初心者におすすめ!維持費が安い軽自動車のスポーツカー3選

初心者におすすめ!維持費が安い軽自動車のスポーツカー3選 スポーツカー

トヨタ・86/スバル・BRZの発売以降、日本のスポーツカー市場は少しずつ活気が蘇っています。

今回は、スポーツカー初心者に向けて、維持費が安く気軽に運転を楽しめるスポーツカーを3車種紹介したいと思います。

普段は移動手段として、たまには峠や海岸線を流して楽しむ遊び道具として、魅力を感じていただければと思います。

ホンダ・S660は軽自動車で維持費が格安

S660

ホンダが製造する本格2シータースポーツカーであるS660は最近人気の軽スポーツです。

軽自動車なので税金やメンテナンス代に高いお金をかける必要はなく、車両価格もリーズナブル(軽自動車としては高いですが)なので、気軽に購入を検討できるスポーツカーです。

S660の特徴はエンジンを車体後方に搭載することで、高い運動性能を実現するミッドシップレイアウトを採用していること。

これにより、軽自動車でありながらスポーティーな運転をすることができます。

ホンダの軽自動車であるNシリーズに搭載されているモノと、同型エンジンに新開発のターボチャージャーを組み合わせることで、力強い走りを実現しています。

ミッドシップレイアウトならではの、全高を低く抑えた外観がカッコいいですね。

S660の魅力はそれだけではありません。

天気がいい日には、ルーフに設置されているロールトップを取り外すことで、S660はオープンカーへと変貌を遂げます。

屋根のない解放感は、オープンカーでしか味わうことができない格別な体験です。

ダイハツ・コペンは電動ハードトップ

ダイハツ・コペン

続いて紹介するのは、ダイハツが製造を行う軽スペシャリティカー、コペン。

こちらもS660と同じ人気を誇る軽スポーツです。

S660が本格的なスポーツカーだとすれば、コペンは気軽にドライブを楽しめるお手軽スポーツカーでしょう。

コペンもS660と同じように、オープンカーに変身することができます。

コペン独自の魅力は、電動ハードトップを採用していること。

S660は手動で屋根を取り外す必要がありますが、コペンはボタンひとつで簡単にカッコよく、屋根を電動オープンすることが可能です。

また、オープンカーとしての開放感もコペンの方が勝っています。

コペンには3種類のエクステリアが設定されています。

最もスポーティーな外観の”ローブ”、先代コペンをモチーフとしたキュートな外観の”セロ”、スポーツカーなのにクロスオーバーチックで、遊び心満載の”エクスプレイ”、この3種類の中から、好みの外観を選択することができるのです。

スポーツカーとしての楽しさはS660に一歩譲るかもしれません。

ただ、気軽さを重視する初心者にはコペンもオススメの軽スポーツカーです。

スズキ・アルトワークスは4人乗りのお手軽スポーツ

アルトワークス

ダイハツの対抗馬であるスズキが製造しているのは、アルトをベースに専用チューニングが施された軽スポーツカー、アルトワークス。

S660やコペンと異なるのは、スポーティーな専用ボディが設計されていないことです。

一見、アルトワークスはS660やコペンよりも、スポーツカーらしさがないように感じます。

しかし、アルトワークスはこれらの軽スポーツカーの中で、最も過激なドライビングを楽しむことができる本格軽スポーツカーなんです。

アルトワークスの最大の魅力はボディの軽さにあります。

同じ排気量、同じパワー(軽自動車は64馬力が上限値)の車の速さを決める要素はさまざまありますが、特に重要なのは車両重量です。

S660とコペンの車両重量は800kgを大幅に超えていて、軽自動車としては重いです。それに対し、アルトワークスの車両重量はなんと670kg。

これほどまでの車両重量の軽さを誇るアルトワークスが、遅いワケがありません。

アルトがベースなので、最大4名まで乗車することができますし、荷物もバッチリ載ります。

軽スポーツカーの中で最も過激で、最も実用性の高い車がアルトワークスなのです。

スポーツカーの乗り出し価格を抑えるために

S660、コペン、アルトワークスはすべて軽自動車です。

いくらスポーツカーだとはいっても軽自動車なので、初心者にも扱いやすいところが最大の魅力だと思います。

軽自動車なのに運転が楽しめて、維持費も安い。スポーツカー初心者が乗るなら、これほど最適なジャンルのスポーツカーは正直見当たりません。

軽スポーツカーの欠点をあえて挙げるのであれば、軽自動車の中では車両価格が高いことでしょうか。

最も安いアルトワークスでも150万円を超えますし、最も高いS660に至っては200万円弱と高価です。

オプション料金や税金などを加味した乗り出し価格は、200万円をはるかに超えてしまう恐れがあります。

「せっかく維持費が安いのに、乗り出し価格が高いと本末転倒ではないか」

そう感じる人もいるでしょう。

実は軽スポーツカーの乗り出し価格を抑える方法がひとつだけあるんです。

それは、現在所有している車を一括査定サービスを経由して買い取ってもらうこと。

一括査定サービスは複数の買取り業者がオークション形式で、査定額を競い合ってくれるので、その中で最も高い査定額を提示した買取り業者に車を買い取ってもらえばいいだけ。

ディーラーの下取りよりも、はるかに高い査定額で買い取ってくれるので、オススメのサービスです。

一括査定サービスの申し込みに料金は一切発生しないので、まずは騙されたと思って、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
スポーツカー軽自動車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト