車の修理代が高い!修理費用で悩む人に知ってほしい3つのこと

車の修理代が高い!修理費用で悩む人に知ってほしい3つのこと 車検

愛車が故障した場合や事故を起こしてしまった場合、乗り続けるためには当然ながら修理が必要になりますが、修理費用は意外とかさむものです。

そこで、車の修理代が高い!と悩む人のために、少しでも下げるのに必要な3つのことをお教えしましょう。

車の修理代を下げるには3つの方法がある

とかく高い!と感じてしまうことが多い車の修理代を下げるには、以下の方法があります。

  • ・できるだけ自分で修理する
  • ・なるべく修理代が安い自動車整備工場を探す
  • ・交換部品にリビルト品や中古品を利用する

意外とシンプルな方法だと思うかもしれませんが、いずれも重要なポイントです。

続いて、これらの3つの方法についてくわしく解説することにしましょう。

その1.できるだけ自分で修理する

車の修理をディーラーや自動車整備工場に依頼せずに、自分で直すことができれば、工賃がゼロで済むので修理代も安くあがります。

とはいえ、自動車整備士の資格を持っている場合は別にして、一般のユーザーが難易度の高い故障やボディの大きなへこみなどを自分で直すことはまず不可能でしょう。

しかし、難易度の低い故障や小さな傷・へこみなどは自分で直すことができます。

たとえば、バッテリー上がりによりエンジンがかからなくなるトラブルはしばしば発生します。その際、ディーラーや各種ロードサービスなどにレスキューを依頼すると、1~2万円以上かかることも。

しかし、バッテリーが上がった車のエンジンを始動できるジャンプスターターという機器を購入すれば自分で対処できますし、出費も数千円で済みます。

また、ちょっとしたボディのエクボやバンパーのすり傷程度でも、修理に出すと数千円から1万円以上かかってしまいますが、ホームセンターやカー用品店で補修用ケミカルを購入して自分で直せば、せいぜい2~3千円程度で済むはずです。

車の修理にかかる期間はどれくらい?修理日数と費用を調べてみた

その2.なるべく修理代が安い自動車整備工場を探す

車の修理を依頼する先として、まず車を購入したディーラーが思い浮かぶ人も多いことでしょう。

ディーラーならば信頼性は申し分ありませんし、修理費用の会計も明瞭なので安心です。

しかし、一般的にディーラーの修理費用は高い傾向があります。

なぜならば、交換部品にメーカー純正品を使用するので価格が高く、ユーザーからのクレームを極力避けるために、故障していない「のちのち故障の原因になりそうな箇所」も修理するからです。

一方、自動車整備工場の場合は、必ずしも純正部品にこだわらず、割安な社外品(OEM品)を使用することが少なくありません。

また、自動車整備工場は修理する箇所も故障の原因になっている箇所に限定することが多いので、その分修理代も安くなります。

しかし、修理代は自動車整備工場によってまちまちで、相場よりも高いところもあれば低いところもあるので、慎重に選定しないといけません。

一般的に、多くの従業員を雇っている大型の整備工場は人件費の分高くなり、個人経営の小さな整備工場は割安な傾向がありますが、それもケースバイケースです。

できれば、複数の自動車整備工場を回って見積もりを取り、一番安いところを選択するのがベストです。しかし、手間と時間がかかる上、見積もり書が有料となるケースもあるのが難点になります。

修理費用の一括見積もりサイトもあるので、そちらを利用した方がよいかもしれません。

その3.交換部品にリビルト品や中古品を利用する

不具合が生じている部品を交換する場合、新品ではなくリビルト品(故障した部品を修理して新品同様に仕上げたもの)や中古品を利用すれば、修理費用を大幅に下げることができます。

リビルト品の価格は、部品の種類にもよりますが、おおむね新品の3分の1ほどです。

中古品ならば、それよりもさらに安く済みます。

自動車整備工場の中には、頼めばそうしたリビルト品や中古品を探してくれるところもあります。もし探してもらえない場合でも、自分でネットオークションなどで入手して整備工場に持ち込むこともできるので、あきらめないでください。

車の修理代が高い!と思ったら手間暇を惜しまないこと

車の修理は、何でもかんでもディーラー任せにしてしまうのが一番ラクかもしれませんが、それでは費用が高く付いてしまいます。

とにかく車の修理代が高い!少しでも安く済ませたい!と思ったら、手間暇を惜しまないことが重要です。

でも、いくら努力して修理代を安く上げたとしても、やはり車の修理にはそれなりの費用が必要であることに変わりはありません。

そのため、修理代を払って直すくらいなら、いっそのこと車を買い替えてしまおう、と考える人も少なくないようです。

もし、故障を抱えた車や事故車を修理しないまま手放して、ほかの車に買い替えたいと思ったら、車の一括査定の利用をおすすめします。

不動車や事故車であっても、買取店によっては思いがけないほど高い査定額を提示してくれるケースもあるようです。

車の一括査定は、一番良い査定値を提示してくれる買取店を探すための近道であると断言できます。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。ユーカーパックなら愛車が最高額で売れますよ。

\ 30秒のかんたん入力 /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。

[su_button url=”https://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.8663.84126.1837.2819&dna=44517″ target=”blank” style=”3d” size=”9″ center=”yes” desc=”30秒のかんたん入力”]無料の査定申し込みはコチラ[/su_button]

車検
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト