本当にお得?不動車を個人売買する方法【メリット&デメリット】

かわいい車 車の個人売買

不動車を個人売買で売ろうとしても、動かないままでは何から始めればいいかわからないですよね。

動かないとなると、相手のところまで運ぶこともできないし…。

でも、動かない車でも個人売買で売る方法はあります。というより、不動車の場合は個人売買で売ったほうが高く売れる傾向があるくらいです。

個人売買で不動車を高く、効率的に売る方法をご紹介します。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

不動車を修理して売却するのはオススメしない

故障にも種類がある!故障車の知識を身につけよう

「不動車であれば修理して動く状態にしてから売却すればいいのでは?」と考える人は多いと思います。

結論からいうと、修理してからの売却はおすすめしません。

車が動かないということは、エクステリアのキズや凹みだけではなく、エンジンなど内部のパーツなどに問題があると考えられます。

ですから、まず取るべき手段は故障の原因を修理することです。

  • ・エンジン本体
  • ・冷却系
  • ・潤滑系
  • ・吸排気系
  • ・動力系
  • ・電装系

エンジンは主に上記の6つの部位によって成り立っています。車が動かないときには基本的にエンジンの不調が原因です。

これらの箇所を1つ1つ確認して、車が動かない原因を探っていく必要があります。

しかし、プロの修理士ならまだしも、一般人にはとてもわかりにくい構造になっています。

ですから、不動車を直す場合には修理工場などに持ち込んでエンジンの不調を直してもらうのが現実的。

とはいえ、ここで問題があります。それは、修理に多額の費用がかかるということです。

修理にかかった費用を売却したお金で埋め合わせられればいいのですが、実際には費用負担が増えるだけで終わります。つまり、赤字になるだけということです。

こうした理由から、自分で直せない不動車であれば、修理せずにそのまま個人売買で売却するという選択肢になるでしょう。

悩む必要なし!車の買い替えでよくある悩みを吹き飛ばす3つの方法
車の買い替えで悩む気持ち、よくわかります。 金額が大きいだけあって、失敗が許されないというプレッシャーも大きいです...

不動車を個人売買するメリットとは?

【コレだけで準備OK!】車

個人売買にはメリットとデメリットがあります。

そのため、安易に個人売買を選ぶのではなく、きちんと検討・比較した上で決断しましょう。

個人売買については「車の個人売買が危険な3つの理由とは?」でくわしく解説しています。

まずはメリットについて見ていきましょう。

  • ① 車を通常よりも高く売れる可能性がある
  • ② 消費税がかからない
  • ③ カスタム車(改造車)が評価されることも

① 車を通常よりも高く売れる可能性がある

個人売買を選ぶ人の多くは、「車を高く売りたい」という思いがあります。

実際、業者に売るよりも高く売却することができるのも事実。金銭的なメリットは大きいです。

なぜ高く売れるのか?それは、2つの理由があります。

  • 1.  業者よりも中古車相場を意識しない
  • 2.  コアな改造車でも買い手がつく

個人売買は中古車業者よりも価格に甘くなります。業者はビジネスでやっているので利益に意識が向きますが、個人売買だと相場観がほとんどないので”感覚”で売買がされやすい。

つまり、本来の相場よりも高く売れる可能性があるということです。

なかにはインターネットなどで価格情報をきっちり調べる人もいますが、自分が売りたい「だいたいの値段」で売却する人が多いのが実情です。

また、派手なカスタムを施した車でも高く売れる傾向があります。

中古車業者はカスタムされた車の査定を減額する傾向がありますが、個人売買は欲しい人が直接買う仕組みなので値下がりしにくいのです。

その改造車が買う人の好みであれば、どんな派手な車でも売れちゃうというわけです。

たとえば、痛車でも高く売れることが多いところからも、個人売買のメリットが見て取れるでしょう。

高く売れる!改造車を高い値段で手放す4つの方法
手間とお金をかけて仕上げた改造車でも、手放すときは査定額が予想以上に低かったり、買い取りそのものを断られたりしてガッカリ...

② 消費税がかからないのでお得

本当は車を買うときには、業者に消費税を払うことになりますが、個人売買では不要です。

なぜなら、消費税は継続的なビジネスにしている場合に発生する税金だからです。

車を買う側にしてみれば、余計な税金を払わずに済むので、その分だけ車を安く買えることを意味します。

車を売る側にとってはあまり関係ないことですが、知っておくといいでしょう。

③ カスタム車(改造車)が評価されることも

さきほども説明したとおり、個人売買はカスタム車などのコアな車でも高値で売却できます。

車を買いたい人にとっても、ピンポイントで欲しい車が見つかる可能性があるということ。

派手な改造をしている人には個人売買のメリットがさらに大きくなるでしょう。

不動車の場合、パーツの一部だけを欲しがる人も多いため「業者には売れなかった車」でも売れる可能性があります。

今回は不動車の個人売買がポイントですが、個人間で取引するメリットは上記のような項目があります。

車のエンジンを売ることはできる?かしこく手放す3つの方法
車を処分する際に車のエンジンだけを売りたい、あるいは別のエンジンに載せ替えるためにいま搭載されているエンジンを売りたい、...

不動車を個人売買するデメリット、危険性とは?

車の売買はよく検討してから

一方で個人売買には以下のようなデメリットもあげられます。

高く売れるからといって飛びつくと痛い目に遭うので十分に注意してください。

  • ① 面倒な手続きをすべて自分で行う必要がある
  • ② 金銭トラブルが起こりやすい
  • ③ 車両の受け渡しが大変
  • ④ 適正な相場で売買されないことがある

① 面倒な手続きをすべて自分で行う必要がある

車の売買は、非常に手続きが面倒です。

名義変更やナンバープレートの届け出、さらには納車なども自分たちで行わなければいけません。

車が動かない場合には、レッカー車などを手配することになりますから、費用負担もバカになりません。

時間と手間がかかるというデメリットはなかなか大きいので、覚悟が必要です。

② 金銭トラブルが起こりやすい

中古車販売業者を相手にした場合でも多い金銭トラブル。個人売買は、トラブルの温床といっても過言ではありません。

個人売買は契約書などをきちんと交わさないことも多く、口約束でいい加減に支払日を決めてしまうケースも多くあります。

せっかく高く売れると思っても、代金が受け取れないようでは不動車といえどデメリットしかありませんよね。

最近ではフリマアプリやネットオークションで車を売買する人も多いですが、個人売買における金銭トラブルについてを確実に避ける方法は残念ながらありません。

トラブルに注意!車のオークションで起きやすいトラブル事例&対処法
車の個人売買オークションではトラブルがつきものです。車を高く売ったり、安く買ったりできるオークションはトラブルを未然に防ぐために必要なことがあります。トラブルへの対処法もあわせて解説しますね。

③ 車両の受け渡しが大変

個人売買となると、全国にいる買取希望者を相手にすることになるでしょう。

となると、車の引き渡しが大きな壁となります。

あなたが相手の最寄りまで行くのか、あるいは相手に来てもらうのか決める必要があります。

不動車となると、レッカー車を手配することになるでしょうが、レッカー代も用意しなくてはいけません。

遠方の買い手に車を届けるには、それなりの陸送費が発生することを覚えておきましょう。

④ 適正な相場で売買されないことがある

さきほど、メリットのところで「相場よりも高く売れる」ことを説明しました。個人売買は相場を意識しないから、というのがその理由です。

これは裏を返せば、本来の相場よりも安い値段でしか売れない可能性もあるということです。

売る相手が強引に値引き交渉をしてきたりすると、思わぬかたちで割安になってしまいます。

実際のところ、個人売買は値引きをして売るのが一般的ですから、買い手にとっては損をすることのほうが多いです。

もし個人売買で出品するのであれば、値引きを前提とした価格(少し高めに設定)がいいでしょう。

これらのデメリットを比較した上で個人売買は選択するべきです。

不動車は買取店では売却できない?

不動車は買取店に売れない?

動かない車がある場合、まず浮かぶのは「廃車」という選択肢です。

不動車なので、買取店に持ち込むこともできませんし、そもそも持ち込んでも値段がつかないと考える人は少なくありません。

しかし、実際のところ不動車であっても値段がつくことは十分にあり得ます

不動車を手放すときには主に以下の3つの選択肢があります。

  • ① 不動車買取専門店
  • ② 車買取り専門店(ガリバーなど)
  • ③ 廃車にする

不動車買取専門店ってなに?

意外と知られていませんが、不動車を専門に買い取りしている会社があります。

こうしたお店は独自のノウハウと販売ルートで、動かない車を買取って収益をあげています。

不動車の販売ルートはいくつかありますが、その多くが海外に転売されます。

日本車というのは海外から見ると非常に状態が良く、評価が高いことで知られています。

ですから、どんなに古い車や不動車であっても、修復して再利用するケースが多いのです。

動かない車でも通常の買取店で売れる

車の差額

もう1つはガリバーなどをはじめとする車買取店です。

こうした買取店は動く車を買い取るのが基本ですが、中には不動車でも値段をつける買取店があります。

気になるのは「不動車買取専門店と普通の買取専門店のどちらが高く買い取ってくれるのか?」ということですよね。

車の状態にもよりますが、基本的には普通の車買取専門店のほうが高く売却できます

その理由はシンプルで、不動車専門買取店は「不動車というマイナス」からスタートするため、そもそも高値での売却は望めないからです。

「廃車の費用を負担してくれる」という可能性はありますが、値段がつくことは実際のところ少数なのです。

車の買取専門店、特に大手の買取店はさまざまな中古車のニーズを持っています。

中古車を購入しようとしている人のなかには「修理した不動車でもいいから、とにかく安い車が欲しい」というニーズがあります。

もし仮にこのニーズとあなたの車が合致すれば、不動車であっても値段がつくことがあるのです。

ですから、不動車の個人売買を検討しているのであれば、その手間をかける前にまずは複数の買取店に査定を頼んでみましょう

そこで値段がつかないようであれば、次は不動車買取専門店、最終的に個人売買・廃車という選択をすべきです。

一括査定を使えば、不動車のニーズを持つ買取店をカンタンに見つけられます。

また、無料の出張査定をしている買取業者がほとんどですので、不動車でも問題ありません。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の個人売買
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。1988年生まれ。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト