【ルノーSUVを比較】カジャーとキャプチャーの内外装と価格のちがい

【ルノーSUVを比較】カジャーとキャプチャーの内外装と価格のちがい ルノー(RENAULT)

ルノーにはカジャーとキャプチャーという2つのSUVがあります。

どちらも見た目が似ているため、「どこがちがうの?」と疑問に思う人も多いと思います。

カジャーとキャプチャーの価格、性能、内外装などスペックを比較してみましょう。

\ 45秒のかんたん入力 /

カジャーのほうがキャプチャーよりも性能、価格が高い

車種名
(グレード)
カジャー
(インテンス)
キャプチャー
(インテンス)
全長4,455 mm4,135 mm
全幅1,835 mm1,780 mm
全高1,610 mm1,585 mm
ホイールベース2,645 mm2,605 mm
車両重量1,410 kg1,280 kg
エンジン直列4気筒
DOHC16バルブ
直列4気筒
DOHC16バルブ
総排気量1.197 L1.197 L
最高出力(EEC)96kW(131ps)
/5,500rpm
87kW(118ps)
/5,000rpm
最大トルク(EEC)205N・m(20.9kgm)
/2,000rpm
205N・m(20.9kgm)
/2,000rpm
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
燃料消費率17.2 km/L
価格3,470,000 円2,699,000 円

カジャーとキャプチャーを比較した結果をザックリ言うと、カジャーのほうがキャプチャーよりも性能、価格が上です。

エンジンや排気量などは共通する部分もありつつ、内外装や安全装備、そして価格差が当然ありますから、それぞれの良し悪しを比較して選ぶ必要があるでしょう。

【サイズ】

カジャーのサイズ

カジャー

キャプチャーのサイズ

キャプチャー

カジャーとキャプチャーは全幅、全高に大きな差はありません。大きくちがうのは全長です。

カジャーのほうが約30cmほど長いため、室内空間も当然広くなります。また、乗車定員はどちらも5名です。

サイズが大きくなれば、それに合わせて取り回しは悪くなります。もし”コンパクトSUV”が欲しいのであれば、キャプチャーを選んだほうが良いでしょう。

一方で、車内を広く使ったり、荷物をたくさん積むのであれば、カジャーがおすすめです。

【価格】カジャーは性能やインテリア質感のわりに価格が高い

カジャーの価格

カジャーはグレードが「インテンス」のみ、価格は3,470,000円です。

レザーシート(前席シートヒーター内蔵)が標準装備されています。

価格のわりには、走行性能や車内インテリアの質感が高くなく、わたしは割高に感じます。

キャプチャーのグレードによる価格差はシートの質感と性能

キャプチャーのグレードとシートの比較

一方、キャプチャーは「インテンス」(2,699,000円)と「インテンス レザー」(2,799,000円)の2グレードです

インテンスレザーという名称からもわかるとおり、インテンスとインテンスレザーのちがいはレザーシートの有無です。

インテンスはファブリック(布地)シートですが、インテンスレザーはレザー(革)シートです。また、インテンスレザーのみ前席シートヒーターが装備されています。

【エンジン】カジャーとキャプチャーの大きな差はない

ルノー キャプチャー:雪道でのエクステンデッドグリップ体験

エンジンタイプはカジャーとキャプチャーどちらも「直列4気筒DOHC16バルブ」が搭載されていますので、ちがいはありません。

最高出力はカジャーのほうが良い数字が出ていますが、特に大きな差があるとは言えないレベルです。また、総排気量はどちらの車種も同じです。

燃費性能はカジャーは非公表、キャプチャーは17.2 km/Lです。カジャーについては10.0 km/L程度と言われています。

走行性能についてはキャプチャーにのみエクステンデッドグリップ仕様がついていて、走行する道路に応じて、以下の3つの走行モードを選ぶことができます。

  • ・標準モード
  • 乾燥した路面、濡れた平坦な道路など、主に舗装された道路
  • ・ソフトグラウンドモード
  • 砂利道や砂地、枯れ葉が積もった滑りやすい路面
  • ・エキスパートモード
  • 滑りやすい路面でもアクセルコントロールができるエキスパート(上級者)向けの走行モード

【外装】カジャーのほうが迫力あり。コンパクトさならキャプチャー

Renault Japon ルノー キャプチャー

見た目については、カジャーもキャプチャーも非常に良く似ています。

フロントライト、リアライトともにカジャーのほうが水平基調で横に少しだけ長くなっています。

また、カジャーのほうが全高が高いので、キャプチャーよりも存在感は大きく感じられます。

キャプチャーのみ、ルーフとボディの色がちがう2トーンボディカラー仕様です。選択可能ではなく、2トーンボディカラーしかありません。

2トーンボディカラーは好き嫌いが分かれるところですから、キャプチャー購入を検討している人は要注意です。

【内装】カジャーのほうが質感は高い

カジャーの内装

カジャーの内装

キャプチャーの内装

キャプチャーの内装

さきほども説明しましたが、キャプチャーはグレードによってファブリックシートとレザーシートを選択可能です。

カジャーはレザーシートのみとなっています。

人によって感じ方に差はあると思いますが、わたしはキャプチャーとカジャーの最大のちがいはインテリアの質感にあると感じています。

そもそも、カジャーとキャプチャーはエンジンや見た目がかなり似ているので、インテリアで差をつけないと存在意義がありません。

レザーシートの質感はカジャーのほうが高く、また運転席まわりのデザインもカジャーのほうが高級感があります。ステアリングホイールの利便性もカジャーのほうが上です。

大きさと上質さならカジャー、コンパクトで安さを取るならキャプチャー

カジャーのデザイン

カジャー

キャプチャー

カジャーとキャプチャーのちがいを総括しておきましょう。

そもそも、カジャーとキャプチャーのエンジン性能はほとんど同じなので、それ以外のポイントでちがいを比べるしかありません。

ひとことで表すなら「大きさと上質さならカジャー、コンパクトで安さを取るならキャプチャー」です。

サイズはカジャーのほうが大きいため、迫力と車内の広さはカジャーに軍配が上がります。

一方、キャプチャーはサイズ感とデザインにかわいらしさもあるため、取り回しや手頃な価格を享受できるでしょう。

わたし個人としては、カジャーの評価は低めです。価格のわりには質感や装備が貧弱だと思います。

それであればキャプチャーのデザイン性と価格の安さを選んだほうが、トータルの満足感は高いと思います。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

ルノー(RENAULT)
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト