時には「出張買取査定」を活用しましょう。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

バッテリー切れの車を今すぐ売却する方法

結論から言うと、バッテリーが切れた車でも大きな値下がり無しで簡単に売却できます。

「バッテリーが切れて車が動かないのに、そんなことできるの?」

と思われるかもしれませんが、方法はいたってシンプル。査定業者に出張査定を頼めばいいのです。

車を売る、と聞くと多くの人が「買取店への持ち込み」を考えます。
しかし、じつは全国のほとんどの買取店が出張査定を無料で受け付けているのです。

出張査定は自宅だけでなく、基本的にどこへでも来てくれます。
あなたの車がある場所から、最寄りの買取店に依頼すれば最短即日で査定に来てくれます。

インターネットの一括査定を使えば、あなたの近所にある買取店が駆けつけてくれます。
バッテリーが切れている車は、すぐに復旧できるので査定額が大きく下がることもありません。

まずは一括査定で見積もりを依頼してみることをおすすめします。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

そもそも車のバッテリーにはどんな役割があるの?

カーバッテリーには大きく分けて2つの役割があります。

  • ・エンジンを始動する動力源として
  • ・車内で使う機器の電源として

エンジンをかけるときの動力源

まず1つ目が「エンジンを始動するための動力源」として、車のバッテリーは大きな役割を果たします。
車のエンジンを始動させるには、最初にセルモーターを動かす必要があります。

カーバッテリーはイグニッションキーをONにすることで、電流をセルモーターに放出します。
その電力によってエンジンを始動させることができるのです。

車内での充電やエアコンなどの電力として

車のバッテリーは車内機器の電源としての役割も果たします。

たとえば、車で携帯電話の充電をするときや、エアコンをつける場合などです。
また、車内の照明をつけるときにもバッテリーの電力は使われます。

エンジンがかかっているときは、エンジンの動力を使うことができるのですが、エンジン停止時には車内機器の動力源はすべてバッテリーが供給します

車を停止しているときにヘッドライトやエアコンをつけっぱなしにするとバッテリーが上がる、という話をよく耳にするかと思いますが、その理由はこうした仕組みによるものです。

負荷をかけすぎると、バッテリーの寿命にも悪影響を及ぼすので十分に注意しましょう。

バッテリーが切れた車を直す方法とは?

もしバッテリーが切れている車を売却するのであれば、まずは復旧できないか試してみましょう。
バッテリーを直す方法は以下の2つです。

  • 1. バッテリーを交換する
  • 2. 他の車からバッテリーをもらう

1. バッテリーを交換する

バッテリーが切れているのであれば、まずは交換するのがもっともわかりやすい方法です。

自分で購入すれば費用は安くできますが、交換する手間がかかります。
あるいは修理工場にお願いする方法もありますが、費用がより多く発生します。

すでに売却することを決めているのであれば、バッテリー交換はオススメできません。
せめて、つぎに紹介する「ほかの車から電力をもらう」方法を試しましょう。

2. 他の車からバッテリーをもらう

バッテリー切れでエンジンがかからない、エアコンが使えない。
そんな場合は他の車から電力をもらいましょう。

ブースターケーブルのマイナス端子同士・プラス端子同士をつないでエンジンをかけます。
うまくいけば、とりあえずエンジンをかけることが可能です。

ただし、方法を誤ると漏電してしまう可能性もあります。十分に注意して行いましょう。

カーバッテリーが切れてエンジンがつかなくても車は売れる

車を売るにはいろんな方法があります。
新車に買い換えるのであれば、下取りに出すのが一般的。

あるいは中古車買取業者に持ち込むという方法もあります。
いわゆる中古車屋さんに車を持って行って「この車、買ってください」とお願いするわけです。

しかし、それ以前に車のバッテリーが切れていては持っていくこともできませんよね。
そこで、車の査定業者に出張査定に来てもらえばいいわけです。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

バッテリーが切れた車は高く売れないのでは?

ここで1つの疑問が。
バッテリーが上がった車では減額されるのでは?」ということです。

結論から言うと、バッテリーが上がっていても心配はまったく不要です。ごくまれに値段がつかないこともありますが。

その理由はケーブルを使ってバッテリーに接続すれば、エンジンは簡単に始動できるからです。
バッテリー切れはもちろん、車のキズも同様で、車の査定業者はわたしたちが思っている以上に簡単に復旧してくれます。

車のプロにとって、バッテリー切れを修理するのは朝飯前。
車のキズですらほぼ減額はないのですから、バッテリー上がりくらいでは査定に影響を与えません。

つまり車のバッテリーが切れているときはもちろん、ふつうに車を売るときにも出張買取を使うことが合理的。高く売れる可能性が高くなります。

出張査定をお願いするときには必ず、バッテリーが切れている車であることを伝えましょう
そうすれば車買取業者はケーブルや代替バッテリーを準備してくれます。

バッテリー切れを理由に査定不可とする業者は断ろう

ちなみに、買取業者によっては「バッテリーが切れた車は買取できない」と断ってくることがあります。
こういった業者にはどう対応すれば良いでしょうか?

ここまで説明してきたように、車のバッテリーは切れていても簡単に復旧できます。
加えて、バッテリー切れは車の価値に大きな影響を与えません。

ですから、この理由だけで査定を減額を提案してくる買取業者は必ず断りましょう。
たとえバッテリーの寿命によるものであっても同様です。

本来よりも安い価格で買い取られてしまう可能性があり、それでは業者の思うツボなので注意しましょう。

出張買取はどこに依頼すればいいのでしょうか?

最もオススメできるのは、車の無料一括査定です。
住んでいる地域を選ばない業者ばかりなので、利便性は抜群です。

インターネットの一括査定は、無料の出張査定に対応していますよ。全国どこでもOKです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
クルマの仕組み車の査定・買取
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト