お得な車買取査定ナビ

いま買うならコレ!人気の輸入車おすすめクーペ3車種を比較

いま買うならコレ!人気の輸入車おすすめクーペ3車種を比較

クーペはスタイリッシュな外観が魅力ですが、国産のクーペは選択肢が限られてしまいます。

しかし、輸入車ならば魅力的なクーペが数多く存在します。

そんな輸入クーペの中から、特におすすめできる車種を3つを比較してみましょう。

スーパーカー顔負けのインパクト!シボレー「カマロ」

シボレー カマロ

まず選んだのが、GM(ゼネラル・モーターズ)がシボレーのブランドで販売する「カマロ」です。

最大のおすすめポイントは、数ある輸入車のクーペの中でも群を抜いてアグレッシブなスタイリングです。

ワイド&ローなプロポーション

カマロ

ボディタイプは2ドアで、ワイド感を強調した迫力のフロントマスクや、彫刻的なボディラインを特徴とします。

はじめて目の当たりにしたときのインパクトは大きく、目立つことにかけてはスーパーカー顔負けと言えるでしょう。

ボディサイズは、全長は4,780mmとアメリカ車としては大きい方ではありません。

一方で全幅は1,900mmと広く、セダンなどよりずっと低い1,340mmの全高とあいまって、ワイド&ローなプロポーションになっています。

室内は4人乗りですが、後席スペースは狭いので、子供用か荷物置き場として割り切るべきでしょう。

アメリカ車らしいV8エンジンも用意

シボレー カマロ コンバーチブル

駆動方式はオーソドックスなFRで、エンジンは廉価グレードの「LT RS」には、流行のダウンサイジング路線に沿った2L直4DOHCターボ(最高出力279ps/最大トルク40.8kg・m)が搭載されます。

一方、上級グレードの「SS」に搭載されるのは、いかにもアメリカ車らしい6.2L V8OHV(最高出力461ps/最大トルク62.9kg・m)です。

トランスミッションは、いずれもDCTよりも素早い変速を可能とする8速トルコンATが組み合わせられます。

パフォーマンスはLT RSでも十分以上、SSならスーパーカーに迫る速さを見せつけます。

また、コーナーでのシャープな身のこなしや、見かけによらない快適な乗り心地もカマロの特徴です。

装備面では、ボーズ製プレミアムオーディオシステムやカラーヘッドアップディスプレイが標準で備わります。

また、自動ブレーキは装備されないものの、車線変更を支援する「レーンチェンジアラート/サイドブラインドゾーンアラート」や、駐車を支援する「リアビューカメラ/リアパークアシスト」などが標準装備されます。

カマロの価格は、以下のとおりです。

  • ・LT RS 516万2,400円
  • ・SS 645万8,400円

ヨーロッパ車と比べて割安な価格設定も、カマロの魅力です。

流麗なスタイリングと実用性が両立したBMW「4シリーズグランクーペ」

BMW 4シリーズ クーペ

続いて選んだ輸入車のクーペは、BMWの中型4ドアクーペ「4シリーズグランクーペ」です。

おすすめのポイントは、スタイリッシュな外観と実用性を兼ね備えている点にあります。

5人乗れるスタイリッシュな実用車

BMW 4シリーズ クーペ内装

4シリーズグランクーペは、4枚のドアのほかにテールゲートも備わっています。

4シリーズには2ドアの「クーペ」もラインナップされていますが、後席への乗り降りや荷物の積みやすさでは、当然ながらグランクーペの方がはるかに上です。

それでいて、2ドアクーペにさほど見劣りしない流麗なフォルムを持つのが美点です。

同じプラットフォームを採用する4ドアセダン「3シリーズセダン」と比べれば、カッコよさの差は歴然としています。

ボディサイズは、4,640mmの全長は3シリーズセダンとほぼ同じです。

しかし、全幅は25mm広い1,825mm、全高は45mm低い1,395mmというワイド&ローなプロポーションになっています。

室内は3シリーズセダンと同じ5人乗りですが、後席スペースはスタイリング優先のため若干犠牲になっています。

直6エンジン搭載車や4WD車も用意

BMW 4 シリーズ クーペ ドライビング・ダイナミクスと効率性

エンジンは、チューニングの異なる2種類の2L直4ターボ(最高出力184ps/最大トルク27.5kg・m、最高出力252ps/最大トルク35.7kg・m)と、3L直6ターボ(最高出力326ps/最大トルク45.9kg・m)が用意されます。

組みあわせられるトランスミッションは、いずれも8速トルコンATです。

駆動方式はFRが基本ながら、2L・184psエンジン搭載車に限りフルタイム4WDを選ぶこともできます。

グレード体系は、2L・184psエンジン搭載FR方式の「420i」系および4WD方式の「420i xドライブ」系、2L・252psエンジン搭載の「430i」系、そして3Lエンジン搭載の「440i」系の4タイプが基本です。

さらに、標準モデルと差別化された内外装を持つ「ラグジュアリー」「Mスポーツ」の2つのデザインラインが設定されています。

パフォーマンスは420i系でも十分以上で、430i系なら速い車と評することができます。

さらに440i系ともなれば、スポーツカー顔負けのパフォーマンスに加え、BMWの6気筒エンジンならではのスムーズさや快音が満喫できます。

また、約50:50の前後重量配分がもたらすシャープで素直なハンドリングも、売り物のひとつです。

装備面では、衝突回避・被害軽減ブレーキをはじめとする安全運転支援システムが全車に標準で備わります。

4シリーズグランクーペの価格は、以下のとおりです。

3シリーズセダンと比べると、より贅沢な車と位置付けられているため、やや高めの価格設定になっています。

  • ・420iグランクーペ 601万円
  • ・420iグランクーペ ラグジュアリー 640万円
  • ・420iグランクーペ Mスポーツ 642万円
  • ・420i xドライブ グランクーペ 633万円
  • ・420i xドライブ グランクーペ ラグジュアリー 672万円
  • ・420i xドライブ グランクーペ Mスポーツ 674万円
  • ・430iグランクーペ ラグジュアリー 729万円
  • ・430iグランクーペ Mスポーツ 746万円
  • ・440iグランクーペ ラグジュアリー 864万円
  • ・440iグランクーペ Mスポーツ 880万円

伊達でゴージャスな高級クーペ、マセラティ「グラントゥーリズモ」

グラントゥーリズモ

最後に紹介するのが、マセラティの高級クーペ「グラントゥーリズモ」です。

いかにもイタリア車らしい「伊達」なスタイリングや、ゴージャスな内装などがおすすめのポイントになります。

大人4人のためのスペースを確保

GranTurismo グラントゥーリズモ内装

ボディタイプは2ドアで、「シャークノーズ」と呼ばれる低く精悍なフロントマスクや、グラマラスでエアロダイナミックなフォルムは大変魅力的です。

ボディサイズは全長4,910~4,920mm、全幅1,915mmとやや大柄ですが、全高はクーペらしく1,380mmに抑えられています。

室内は4人乗りで、後席は外観から想像するよりも広いスペースを持っているため、大人が座ることができます。

また、「イージーエントリーシステム」の採用により、2ドア車ながら後席への乗り降りも容易です。

官能的なサウンドを奏でるエンジン

GranTurismo グラントゥーリズモのエンジン

駆動方式はFRで、搭載されるエンジンはフェラーリと共同開発した4.6L V8DOHC(最高出力460ps/最大トルク53kg・m)です。

このエンジンは、ZF製の6速トルコンATとの組み合わせにより最高速度299~301km/hのパフォーマンスを生み出すと同時に、官能的なサウンドを奏でるのも魅力のポイントになっています。

また、49:51の前後重量配分がもたらす高水準のハンドリングや、プレミアムモデルにふさわしいしなやかな乗り心地も、グランツーリズモの魅力のひとつです。

室内に目を移すと、ポルトローナ・フラウ製のレザーシートとトリムが優雅な雰囲気を醸します。

また、8.4インチのタッチスクリーンによりオーディオやナビの操作ができるインフォテインメントシステムや、ハーマンカードン製プレミアムサウンドシステムが標準装備されます。

グランツーリズモの価格は、以下のとおりです。

  • ・スポーツ 1,890万円
  • ・MC 2,216円

かなり高価ですが、それに見合った満足感が得られることでしょう。

エキゾチックな魅力にあふれる輸入車のクーペ

今回紹介した輸入クーペ3台は、いずれも国産のクーペにはないエキゾチックな魅力を備えています。

自分のライフスタイルを車で表現したい人には、ピッタリではないでしょうか?

もし輸入車のクーペに買い替える場合は、いま乗っている車を「車の一括査定」を利用して手放すことをおすすめします。

車の一括査定は、愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が見つかるうえ、手続きも簡単に行えるメリットがあります。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1
  • 書いている人【YAS やす】

    1988年生まれの30歳。フリーランスのライターをしています。
    現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます(くわしいプロフィールはこちら
    車が好きな人つなぐ”サークル”のような場所をつくるのが、このWebサイトの目的です。ぜひ車について語らいましょう!

  • 私が乗ってきた愛車遍歴

    トヨタ・クレスタ

    三菱自動車・デリカ CHAMONIX

    トヨタ・bB

    フォルクスワーゲン・ゴルフ

    ボルボ・V60 【現在】

  • いま欲しい車!(憧れ込み)

    ポルシェ・パナメーラ
    マセラティ・ギブリ
    スバル・レヴォーグ