放置している廃車をお得に処分する方法とは?

放置している廃車

放置している車をお得に廃車として処分するにはどうすればいいのでしょうか?

いままで乗っていた車もいつしか放置…。
車検が切れていたり、自動車保険に加入してない場合には運転するのが難しくなります。

そんな廃車もそのまま放置するわけにはいきません。
放置している廃車はどうやって処分すればいいのでしょうか?

廃車のお得な処分方法について解説します。

放置している車でも費用がかかる?

乗らないで放置している車でも、まったく費用がかかっていないわけではありません。
乗らずにいる状態でも、本来は支払うべきお金はいくつか存在します。

  • ・自動車税
  • ・自賠責保険
  • ・駐車場代

放置している車の自動車税

自動車税は毎年4月1日時点の「車の所有者」に支払う義務があります。
そのため、放置している廃車でも4月〜5月中に納税通知書が届くので、5月末の期限までに支払う必要があります。

これを滞納していると、6月すぎには督促状が届きます。
それもさらに支払わないと、滞納金が発生します。

延滞金は期限から納付の日まで年率14.6%の延滞金が加算されます。

長期で滞納が続くと、車を差し押さえられたりといった事態になるので、自動車税は支払いましょう。
とはいっても、廃車しても納税通知書が届くことがあります。

なぜなら、4月1日時点の所有者に必ず納税義務が発生するからです。
そのため、放置車両は3月までに処分することをオススメします。

放置している車の自賠責保険

自賠責保険は、どんな車も加入しなければいけない保険です。
保険料は車の種類によって変わってきますが、基本的には2年に1度払うことになります。

また、車検を受けるときにも自賠責保険は必須です。
自賠責保険を支払っていないと車検が通らないからです。車検切れの車は放置するしかない状態になります。

放置している車は運転することがないでしょうが、こうした廃車にも自賠責保険は発生することを理解しておきましょう。

自賠責保険については「自賠責保険と任意保険、どっちが優先される?」でくわしく解説しています。

駐車場代もかかっている

有料で借りている駐車場に放置している人は少ないでしょうが、車を置いているスペースにも費用がかかっていることがあります。

適切に処分すれば高く売れることもあるので、放置しているのはもったいないと言わざるを得ません。

廃車にするにはどんな方法がある?

それでは、実際に放置している車を処分する方法について見ていきましょう。
廃車にするためには、いくつかの方法があります。

  • ・廃車手続きをする
  • ・廃車専門業者に依頼する
  • ・車の買取業者に売却する

廃車手続きをする

まず一般的なのが「廃車手続き」です。
廃車手続きはどこに持っていくべきかというと、基本的にはディーラーや整備工場にお願いします。

その種類は大きく分けて2つあります。

  • ・永久抹消登録
  • ・一時抹消登録

永久抹消登録とは「車をスクラップにして、二度と使えなくする」という方法です。
もう修理するのがむずかしい車などを永久に抹消します。

一時抹消登録とは「一定の期間だけ、車を使えなくする」という方法です。
どんなときに一時抹消登録するのでしょう?

たとえば「3年間だけ転勤で、そのあと戻ってくる」というケースです。
転勤先で車を持つのは厳しいけど、手放したくない。そんなときに一時抹消登録をします。

一時抹消登録をすると、税金などの維持費が不要になるのでお得に保管できます。

廃車手続きについてくわしくは「ディーラーに廃車の手続きをお願いする前に」で解説していますので、ご参照下さい。

廃車手続きはお金がかかるので、そのぶんの費用は準備が必要です。

廃車専門業者に依頼する

2つ目の方法は「廃車買取り専門業者」に依頼することです。

廃車専門、と聞くと「普通の買取業者となにがちがうの?」と思われるかもしれません。

廃車専門業者は、独自の販売ルートを持っていて、廃車でも利益を上げられる仕組みがあります。

その多くは海外などへの販路で、買い取った廃車を整備するなどして転売します。

そういったノウハウがあるので、廃車であっても買い取りしてくれる可能性があるのです。

ですから、廃車手続きで費用をかけるのであれば、そのまえに廃車専門業者に査定を依頼するのがオススメ。
自分では廃車だと思っていた車でも、業者からみれば買い取る価値のある車かもしれないからです。

自分だけで判断するのではなく、廃車専門店に相談してみることが大切です。

解体屋に持ち込んでしまう前に見積もりを出してもらいましょう。
思わぬ高額で査定してもらえることもあるので、要チェックですよ。

車の買取業者に売却する

3つ目の方法は「車の買取業者に売却する」方法です。

放置している車は状態にもよりますが、廃車に見えてもまだまだ走れる可能性があります。
そういった車を廃車にするのはもったいないですし、廃車専門店に依頼しても損をする可能性があります。

売却するにしても、廃車専門業者にくらべれば一般的な買取業者の方が高く査定してくれる可能性があります。

ですから、できれば放置している車は以下のような流れで処分する方法を試すことをオススメします。

  • ・まずは車の買取業者に査定を頼む
  • ・値段がつかなければ廃車専門業者へ
  • ・それでもダメなら廃車手続きをする

一般的な買取業者を探すのであれば、下記で紹介するような一括査定がオススメです。
プロの目から見れば、まだまだ走れる可能性がある以上、それを廃車にするのは非常にもったいないことです。

放置している動かせない車であっても、無料で出張査定をしてくれるので心配ありません。

まずは複数の買取店に見積もりを出してもらいましょう。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。