ポルシェはいくらから買える?中古車を含めた最低価格を調べた結果

ポルシェ(Porsche)

ポルシェは、車好きにとって1度は乗ってみたいあこがれの存在である一方で、価格が高く容易には手が出せないイメージがあります。

そこで、実際にポルシェの各モデルが中古車を含めいくらから買えるのか、最低価格を調べた結果を発表します。

ポルシェ「718ケイマン」の新車は655万円から、中古車は679万円台から

718ケイマン

まず、ポルシェの入門モデル的な存在となっている2シーター・スポーツカー、「718ケイマン」はいくらから買えるのでしょうか。

718ケイマンの最廉価グレードは「718ケイマン」で、新車の車両価格は655万円です。

一方、中古車市場においては、もっとも安い価格で売られているグレードは同じく「718ケイマン」ですが、新車よりも高い679万円台からとなっています。

しかし、オプション品が装備されており、ポルシェのオプション品が驚くほど高いことを考えれば、実質的には新車より安くなっています。

また、現行モデルにこだわらなければ、2代目ケイマン(981型)が398万円〜、初代ケイマン(986型)なら198万円〜手に入ります。

ポルシェ「718ボクスター」の新車は694万円から、中古車は698万円台から

Porsche 718 Boxster

続いて、718ケイマンのオープン版である「718ボクスター」です。

718ボクスターの最廉価グレードは「718ボクスター」で、新車の車両価格は694万円です。

一方、中古車市場においても、最低価格のグレードは同じく「718ボクスター」となっていますが、新車よりも若干高い698万円台からとなっています。

しかし、718ケイマンの場合と同じようにオプション品が装備されているため、実質的には新車よりも安くなっています。

もし、とにかく安くボクスターを手に入れたいなら、初代ボクスター(986型)なら64万円台から手に入ります。

さすがに初代ボクスターでは古すぎるという場合は、184万円台からの2代目ボクスター(987型)や、470万円からの3代目ボクスター(981型)がおすすめです。

ポルシェ「911」の新車は1,309万1,000円から、中古車は158万円から

スポーツカーなら911カレラ

911の最廉価グレードは「911カレラ」で、新車の車両価格は1,309万1,000円です。

一方、中古車市場で現行991型の最低価格車両を探すと、同じ「911カレラ」が768万円から手に入れることができます。

911をもっと安く手に入れたい場合は、1世代前の997型「911カレラ S」が328万円から、2世代前の996型「911カレラ」なら158万円から手に入ります。

それ以上古いモデル(993型以前)になると、ビンテージとしての希少価値が生まれるため、逆に最低価格がぐっと上がってしまいます。

ポルシェ「パナメーラ」の新車は1,162万円から、中古車は388万円から

パナメーラ

パナメーラの最廉価グレードは「パナメーラ」で、新車の車両価格は1,162万円です。

一方、中古車市場では現行型はあまり出回っておらず、最低価格も同じ「パナメーラ」がオプション込ではあるものの、1,280万円と新車以上になっています。

しかし、旧型も対象に入れれば選択肢はぐっと広がり、最低価格も「パナメーラ S」が388万円からと、ずっとお手頃になります。

ポルシェ「マカン」の新車は699万1,000円から、中古車は534万円台から

マカン

マカンの最廉価グレードは「マカン」で、新車の車両価格は699万円です。

一方で中古車の場合は、同じ「マカン」のオプション装備付が534万円台から手に入ります。

ポルシェ「カイエン」の新車は944円から、中古車は79万円台から

発表されたばかりの新型の最廉価グレードは「カイエン」で、車両価格は976万円です。

一方、在庫分のみとなる先代モデル(958型)の最廉価グレードは「カイエン プレミアムエディション」で、こちらの車両価格は944万円となっています。

中古車市場では、先代958型の場合で、ひとつ上のグレード「カイエン S」が368万円からとなります。

2世代前の955型の場合だと、「カイエン S」が79万円台からとぐっとお手頃になります。

中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

ポルシェの新車はやはりハードルが高いが、中古車は意外と買いやすい

ポルシェの各モデルがいくらから買えるのかを発表しましたが、新車の場合はやはり高価で、購入のハードルが高くなっています。

一番安いモデルでも600万円台という結構なお値段なので、セレブな人か車が命という人でない限り、簡単には手が出せないでしょう。

一方で中古車まで対象を広げると、ぐっと買いやすい値段になることがお分かりいただけたはずです。

ことに、ひとつ前の型になると最低価格が300万円台~400万円台まで下がるので、アッパーミディアムクラスの国産車の新車と大差なくなります。

2世代以上の型ならもっと安く手に入りますが、維持費や故障のことを考えると、かえって高い買い物になる可能性もあります。

したがって、ポルシェを新車で買うのが難しい場合は、ひとつ前の型が一番の狙い目になるでしょう。

新車か中古車かはともかくとして、いま乗っている車からポルシェに買い替える場合は、愛車を少しでも高く売って購入金額の足しにしたいはずです。

そこでおすすめなのが、車の無料一括査定です。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで愛車を一番高く買取ってくれる中古車買取店が見つかる、大変便利なサービスです。

ポルシェの購入予算をしっかり確保したい人は、ぜひ活用してみることをおすすめします。