ヘッドライトの黄ばみは車の買取査定額に影響する?

ヘッドライトの黄ばんだ車 車の査定・買取

車のお手入れをしているときに気になるのがヘッドライトの黄ばみです。
新車を買ったばかりの頃は気にならなかった黄ばみも、長く乗っていると黄ばみが目立つようになってきます。

いくら車体をキレイに保っていても、ヘッドライトが黄ばんでいるだけで印象がかなり変わってきます。
ヘッドライトの黄ばみを防ぐ方法と、適切なメンテナンス方法を知って美しい車の状態を保ちましょう。

車のヘッドライトが黄ばむ原因は?

車のヘッドライトはなぜ黄ばむのでしょうか?
黄ばみ対策の前にまずは原因を知っておくことが大切です。

ヘッドライトの黄ばみの原因、それはズバリ「太陽光」です。

ヘッドライトの材質はほとんどの車が樹脂でできています。
この樹脂が劣化することで黄ばみが生じるのですが、樹脂を劣化させるのが太陽光(紫外線)です。

太陽光に加えて、さらに雨にさらされることで黄ばみは進行します

雨に濡れた状態では水滴がレンズの代わりとなるので、ヘッドライトの樹脂が傷みやすくなります。
屋根のない駐車場に車を止めている場合は、ヘッドライドの黄ばみは進行しやすいということです。

どうすればヘッドライトの黄ばみは防げる?

ヘッドライトの黄ばみが太陽光による樹脂の劣化であることがわかりました。
ではどのようにすれば黄ばみを防ぐことができるのでしょうか?

答えはズバリ、メンテナンス(洗車)をこまめにすることに尽きます。
屋根がない駐車場に車を止めている場合は、特にメンテナンスの回数を増やす必要があります。

先述のように、ヘッドライトの黄ばみは雨粒がレンズの代わりになって樹脂を痛めつけます
雨粒をすぐに拭いてキレイにできればベストですが、そうもいかない場合もあるかと思います。

ですから、面倒でも雨が降った翌日〜3日以内には洗車、せめてヘッドライトだけでも洗うと効果的です。

そんなときでも、なるべく時間をあけずに洗車をするだけで劣化を防ぐことにつながります。

また、ヘッドライトのレンズをコーティングするというのも1つの方法です。

プラクリーンなどの黄ばみ除去剤を使って、かつ保護コーティン部を施せば黄ばみは大幅になくすことができます。

ヘッドライトが黄ばんだ車は高く売れる?

ここまでヘッドライトが黄ばむ原因と、それについての対策について紹介してきました。
日頃のメンテナンスについてはおわかりいただけたと思いますが、車の売却を考えている方もいるかと思います。

車のキズなども気になるところですが、ヘッドライトが黄ばんだ車は査定に影響を与えるのでしょうか?
ズバリ、それは査定業者によって異なります。

車の査定は業者によってチェックポイントが違ってきます。
ということは、ヘッドライトの黄ばみをマイナスとして減額する業者もあれば、査定にまったく影響のない業者もあります

つまり、たとえヘッドライトの黄ばみが気になる車を売ろうとしていても、適切な業者に査定をしてもらえれば、思わぬ高額査定を引き出すことが可能です。

あれこれ迷うよりも、まずは一括査定に依頼をしましょう。
ヘッドライトが黄ばんでいても高く買い取ってくれる業者は確実に見つけられるはずです。