おすすめ!子どもが生まれたときの正しい車の選び方

子どもが生まれたときの車の選び方 中古車の購入

みなさんは子どもが生まれたら、どんな車を購入したいですか?
車はライフスタイルに合わせて上手く買い替えたいところですね。

子どもが生まれると、生活が大きく変化するので車選びに失敗すると子育てにも影響をおよぼす可能性も。
良い子に育てるための大きな要因の1つに車選びがあるといっても過言ではありません。

どのように車を選べばいいのでしょうか?
失敗をなくす、かしこい車選びのコツをわかりやすく解説します。

どんな車が子ども向け?

子どもが生まれると、車にどのような機能・装備があると便利なのでしょうか?

生まれたばかりの子供だけではなく、将来的なことまで考えた車選びをしたいですね。

子どもがいる家族が考えたい車のポイントは以下のとおりです。

  • ・荷物がたくさん積める
  • ・妊婦でも乗り降りしやすい
  • ・小回りがきく
  • ・自動スライドドアで子どもを乗せやすい
  • ・チャイルドシートをラクに装着できる

荷物がたくさん積める

子どもが生まれると、なにかと荷物が増えるものです。
オムツ、ベビーカー、遊びグッズなど、子どもがいないときにはなかった荷物ばかりです。

荷物がたくさん積めると、旅行などの遠出もラクチンですよね。
子どもの習い事などで荷物が多いこともあるでしょうから、比較的大きい車を選びたいところです。

妊婦でも乗り降りしやすい

妊娠をしているときに車を買い替えるケースもあるでしょう。
あるいは2人目のことまで考えると、妊婦さんでも乗り降りしやすい車を選びたいところ。

車体の地上高(地面から床までの高さ)が低い車であれば、乗り降りがしやすくなります。
ですので、地上高が高めのSUVなどは避けたほうがいいかもしれません。

小回りがきく

妊婦さん、ママさんに話を聞くと「運転にあまり自信がない…」という声が多くなります。

ふだんは旦那さんが運転している車も、産休や育児でママさんが慣れない運転をしなければいけません。
スーパーなどで近い距離を運転することを考えると、無駄に大きい車は不便です。

やはり運転しやすい小回りのきく車を選ぶことをオススメします。
車を選ぶときにはできるだけ奥さんの意見を参考にして選ぶようにしましょう。

自動スライドドアで子どもを乗せやすい

荷物の出し入れ、子どもの乗り降りを考えるとドアを簡単に開けられるのが理想です。

いまの主流は自動スライドドアです。
タッチするだけで開くタイプも多く出揃っているので、手がふさがっていても簡単にドアを開けることが可能です。

以前まではワゴンタイプの車にしかスライドドアは付いていませんでした。
しかし、近年はコンパクトカーの広まりもあって軽自動車でもスライドドアが付いています。

チャイルドシートをラクに装着できる

子どもを乗せるときに欠かせないアイテムがチャイルドシートです。
チャイルドシートを装着したときに、室内空間がせまくならない車を選びたいですね。

車種によっては、チャイルドシートが装着しにくいこともあるので、購入する前にしっかりチェックしましょう。
また、すでにチャイルドシートを持っている場合には買い替える車に装着できるか事前に確認しておくのがベストです。

買うならコレ!子どもが生まれたら選びたい車とは?

それでは実際に、どのような車選びをすればいいのかチェックしていきましょう。
具体的な車種を紹介しますので、車選びの参考にしてみてくださいね。

ゆったり乗るならミニバンを!セレナ、ステップワゴンなど

セレナ
ホンダステップワゴン

子どもが生まれて、ゆったりとした車を選びたいならミニバンがオススメです。
室内空間の広さは抜群ですのえ、子どもの乗り降りや荷物の出し入れもラクチン。

将来的に2人目、3人目が生まれても乗ることができるので経済的です。

ミニバンの代表的な車種としては、日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンがあります。
少し高級なタイプだと、トヨタ・エスクァイアなども。

コンパクトカーや軽自動車に比べて燃費は悪くなりますが、大きい車はやっぱり活用できる場面が多くなります。

新車の価格帯は日産・セレナの場合で224〜353万円です。

実用性重視ならコンパクトカー!フリード、シエンタなど

フリード
シエンタ

あまり大きい車には乗りたくないけど、軽自動車はちょっと不安…。
そんな人にはコンパクトカーがオススメです。

燃費も良く、室内空間も広々。車種によってはスライドドアも装備して言うので、子育ての負担を軽減してくれます。
長距離でのドライブが多い家族でも、コンパクトカーであれば乗りやすいので疲れにくいといえるでしょう。

安全性も高い車が多いので、子どもを安心して乗せることが可能です。

新車の価格帯はホンダ・フリードで174〜236万円です。

安くて経済的!軽自動車

オレンジ色のハスラー
赤い色の車

小回りがきき、維持費も安くて経済的。
そんな条件を兼ね備えるのが軽自動車です。

子育てにはお金がかかりますので、ガソリン代や自動車税を節約できるのは嬉しいところ。

最近の軽自動車は安全性能も大きくアップしていますので、そこまで心配する必要もなくなっています。

近所のスーパーなど短い距離を運転することが多いときも軽自動車はラクチンです。

新車の価格帯はスズキ・ハスラーで107〜166万円です。

子ども向けの車を安く購入するには?

子どもが生まれると、出産費用や教育費などお金がたくさんかかります。
そこにきて車の購入となると、家計が厳しくなってしまいますよね。

ですから、車の購入にかける費用はできるだけ抑えたいところ。
車を安く買う方法は、大きく分けて3つあります。

  • ・安い車種、グレードを選ぶ
  • ・中古車を選ぶ
  • ・いま乗っている車を高く売る

もっとも簡単にできる節約方法は、安い車種やグレードを選ぶことです。
子どものことを考えるとできるだけ良い車を…と考えてしまいがちですが、グレードが低い車でも十分な性能を備えています。

また、新車ではなく中古車を選ぶのも安く買うコツです。
走行距離や年式をしっかりとチェックすれば、お得な中古車はきっと見つかります。

そしていま車に乗っているならば、少しでも高く売って購入費用を圧縮しましょう。

販売店に下取りに出すのもいいですが、そのまえに複数の買取店に査定を出してもらうことをオススメします。
そうすれば、愛車を最高額で売却できるので、車の購入費用をグッと下げることが可能です。

少しでもお得に車を買って、子どものために資金を用意しておきたいですね。
まずは気軽に愛車の査定額を出してみましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
中古車の購入新車の購入・買い替え車の売却
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト