買う価値なし?ホンダ・ジェイドの魅力を競合車種と比較してみた

買う価値なし?ホンダ・ジェイドの魅力を競合車種と比較してみた ホンダ(HONDA)

2015年に発売されたホンダ・ジェイドは、長らく「不人気車」「売れ行きが良くない」と言われて続けてきました。

2018年にモデルチェンジが行われたことで無事に”延命”となったわけですが、ジェイドにはどんな魅力があるのか?そして、何が欠点なのか?

そのあたりを競合車種と比較しながら評価してみたいと思います。

ホンダ・ジェイドが不人気の理由は3列目シートにあった

ジェイドの3列シート

そもそも、ホンダジェイドが登場したときにはすでに同じホンダ車のなかにライバルがいました。

オデッセイやシャトルは、価格帯こそちがえど、サイズ感はほとんど同じ。それゆえ「ジェイドってホンダのラインナップに必要?」という声もよく聞かれました。

ジェイドが不人気車となった最大の理由は、3列シートの中途半端さにありました。

3列シートなのはいいんだけど、肝心の3列目のスペースが非常に小さく、とても長く座れる代物ではなかったのです。

かといって3列目シートを倒して、4人乗りにしたからといって、いたって普通の車にしかなりません。荷室容量も非常に小さいので、ろくに荷物も積めませんでした。

つまり、非常に中途半端で使い勝手が悪い。ジェイドが不人気で売れない原因はそこにあったのです。

それを打破すべく、今回のモデルチェンジでは2列シートモデルを追加しています。つまり、潔く5人乗りにして、後部の荷室容量を増やしたというわけです。

  • ジェイドが不人気の理由は
  • 1. そもそもホンダに競合車種がある(オデッセイ、シャトル)
  • 2. 3列目シートの使い勝手が悪い

ジェイドの魅力はフロントフェイスと内装の質感

ジェイドのフロントフェイス

さて、せっかくモデルチェンジしたんですから、過去のことは忘れて、これからのことを見ていきましょう。

わたしが考えるジェイドの魅力は以下の3点です。

  • ・フロントフェイスがセクシー
  • ・内装の質感が高い
  • ・後席がかなり広い

フロントフェイスがセクシー

わたしはジェイドの顔が好きです。

流麗なフロントライトにバランスの取れたグリル。オデッセイとシャトルに比べると、明確にリフトアップしているのがわかります。

流れるウィンカーは搭載していませんが、テールランプのシャープなデザインもジェイドにマッチしています。

内装の質感が高い

ジェイドのインパネ

ジェイドはスペースの使い勝手よりも、乗る人の居住性を重視しています。

その証拠に、このクラスと価格帯では珍しい本革シートがオプションで選べます。運転席&助手席シートヒーター付も選べるので、長時間のドライブでもくつろげるでしょう。

実際、乗り心地を評価する声は多く、ホンダが狙っているターゲットにはぴったりハマっています。

いわゆる高級車のようなインパネの上質感はありませんが、必要十分なデザインになっているので価格相応の満足感は得られるはずです。

後席がかなり広い

ジェイドのターゲット層は30〜40代の既婚男女(子供なし)と言われています。

つまり、無駄に室内を広くとって、座り心地を犠牲にする必要もないわけです。

ジェイドは5人乗りの2列シート、6人乗りの3列シートを選ぶことができます。

2列シートで使用した場合、シートを後方にめいっぱい下げれば、運転席・助手席との間隔が広く、非常にゆとりのある後部座席となります。

このあたりは、トランクスペースの使い勝手よりも座り心地を重視した結果と言えるでしょう。

荷室容量は少ないが、小物入れは充実している

ジェイドの荷室容量

さきほどから説明しているとおり、ジェイドの荷室容量は多くありません。これは後部座席の座り心地やスペースを追求した結果です。

その一方で、小物入れなどの収納スペースにはそれなりに期待ができます。

ガソリン車とハイブリッド車で若干つくりが異なりますが、以下の収納スペースが小物入れとして機能してくれます。

いずれもタイプ別の仕様だったりするので、あらかじめ確認が必要です。

個人的にはハイブリッド車のみのコンソールボックスが好み。車に乗って気楽にポンと物を置ける場所があるとラクですよね。

  • ・ユーティリティボックス
  • ・ドリンクホルダー
  • ・コンソールボックス
  • ・コンソールトレー
  • ・チケットホルダー
  • ・サングラスホルダー
  • ・ドアポケット
  • ・シートバックポケット
  • ・ハンガーフック

ジェイドは車中泊する車ではない

荷室容量の少なさからもわかるように、ジェイドは車中泊するような車ではありません。

3列目シートは折りたたむことができますが、あくまでもトランクルームとして使うことができる程度です。

1人なら無理やり寝ることもできるでしょうが、そこまでしてジェイドを選ぶ理由はないと思います。

もしホンダ車で車中泊を目指すのであれば、後部座席がほぼフルフラットになるシャトルのほうがおすすめです。

アウドドアや災害時にも活躍!車中泊ができるオススメのSUV 4選
車中泊ができるSUV車種を特集。フルフラットになる車種やシートアレンジが多彩な車種など、アウトドアや災害時にも活躍してくれるSUVを紹介。

価格は安くできる。ジェイドの値引き額は大きく狙おう

ジェイドの値引き額

新車の購入で欠かせないのが、値引き交渉です。

ジェイドについては、値引き額が期待できると思います。なぜなら、そもそも不人気車として悪い意味で知名度が高く、メーカーもそれを認識しているからです。

値引き交渉のときに絶対必要なのが、競合車(ライバル車)です。

他社メーカーでジェイドのライバルとなるのは、ざっと以下の車種でしょうか。

  • トヨタ・ウィッシュ(現在は中古車のみ)
  • トヨタ・プリウスα
  • 日産・リーフ
  • スバル・レヴォーグ
  • マツダ・アテンザワゴン
  • マツダ・CX-3

若干、ジェイドとタイプがちがう車種もありますが、価格帯もサイズ感も非常に近いので十分に競合車種となりえます。

まずはジェイドともう一台ライバル車を比べて、ディーラーでの商談時の値引き交渉に生かしましょう。

値引き額としては少なくとも20万円、がんばって45万円は狙いたいところです。

  • ジェイド
  • ガソリン車: 2,398,680円〜
  • ハイブリッド車: 2,898,720円〜

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
ホンダ(HONDA)
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト