ランドローバー・ディスカバリーの価格と値引き額はいくら?

ディスカバリーの価格と値引き額 SUV

世界でも類を見ない、高級なSUVとして高い支持を得ているのがランドローバー・ディスカバリーです。

その走行性・耐久性は非常に優れており、どんなオフロードでも高い走破性を体感できます。

ランドローバー・ディスカバリーの価格や燃費性能、そして値引き額はどれくらいなのでしょうか?

ディスカバリーと価格帯

それではディスカバリーのグレードと価格について見ていきましょう。
ディスカバリーのグレードは以下の2タイプです。

  • ・SE 695万円
  • ・HSE  819万円

どちらのグレードも3.0L V6スーパーチャージャーのエンジンを搭載しており、駆動方式は4WDと馬力は十分。
エンジン性能は同じなのに、なぜ124万円の価格差が生まれているのでしょうか?

おもな違いはインテリアにあります。

上位グレードのHSEには「ウィンザー・レザー」を使ったシートが採用されていますが、SEには「グレインド・レザー」が使われています。

シートのカラーもHSEのほうが選択肢が多くなっています。

DISCOVERYのインテリア

実用性はどちらのグレードも変わりませんので、インテリアを重視したい人はHSEがオススメ。
ただし124万円の価格差は決して安くないので、基本的にはSEモデルでも十分な満足感を得られるでしょう。

車のサイズは全長4850mm、全幅1920mmと大型モデルになっており、取り回しには注意が必要です。
車体サイズはランドローバーの車種のなかでも大きいので、運転に不慣れな人が乗りこなすのはむずかしい車種です。

とはいえ、街乗りでの存在感は抜群なので、ドライブする時間は格別なひとときとなるでしょう。

リアエアコンや電動サンルーフがベーシックモデルのSEでも標準装備されており、ディスカバリーの高級SUVとしての魅力が感じられます。

燃費はJC08モードで7.4km/Lとなっており、燃料はハイオクガソリンを使用。
車体重量もかなり重くなっており、角ばった形状も燃費効率の低下を招いています。

もちろん、この角ばったデザインがディスカバリーの魅力でもありますから、このあたりの維持費は目をつぶるしかありません。

ディスカバリーの安全性能は?

DISCOVERYの悪路走破性

同じグレードの競合車種と比較しても、引けをとらない安全性能をディスカバリーは保持しています。

まずは車間距離を保つ「アダプティブ・クルーズコントロール」があります。
これは前を走る車との車間距離を一定に保ってくれるシステム。

渋滞を検知すると、列の最後尾に達したときに自動で停止する「キューアシスト機能」も魅力です。
ディスカバリーでレジャーに出かける機会も増えるでしょうから、長旅には心強い機能といえるでしょう。

DISCOVERYの安全性能

さらに、大型車にありがたい機能として視認性の高さがあります。
サラウンド・カメラシステムによって、車の周囲360度の映像を室内のモニターに映します。
駐車する際には非常に役に立つシステムといえるでしょう。

車体が大きいので、このあたりのシステムは運転者にとって助かりますね。

さらに、河を渡る際の機能についても追求しているのがディスカバリーの特徴です。
ドアミラーに付いたセンサーが水深を計測し、深すぎる場合には警告してくれます。

徹底的にアウトドアでの使用にこだわった頑強なつくり。
ディスカバリーがあれば、どんな道も恐くなくなりますね。

ディスカバリーの値引き額はどれくらい?

DISCOVERYの値引き額

ディスカバリーの値引き額は0万円〜20万円が相場です。
ここまで解説したとおり、ディスカバリーのブランド力は予想以上に高く、値引きはむずかしいといえるでしょう。

もちろん、競合車種を引き合いに出して値引き交渉をすることが欠かせません。
しかし、オプションを付けるか、下取りによる値引きを狙うのが現実的といえるでしょう。

競合車種としては以下のラインナップが挙げられます。

  • ・メルセデスベンツ G-Class
  • ・メルセデスベンツ M-Class
  • ・BMW X5

競合車種のディーラーではきちんと買う意思を示して、できるだけ安い見積もりを引き出しましょう。
手間はかかりますが、車体価格が高いので時間をかける価値は十分にあります。

また、車体価格の値引きには限界があるので、下取りをいかに高くするかも重要なポイント。
ディーラーの下取りは安い価格を提示してくることがほとんどです。

ディスカバリーを少しでもお得に買う方法とは?

大きな値引きが望めない以上、いかに購入予算を増やすかが課題となります。

もっとも効果的なのが、いま乗っている車を高く売ることです。

事前に複数の買取業者に一括査定をしてもらうことで、愛車の最高額を知ることが可能です。

安く買い取られることを防ぐことができますし、ディスカバリーの購入費用を安くすることができます。

なるべくお得に車を買い替えるためにも、一括査定の活用は必須といえるでしょう。

いまの車が高く売れれば、購入予算もグッとアップしますね。
まずは気軽に見積もりを出してもらいましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
SUVランドローバー(LANDROVER)
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト