運転しやすいSUVはコレだ!おすすめの5車種を紹介【コンパクトで安全性も高い】

運転しやすいおすすめのSUV SUV

SUV人気が高まっており、新車の購入候補にあげる人が多くなっています。

自動車メーカーもSUVをたくさん投入しているので、選択肢が増えているのは嬉しいところ。

とはいえ、選択肢が多すぎると、どれを選べばいいかわからなくなってしまいますよね。

SUVは車種によって良し悪しありますし、価格帯もさまざまです。

今回は買ってから後悔したいために知っておきたい「200万円台で買える、運転しやすいおすすめのSUV」をご紹介します。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

運転しやすいSUVの条件は3つある

エクストレイルの内装

あらためて説明しておくと、SUVとは「Sports Utility Vehicle」の略で、スポーツ用多目的車と呼ばれています。

名前のとおり、スポーティなデザインなのがSUVの特徴です。

悪路走破性も高く、なおかつ街乗りで舗装道路を走るのもOKという車でして、最近は自動車メーカーが新型車を続々と投入しています。

SUVは車種によっては運転しにくいタイプがあります。というのも、SUVは車体が大きく、地上高も高い車種がほとんどだからです。

とくに、初めてSUVを購入すると、買ったあとに「思ったより運転しにくいな…」と感じることがあります。

ですから車を買う前には運転しやすいSUVの条件をチェックしておきましょう。

  • ✓ 地上高が低いこと
  • ✓ 車体幅が広すぎない
  • ✓ 座席位置が高い(目線が高い)

地上高が低いこと

SUVとステーションワゴンのちがいは「最低地上高」

画像:umako-e46.blog

地上高とは、地面から車の床までの高さをいいます。

運転しやすいというよりは、乗り降りしやすいといった方が正確です。

乗り降りのしやすい車のほうが本当の意味で「Utility(ユーティリティ)」、つまり有用性が高いといえます。

荷物の出し入れや、子どもの乗り降りがスムーズにできるSUVのほうが使い勝手は優れています。

基本的に、SUVは地上高の高い車種が多いのが特徴です。

悪路を走ることを想定しているので、どうしても地面から高さが必要になってしまいます。

運転のしやすさ、使い勝手を重視するのであれば、地上高が高すぎない車種を選びましょう。

注意が必要なのは、地上高が低いと悪路走破性が低下するということです。

本格的な岩場や荒れた道を走る場合、地上高が高くないと車体の下を擦ってしまいます。

ですので、SUVで本格的な悪路を走ることが想定される人は注意しましょう(少ないとは思いますが)。

地上高は低いほうが乗り降りしやすいが、悪路走破性は低下する

車体幅が広すぎない

I-PACEの全幅

引用:ジャガー公式サイト

車体幅とは、カンタンにいえば「車の横幅」です。

運転席からみて、反対側(右ハンドルであれば左側)は死角となります。

車体幅が広いと死角になるエリアが増えるので、運転もしにくくなるでしょう。

また、死角が多いと車線変更をするときに後方を視認しづらくなるので、事故が起きる可能性も高くなってしまいます。

さらに、狭い道や駐車場での運転操作を考えると、車体幅がコンパクトなほうが運転者の負担は少なくなります。

横幅が広い車だと、隣の車との感覚も狭くなるため乗り降りがしづらいです(特に立体駐車場だとすごい不便)。子どもがいる世帯では、特に使いづらいと感じるでしょう。

車の横幅を考えずに車種を決めてしまう人は意外にもたくさんいます。

運転しやすいSUVを選ぶためにも、試乗したときに確認しておきましょう。

正確を期すのであれば、自宅の駐車場の横幅を測っておいて、出し入れのしやすさや隣の車との間隔を測っておくのがおすすめです。

車幅が広いと運転に気を使うし、乗り降りも大変

視線、座席位置が高い

車の運転席の位置が高いと運転しやすいと言われています。その理由はドライバーが周囲を見渡しやすいからです。

視線が高いと、車の位置を認識しやすいので運転しやすくなります。

一方で、座席位置が高い車は地上高が高くなる傾向があるので、購入前に乗り降りチェックをしましょう。子どもや高齢者が乗る場合、車高が高いと乗り降りがしづらいです。

また、車高が高いと足回りが死角になることもあるので高さのバランスには注意が必要です。

死角をカバーしてくれる安全装備(たとえば後方の死角をフォローするブラインドスポットモニターなど)があると、より安心して運転ができます。

運転のしやす車の車高は「高すぎす、低すぎず」がおすすめ

200万円台で買える!おすすめのSUVは?

それでは運転しやすいSUVを、200万円台の車種にしぼってご紹介します。

ぜひ、車選びの参考にしてみてください。

ホンダ・VEZEL(ヴェゼル)

ホンダヴェゼル

出典:ホンダ公式サイト

SUVの販売台数ナンバー1」という実績が、すべてを物語る1台です。

車の全長は4295mm、全幅1770mm、全高1605mmとコンパクトなつくりのため、運転のしやすさは抜群です。

室内空間も広くとられているので、家族で乗っても十分なスペースです。

なによりも嬉しいのはヴェゼルの燃費性能です。

JC08モードで19.2km/Lと、SUVにしては十分な低燃費。ハイブリッド車を選べば、なんと燃費は27.0km/Lです。

他社SUVの燃費は10km/L前後が多いので、低燃費なSUVという意味ではダントツです。

ハイブリッドタイプもラインナップされているので、節約志向の高い人には嬉しいところ(ただし、価格は高くなります)。

価格帯も193万円〜とリーズナブルですので、SUV初心者にもオススメできます。

【ホンダの人気車種を攻略】新車が30万円安くなる値引き交渉術
ホンダの車を買うときに試したい値引き交渉術をご紹介。人気車種はちょっとしたコツで30万円以上も値引きしてもらうことができます。

日産・X−TRAIL(エクストレイル)

日産エクストレイル

出典:日産公式サイト

ハイブリッドタイプも発売され、いま大注目なのが日産「エクストレイル」です。

車の全長は4670mm、全幅1820mm、全高1715mm。

ヴェゼルに比べるとサイズは大きめで、少しゴツゴツしたSUVが欲しいという人にはオススメです。

ハイブリッドタイプの燃費はJC08モードで20.6 km/Lとなっており、クラス最高水準です。

SUVの使い勝手も大切にしていて、セカンドシートにリクライニング機能があるのであらゆるシーンで活躍してくれるでしょう。

たとえば、大きな荷物を積みたいとき、セカンドシートを動かせばラクに積み込みができるはずです。家族で出かける喜びも増えそうですね。

エクストレイルは日産の半自動運転技術である「プロパイロット」が搭載されています。

高速道路ではほとんど自動運転で走ることができるので、かなりラクです。

価格は2,324,160円〜3,240,000円です。

スバル・FORESTER(フォレスター)

フォレスター

出典:スバル公式サイト

街乗りから悪路まで、幅広い局面に対応してくれるのがフォレスターです。

車の全長は4595mm、全幅1795mm、全高1735mmと見た目以上に高さのあるSUVです。

そのため室内空間は十分な広さといえるでしょう。

安全性能も抜群です。なによりもスバルの「アイサイト」が前方車との追突を防いでくれます。

スバル「アイサイト」はいらない?長所と短所を検証してみた
スバルの安全運転支援システム「アイサイト」の性能は、実際にはどの程度の性能なのか気になる人も多いはずです。 そこで...

自動ブレーキ搭載なので、運転しやすい車を求める初心者の人にも安心です。

細かいところですが、ドアが90°に開くため、乗り降りや荷物の出し入れも非常にしやすいです。

燃費性能はJC08モードで15.2km/Lとなっており、維持費が気になる人にもピッタリでしょう。

価格はグレードによって214万円〜302万円となっています。

マツダ・CX-3

CX-3

マツダのなかで最もコンパクトなSUVがCX-3です。

サイズが小さいため運転がしやすいのは当然なのですが、マツダ車は自動ブレーキ性能が高いので安心感があります。

また、コンパクトSUVでありながら内外装に高級感があるのもポイントです。

スポーティなデザインとラグジュアリーな内装は、長く飽きずに乗られる一台になるでしょう。

新車価格は212.8万円〜となっており、正直めちゃくちゃ安いと思います。

対歩行者用の自動ブレーキ性能が優れた車を選ぶための基礎知識
自動ブレーキ搭載の車種は多いですが、歩行者対応ブレーキ搭載の車はまだ少数派です。歩行者との事故を未然に防ぐ「対歩行者の自動ブレーキ」が使える車種をご紹介。夜間対応の有無も解説します。

スズキ・ジムニー(ジムニーシエラ)

ジムニーシエラ スズキ

2019年に新型が発売されたジムニーはそのデザイン性の高さから、大ヒット車となりました。

ジムニーは軽自動車、ジムニー・シエラは普通車登録です。違いはボディサイズと排気量にあります。

ジムニーは660cc、ジムニー・シエラは1600ccの排気量です。

よりコンパクトで運転がしやすいく、なおかつ維持費の安さを優先するのであればジムニーで十分でしょう。

一方で遠出が多かったり、オーバーフェンダーのデザイン性を重視するのであれば普通車のジムニー・シエラがおすすめ。

一点だけ残念なポイントがありまして、自動ブレーキ性能が高くありません。歩行者への自動ブレーキがほとんど機能しないため、安全性においては不安が残ります。

ジムニーとジムニーシエラはどちらも170万円台から購入可能リセールバリューも高いので、かなりおすすめです。

【残念すぎる】ジムニーの安全性が低いと言われる理由
大人気のスズキ・ジムニーですが、安全性は低いので要注意です。乗員保護、自動ブレーキなどの安全性は最低レベルでした。もっと安全性を高めてくれないかな…。

SUVへの買い替え費用を安くする方法

車のお金

運転しやすいSUVの選択肢は広がっているので、車選びが楽しくなってきています。

おすすめできるSUVはたくさんありますので、まずは試乗で実際に乗ってみて運転感覚をチェックしてみましょう。

夫婦で乗る場合は、奥様にも運転できるかどうかチェックしたいですね。

女性も運転しやすい車の条件とは?知っておくべき5つのポイント
女性が運転しやすい車の条件をわかりやすく5つに分けて紹介します。女性が運転しやすい車の選び方と具体的な車種も解説しますので、ぜひ車を買うまえに参考にしてみてください。

もし買い替えが決まっているのであれば、早めに購入予算を用意しておきましょう。

200万円台で買えるとはいえ、大きな出費であることには違いありません。

SUVの購入予算を用意するためにまず行いたいのが、いまあなたが乗っている車を査定してもらうことです。

いま乗っている車が高く売れれば、それはそのまま購入予算のアップにつながります。

ポイントは、複数の買取店に査定をしてもらうことです。

1社だけの下取りでは出ない、最高額を引き出すことができますよ。

まずは気軽に買取店から見積もりを出してもらいましょう。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

SUV車の選び方・おすすめ車種
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト