軽自動車で十分!家族にピッタリのおすすめファミリーカー

軽自動車で十分!家族にピッタリのおすすめファミリーカー 車のカタログ

最近の軽自動車は車内が非常に広くなっているので、家族や子どもがいても十分に使えます。

もし子どもがいるなら、なおさら車選びにはこだわりたいですね。

今回は子どもがいる家族にオススメしたい軽自動車を厳選してご紹介します。

家族におすすめの軽自動車の条件は5つ

家族みんなが乗るにふさわしい軽自動車の条件をチェックしていきましょう。

ここでは特に欠かせない5つのポイントをご紹介します。

  • ①安全性が高い軽自動車であること
  • ②室内空間が大きい
  • ③燃費がいいこと
  • ④スライドドアを装備している
  • ⑤チャイルドシートの着脱が簡単

①安全性が高い軽自動車であること

家族や子どもを乗せるからには、やはり安全性にはこだわりましょう。

軽自動車は、以前にくらべると安全性が向上していますがどうしても普通車には劣ってしまします。

ですから、少しでも安全性が高い軽自動車を選びましょう。そのためにはなるべく新しいモデルを選ぶことをオススメします。

昔のモデルは衝突時の吸収性やエアバッグ、自動ブレーキなどを搭載していないことがあります。

また、燃費向上を追求しすぎて車体が軽すぎる軽自動車も安全面では不安です。

あと、車体が軽いと高速走行時や強風時にフラつきやすいので、低重心の車を選んだほうが安全性は高まります。

軽自動車とコンパクトカーはどっちがお得?価格と維持費を徹底比較!
軽自動車とコンパクトカーのどちらを選ぶかで悩んでいる人は、多いのではないでしょうか? そこで、今回は価格と維持費の...

②室内空間が大きい

家族の人数にもおりますが、子どもを乗せることを考えると、室内空間の広さは必須といえるでしょう。

1人目だけでなく、2人目のことまで考えると天井が高い広々タイプがいいかもしれません。

ベビーカーの出し入れもあるので、荷室(トランクルーム)が大きいタイプを選びましょう。

また、ピラーレス(側面に柱がないタイプ)の軽自動車が最近は多くなっています。ピラーレスだと後部スライドドアからの荷物の出し入れが断然ラクです。

ただし、ピラーレスは横からの衝突に対して弱いので、安全性が下がるのが難点です。

③燃費がいいこと

ほとんどの軽自動車燃費が良いのですが、やはり車種によって差があります。

子育てにかかる費用を考えると、車にかかる維持費は節約したいところ。

また、家族全員で1台の軽自動車に乗る場合、重量が増すので車の燃費は悪化します。

こうした事情まで考えると、少なくとも20km/L以上の低燃費車を選びましょう。

もし燃費性能を重要視するのであれば、メーカーごとの燃費を比較した記事も参考にしてみてください。

【最安】新車の軽自動車で1番安い車種をメーカー別に比べてみた
新車で1番安い軽自動車は、どの車種なのでしょうか? 新車を買うのは何とも楽しいですよね。 でも、予算は限られてい...

④スライドドアを装備している

軽自動車でスライドドアを装備している車は、決して多くはありませんが以前に比べると増えています。

スライドドアだと、乗り降りがしやすいですし、狭い場所でもドアを開くことができます。

たとえば、駐車場で隣の車を気にせず乗り降りできるのは大きなメリットです。子どもが隣の車にドアをぶつけてしまうことも多いですからね…。

ただし、スライドドアは重いので、燃費性能に影響を与えることがあります。

また、電動スライドドア(ワンタッチで開閉できる)は故障しやすいという欠点があります。

故障してしまうと、開閉にかなりの力が必要になるので注意しましょう。修理代も高いので、要注意です。

⑤チャイルドシートの着脱が簡単

子どもがいて、なおかつ子育て真っ只中の家庭にとってチャイルドシートの使い勝手は重要です。

車によってはチャイルドシートの着脱がむずかしかったり、安全に装着できない場合もあります。

すでにチャイルドシートを持っているのであれば、次に買う車に上手く設置できるか確認できると万全です。

ちなみに、チャイルドシートの着用義務があるのは6歳未満の子どもです。また、身長が140cmを超えたら通常のシートベルトでも問題ないでしょう。

出産で車を買い替えるときに注意すべき3つのポイントとは?
出産で家族が増えると、生活スタイルも変化します。 それに合わせて検討したいのが「車の買い替え」です。 生まれてく...

子どもがいるならこの軽自動車!オススメの3車種

ダイハツ・ウェイク

ウェイクのオレンジ色

スマートアシスト搭載なので、車が衝突しそうになったときに自動ブレーキがかかります。
車体の安全性が高いので、子どもを乗せても安心です。

さらに車内が広いので、日常使いはもちろん、アウトドアなどのレジャーにも大活躍するでしょう。
縦に長いタイプなので、自転車をそのまま積むこともできます。

大きな荷物も積めるので、子どもがいる家族にはピッタリです。

価格とグレードは以下のとおり。

  • ・D 135万円
  • ・D(スマアシ) 139万円
  • ・L 152万円
  • ・L(スマアシ) 156万円
  • ・X 162万円〜
  • ・G 170万円〜
  • ・X 175万円〜

ダイハツ・タント

main01

タントシリーズが累計200万台を超えるなど、軽自動車のなかでも特に人気が高いタント。

その車の使い勝手は相当良くて、個人的には「ミラクルオープンドア」という、後部座席と助手席を広くオープンにできるつくりが気に入っています。

ベビーカーを折り畳まずに収納できたりするので、子育て世代には特に嬉しいと思います。

スマートアシストという安全装備も付いていて、車だけでなく人を感知して万が一のときは自動ブレーキを作動させてくれます。

価格は1,220,400円〜。タントに限りませんが、2WDと4WDで価格差が大きいので、安く買いたい人は2WDで決まりです。

ホンダ・N-BOX

N BOX

いわゆる「トール型」軽自動車の先駆けとなったのが、ホンダ・N-BOXです。

室内空間の広さは言うまでもなく、燃費は25.6km/Lとクラス最高水準。

スライドドア、乗り降りのしやすさ、安全対策など子育てをするお母さんに嬉しい機能ばかり。

子どもがいるなら、まずは真っ先に検討したい軽自動車です。

価格とグレードは以下のとおり。

  • ・N-BOX G 1,385,640円〜
  • ・N-BOX G・L 1,499,040円〜
  • ・N-BOX G・L ターボ 1,695,600円〜
  • ・N-BOX G・EX  1,596,240円
  • ・N-BOX G・EX ターボ 1,749,600円〜

スズキ・スペーシア

スペーシア

軽自動車を語る上で欠かせないのがスズキ。

スペーシアはシンプルな見た目なので、飽きることなく長く乗れるデザインになっています。

安全性はデュアルカメラブレーキサポートが確保。2つのカメラで、衝突を回避します。

これは軽自動車では初めての装備で、安全性へのこだわりを感じます。

カラーバリエーションも豊富なので、選ぶ楽しみがあります。お子さんもきっと喜んでくれる車、それがスペーシアです。

モーターで低燃費をアシストする、マイルドハイブリッドを採用しているので燃費性能は30.0km/Lと抜群です。

価格とグレードは以下のとおりです。

  • ・X 1,409,400円〜
  • ・G 1,274,400円〜

家族にとって安くて良い軽自動車を、さらに安く手に入れる方法

軽自動車は価格が安いですが、一方で複数のメーカーが同じような車種で競合しています。

この車じゃないとダメ!といった差別化を図るのがむずかしいので、価格交渉は行いやすいといえるでしょう。

価格交渉では、他社の軽自動車をチラつかせることが重要です。

たとえばダイハツのディーラーで「ホンダのN-BOXも検討しているんです」といった具合。

そして、いま乗っている車があるのであれば高い価格で買取に出しましょう。

下取りは査定額が低くなる傾向があるので、できるだけ他の買取店の査定額と比較することがポイントです。

下取りとは別に、買取店の査定額があるとディーラーの下取り価格交渉も有利にすすみますよ。

まずはいま乗っている車がいくらで売れるのか、無料の一括査定で見積もりを出してみましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車のカタログ軽自動車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト