気になる!軽自動車の安全性ってどうなの?

軽自動車の安全性 軽自動車

軽自動車は日本を象徴する車として大変な人気を誇ります。しかし、安全性は大丈夫なのでしょうか?

軽自動車は税金や保険料にかかる維持費が安いことや、コンパクトな運転が楽しめることで人気です。

特に、最近はスライドドアが付いた車が多く発売されているのが特徴です。子育てにも一役買っていますね。

そこで気になるのは軽自動車の安全性です。スライドドアが付いた軽自動車の安全性能をわかりやすく比べてみます。

安全性は車種によって異なる

まずは車全般に関係のある、車の安全装備についてあらためて確認してみます。
わかりにく用語が並んでいますが、1つずつ理解しておきましょう。

安全装備説明
SRSエアバッグ衝撃を感じたときに、前からエアバッグを膨らませて乗っている人の衝撃を和らげる
サイドエアバッグ運転席・助手席の左右に付いているエアバッグ
サイドカーテンエアバッグ前の席から後ろの席にかけて窓側を覆うように付いているエアバッグ
衝突安全ボディ衝突した時に乗っている人の衝撃を緩和し、乗員の傷害を低減する車体
歩行者頭部保護基準適合歩行者が車に衝突したときに、衝撃を少なくする
追突被害軽減自動ブレーキ車が前方の危険を感じると、自動でブレーキをかけてくれる
誤発進抑制制御ブレーキとアクセルを間違えて踏んだときにご発進しないようにする機能
ヒルスタートアシスト坂道で停止後、発進するときに車が後退することを防いでくれる

車にはこれだけの安全装備があります。しかし、すべての軽自動車にすべての安全性能が装備されていることはありません。

車種によって安全性能は異なるので、欲しい車に必要な装備が付いているかを確認する必要があります。

中古車などで、少し古い型式の軽自動車を買う場合には安全装備が古い場合も多いです。

販売店に確認して、自分の欲しい車の条件に合っているか相談するのがベストでしょう。

特に子どもがいる家庭では安全装備に十分注意したいところですね。

標準装備はSRSエアバッグぐらい

ハンドル部分に設置されいることが多いエアバッグ。

ほとんどが標準装備となっていますが、フロントのエアバッグ以外は車種によって異なります。

カーテン型のエアバッグで、側面からの衝突を和らげるタイプもあります。

自動ブレーキは”おまけ”と考えよう

また、危険を察知すると自動でブレーキを踏んでくれる「追突被害軽減自動ブレーキ」はタイプ別の装備、つまりメーカーのオプションとして付けることがほとんどです。

そして残念なことに軽自動車の自動ブレーキはまだまだ未完成です。歩行者を認識できなかったり、夜間は作動しないこともまだまだあります。

過度な期待はせず、安全運転を心がけることがなによりも大事なのが実情です。

軽自動車は効率重視で”ヤワ”にできている

軽自動車は燃費性能を高めるために、車体の骨格がかなりヤワに作られています。

車体が軽くなることは燃費にとって非常に重要なので仕方ありませんが、子どもを乗せたりすることを考えると少し不安な面も拭えません。

正面だけでなく、側面からの衝突にも弱いことがほとんどです。もし軽自動車に安全性を求めるのであれば、上記で説明した安全装備ができるだけ備わっている車を選ぶようにしましょう。

軽自動車は普通車よりも安全性が高い?

安全装備については、普通車との差がほとんどなくなってきています。

それだけではなく、そもそもの車の設計自体が昔にくらべて格段に良くなっているのが軽自動車です。

後部座席はまだまだ危険がいっぱい

とはいえ、毛自動車の安全性が万全かと言われれば、そんなことはありません。

その理由の1つが、後部座席の衝突に対する安全性です。

わかりやすくいえば、後ろに乗っている人が事故にあったときに安全に守られるかということ。

後部座席の安全性については「自動車生活総合研究所」のサイトででこのように語られています。

頭部ヘッドレストとテールゲート(ハイトワゴン系の場合はちょうどリアガラスの位置)のクリアランスが15cm程しかないものがほとんどでした。以前、普通車の3列シートの3列目の安全性を別の場で指摘したことがありましたが、それよりも危険であると感じます。

これはつまり、後部座席のシートを倒して(リクライニングして)利用することが危険であると説明しています。

軽自動車は普通自動車にくらべて、後ろの骨格が強くありません。
もし後ろの乗っている人が、運転中にリクライニングを利用していた場合は問題です。

後続車から追突されると、頭部をモロに損傷することになりかねません。

それはつまり、リクライニングの有無にかかわらず後ろからの衝突に軽自動車は強くないということでもあります。

衝突に対する安全性はこれからの課題

いかにして衝突を防ぐ仕組みをつくるかですが、相手からの衝突は自分では防ぎようがありません。

衝突に対しての、軽自動車の骨格はまだ安全とは言い切れない部分があるといえるでしょう。

あたらしい素材が使われたり、そもそも自動運転などの技術によって安全性が高まることに期待しましょう。

ホンダ「N BOX」の安全性能

ここでは軽自動車の中でも特に人気が高いホンダ「N BOX」を例にとって、その安全性能について紹介します。

自動ブレーキ(オプション)

NBOXの自動ブレーキ

出典:ホンダ

約30km以下で走行中に前方の車を衝突しそうになると、自動でブレーキをかけて衝突を回避・軽減してくれます。
渋滞中などに助かる機能ですが、あくまでも1つの補助として考えることが必要です。

坂道の後退を防ぐヒルスタートアシスト

坂道で発進をするときにコワイのが、ブレーキを離したときに後退することです。

後続車との車間距離があればいいのですが、詰まっているときは衝突しかねません。

そういった危険性を排除してくれるのが「ヒルスタートアシスト機能」です。
坂道で渋滞しているときなどに効果を発揮します。

側面からの衝突でも保護してくれる(オプション)

NBOXのサイドエアバッグ

車の事故は前方からだけではありません。
横から衝突されたときにも乗員の保護性能を高めてくれるのが「サイドカーテンエアバッグ」です。

ホンダ独自の「容量変化タイプ」のエアバッグで、開く速度や圧力に変化を加えることで乗員への衝撃を緩和します。

安全性能はオプションで高めよう

残念ながら軽自動車は標準では安全性能が高いとは言えません。

やはり多少のお金を払ってでも、オプションを装備することがオススメです。

特に、小さい子どもを乗せることが多いのであれば、安全性能にはこだわりたいところ。

軽自動車は安くて購入しやすいですが、安全性についてはきちんと理解した上で検討するようにしましょう。

もし軽自動車への買い替えを考えているのであれば、いま乗っている車を少しでも高く売って購入予算をアップさせましょう。

車が高く売れれば、安全装備を付けたり、車のグレードを上げることだって可能です。

そのために、下取りではなく無料のインターネット一括査定を活用しましょう。複数社の査定で、愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
軽自動車
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト