意外と高く売れる!放置している廃車をお得に処分する方法

意外と高く売れる!放置している廃車をお得に処分する方法 廃車・事故車

車検が切れていたり、自動車保険(自賠責)に加入してない車は公道を走れません。

しかし、そんな廃車をそのまま放置するのは得策ではありません。

放置している廃車はどうやって処分すればいいのでしょうか?

廃車のお得な処分方法について解説します。

放置している車でも費用がかかる

乗らないで放置している車でも、まったく費用がかかっていないわけではありません。

乗らずにいる状態でも、本来は支払うべきお金はいくつか存在します。

  • ・自動車税
  • ・自賠責保険
  • ・駐車場代

放置している車の自動車税

自動車税は毎年4月1日時点の「車の所有者」に支払う義務があります。

そのため、放置している廃車でも4月〜5月中に納税通知書が届くので、5月末の期限までに支払う必要があります。

これを滞納していると、6月すぎには督促状が届きます。

それもさらに支払わないと、滞納金が発生します。

延滞金は期限から納付の日まで年率14.6%の延滞金が加算されます。

長期で滞納が続くと、車を差し押さえられたりといった事態になるので、自動車税は支払いましょう。

4月1日時点の所有者に必ず納税義務が発生するため、タイミングによっては廃車しても納税通知書が届く場合があります。

そのため、放置車両は3月までに処分するのがオススメです。

放置している車の自賠責保険

自賠責保険は、公道を走るすべての車が加入しなければいけない保険です。

保険料は車の種類によって変わってきますが、基本的には2年に1度払うことになります。

また、車検を受けるときにも自賠責保険は必須です。

賠責保険を支払っていないと車検が通らないからです。車検切れの車は放置するしかない状態になります。

放置している車は運転することがないでしょうが、こうした廃車にも自賠責保険は発生することを理解しておきましょう。

自賠責保険については「自賠責保険と任意保険、どっちが優先される?」でくわしく解説しています。

駐車場代もかかっている

有料で借りている駐車場に放置している人は少ないでしょうが、車を置いているスペースにも費用がかかっていることがあります。

適切に処分すれば高く売れることもあるので、放置しているのはもったいないと言わざるを得ません。

自分の土地であったとしても、車を処分してスペースを貸し出すなどすれば、あらたな収入源になる可能性もあります。

廃車にするよりも、売却できる業者をみつけるべき

それでは、実際に放置している車を処分する方法について見ていきましょう。

廃車にするためには、いくつかの方法があります。

  • ・廃車手続きをする
  • ・廃車専門業者に依頼する
  • ・車の買取業者に売却する

廃車手続きは費用がかかる

まず一般的なのが「廃車手続き」です。

廃車手続きはどこに持っていくべきかというと、基本的にはディーラーや整備工場にお願いします。

その種類は大きく分けて2つあります。

  • ・永久抹消登録
  • ・一時抹消登録

永久抹消登録とは「車をスクラップにして、二度と使えなくする」という方法です。
もう修理するのがむずかしい車などを永久に抹消します。

一時抹消登録とは「一定の期間だけ、車を使えなくする」という方法です。どんなときに一時抹消登録するのでしょう?

たとえば「3年間だけ転勤で、そのあと戻ってくる」というケースには一時抹消登録をします。転勤先で車を持つのは厳しいけど、手放したくない。そんなときに一時抹消登録をしておくわけです。

一時抹消登録をすると、税金などの維持費が不要になるのでお得に保管できます。

廃車手続きはお金がかかるので、そのぶんの費用は準備が必要です。

ディーラーの廃車費用を無料にする方法とは?
いま乗っている車を買い替えたり、売却しようとするときには買取業者に買い取ってもらうのがキホンです。 しかし、車が動...

廃車専門業者に依頼する

2つ目の方法は「廃車買取り専門業者」に依頼することです。

廃車専門、と聞くと「普通の買取業者となにがちがうの?」と思われるかもしれません。

廃車専門業者は、独自の販売ルートを持っていて、廃車でも利益を上げられる仕組みがあります。

その多くは海外などへの販路で、買い取った廃車を整備するなどして転売します。

そういったノウハウがあるので、廃車であっても買い取りしてくれる可能性があるのです。

ですから、廃車手続きで費用をかけるのであれば、そのまえに廃車専門業者に査定を依頼するのがオススメ。

自分では廃車だと思っていた車でも、業者からみれば買い取る価値のある車かもしれないからです。

自分だけで判断するのではなく、廃車専門店に相談してみることが大切です。

解体屋に持ち込んでしまう前に見積もりを出してもらいましょう。思わぬ高額で査定してもらえることもあるので、要チェックですよ。

持ち込み厳禁?廃車を解体業者に持ち込むまえに試すべき3つのこと
車を廃車にすることを検討しているのであれば、まずは解体業者に持ち込むのが一般的です。 自動車の解体はそれを専門にや...

車の買取業者に売却する

3つ目の方法は「車の買取業者に売却する」方法です。

放置している車は状態にもよりますが、廃車に見えてもまだまだ走れる可能性があります。

そういった車を廃車にするのはもったいないですし、廃車専門店に依頼しても損をする可能性があります。

売却するにしても、廃車専門業者にくらべれば一般的な買取業者の方が高く査定してくれる可能性があります。

ですから、できれば放置している車は以下のような流れで処分する方法を試すことをオススメします。

  • ①まずは車の買取業者に査定を頼む
  • ②値段がつかなければ廃車専門業者へ
  • ③それでもダメなら廃車手続きをする

一般的な買取業者を探すのであれば、下記で紹介するような一括査定がオススメです。

プロの目から見れば、まだまだ走れる可能性がある以上、それを廃車にするのは非常にもったいないことです。

放置している動かせない車であっても、無料で出張査定をしてくれるので心配ありません。

まずは複数の買取店に見積もりを出してもらいましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
廃車・事故車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト