軽自動車の頭金は20〜30%が目安!実際にいくら必要か計算してみた

新車の購入・買い替え

軽自動車を購入するとき、どれくらいの頭金が必要なのでしょうか?

軽自動車の価格は安いとはいえ、車種によっては200万円を超えることも少なくありません。

そのため、購入する前にできるだけ多くの頭金があったほうが、将来的な支払い負担を減らすことができます。

軽自動車を購入するときには、どれくらいの頭金が相場なのでしょうか?

軽自動車の頭金は最低でも20〜30%

新車の購入に必要な頭金はいくら?」でも解説していますが、軽自動車に必要な頭金の相場は20%〜30%と言われています。

ですから、仮に新車の本体価格が150万円の軽自動車であれば、頭金は30〜45万円ほどです。

多くの人がローンを組むことを考えると思いますが、やはり最低限の頭金は準備したほうがいいでしょう。

なぜなら、頭金をたくさん用意できればローンの審査に通りやすくなるからです。

普通車にくらべると軽自動車は価格が安いので借り入れ額は少なくて済みますが、それでも金額としては大きな借金です。

ですから、最初に大きなお金を用意したほうが借り入れる金額が減ります。

結果的に頭金が多いほうが、ローン会社としてもお金を安心して貸せるわけです。

少なくても購入金額の20〜30%を頭金として用意しておくと、軽自動車の購入はスムーズに進むでしょう。

また、借りるローンが少なければ毎月の返済額を減らすことができるのも大きなメリットです。

軽自動車とコンパクトカーはどっちがお得?価格と維持費を徹底比較!
軽自動車とコンパクトカーのどちらを選ぶかで悩んでいる人は、多いのではないでしょうか? そこで、今回は価格と維持費の観点から、軽自動車とコンパクトカーではどちらがお得なのかを徹底的に比較してみることにしました。 まずは軽自動車とコ...
頭金の目安はいくら?車の購入・買い替えで得する方法!
「車が欲しいけど、頭金が用意できそうにない…」 車の買い替えは人生の中でも大きなお金がかかるイベントです。 そのため、車の購入時には頭金を用意するのが一般的。 新しく車を買う人にとって、頭金にはどれくらいの金額が必要になるので...

頭金なしのフルローン推奨度は収入による

さきほど説明したように、頭金が必要なのはローン会社の審査が通りやすくなるからです。

つまり、最初にまとまった頭金を用意できたほうが、ローン会社としても審査を通しやすくなります。

ただし、収入が一定額を超えていれば頭金がなくても軽自動車を買うことはできます。

「この人の収入なら頭金なしでも大丈夫そうだな」と思われれば、ローン会社としても審査に通せるからです。

最近では頭金なしのフルローン(全額をローンで購入すること)も少しずつ増えてきました。

収入が多い人はもちろんですが、平均的な収入の人でも全額ローンで借りられるということです。

もちろん、フルローンを組むと、軽自動車とはいえ毎月の支払負担は増えますので注意が必要です。

車を買ったあとの生活が苦しくなる可能性があることを忘れないようにしましょう。

返済額の目安ですが、毎月の収入の20%を上限にしてください。たとえば月収手取り20万円の人なら、毎月の返済額は4万円までに留めるべきです。

月収の20%を超える返済額になってしまうと、生活が苦しくなります。

頭金がたくさんあれば、毎月の負担が軽くなる

軽自動車の購入には頭金が多いに越したことはありません。

その理由はさきほど説明したように「ローンの審査が通りやすくなる」ことにあります。

そしてもう1つ、頭金が多いことのメリットがあります。それは「毎月の返済負担が軽くなる」ということです。

頭金が多いということは、借金が少なくなるということですから、毎月の返済額も少なくなります。

さらに、利息も減るので「トータル」で支払う費用が大幅に減ることになるのです。

返済額が多いと、元本が減らずに利息だけを払うなんてことにもなりかねませんから、元本と利息の割合にも気をつけましょう。

頭金あり・なしでシミュレーションしてみよう

たとえば、200万円を36ヶ月(3年)返済の全額ローンを組んだとしましょう。

毎月の返済額は以下のとおりです。

  • 200万円÷36ヶ月
  • 月々55,555円

もし100万円の頭金が用意できれば、100万円のローンを36ヶ月で返済することになります。

毎月の返済額は100万円÷36ヶ月=月々27,777円の返済です。

ほかに利息もかかってくるので、本当の計算はもう少し複雑ですが、ザッと計算するだけでこれだけ負担が変わってきます。

頭金があると、軽自動車の毎月の支払い負担を減らせることがおわかりいただけると思います。

新車の購入に必要な頭金はどのくらい?いつ払う?頭金の目安を解説!
新車の購入には大きなお金が必要になります。特に、自動車ローンを組む場合には頭金を用意するのが一般的です。 現金一括払いで購入するのは魅力的ですが、それだけの金額を手元に用意するのはむずかしいですよね。 新車購入に必要な頭金の目安...

残価設定型クレジットという選択もアリ

頭金はあるに越したことはありませんが、もし満足のいく頭金を用意できないのであれば「残価設定型クレジット(残クレ)」を活用する方法もあります。

残クレとは、車両価格の50%だけを分割払いにしてローンを組むというものです。

車両価格の半分だけでローンを組むことになるので、毎月の支払い負担が軽減されます。

なぜ車両価格の半分の支払いで済むのでしょうか?それは、一定年数経過後に車を返却する必要があるからです(最終的にそのまま買い取ることも可能)。

通称「残クレ」とも呼ばれるこの仕組にはメリットもデメリットもあるので、よく確認が必要ですが、検討する価値は十分にあります。

軽自動車の頭金が用意できない人は、残クレという方法もあることを覚えておきましょう。

意外と知らない「残価設定型プラン」のメリットとデメリット
残価設定型プランを使えば、初期費用を安く抑えながら新車を買うことができます。しかし、残価設定型プランにはメリットだけでなく意外なデメリットがあることも知っておくべきです。

スズキの残価設定クレジットなら頭金なしでも購入できる

アルトスズキ

残価設定クレジットはメーカー各社が力を入れています。

頭金の相場を気にすることなく車を購入できるのは、利用者にとってもメリットがあります。

ここでは、軽自動車を購入するときに、多くの方が検討するであろうスズキの残クレ「かえるプラン」をご紹介します。
スズキの残価設定クレジット「かえるプラン」

出典:スズキ 残価設定クレジット「かえるプラン」

かえるプランは3年〜5年で支払い期間を決めることができます。

実質年率は3.9%と標準的ですが、頭金なしでも購入できるのは大きなメリットです。

頭金を用意できない人は軽自動車を諦めるしかない?

軽自動車

軽自動車があると生活が豊かになることはまちがいありません。

小回りが利くので、ちょっとした買い物にも便利ですし、低燃費なので長距離の旅行にも向いています。

頭金の相場は20〜30%ですが、さきほど説明したような「残クレ」を使えば頭金は不要で車が手に入ります。

しかし、毎月の負担は必ず発生することを忘れてはいけません。

軽自動車の購入で理想的なのは、いうまでもなく頭金を準備することです。

頭金を準備できれば残クレを利用することなく、通常の分割払いで軽自動車を手に入れることができます。

ですから、最初にすべきことは頭金を用意することに他なりません。

しかし、なかにはまとまったお金を用意するのがむずかしい人もいるはずです。そして、残クレを使うことに抵抗感があるひともいるでしょう。

そういった人は諦めるしかないのでしょうか?

軽自動車の頭金を用意するには3つの方法がある

  • ・親に借りる
  • ・貯金をする
  • ・いま乗っている車を売って頭金にする

親に頭金だけ借りられないか相談してみよう

もし近くに頼れる親がいるのであれば、軽自動車の頭金だけを借りられないか相談してみましょう。

軽自動車の代金丸々借りるのは金額的に厳しいでしょうが、20〜30%であれば貸してくれることもあるはずです。

親にお金を借りるときに注意したい3つのポイント
お金が必要だけど、親に借りることができない・借りたくないという人は少なくありません。そんなときなまずその出費が本当に必要なものかを冷静に考えてみましょう。必要なお金はどうやって用意するのがベストなのでしょうか?

いますぐ車を使うわけではないなら、貯金がベスト

当たり前のことですが、頭金は自分で貯めるのがベストです。

仕事や通学でいますぐ軽自動車が必要な人は別ですが、いますぐ使うわけではないならコツコツ貯金をしましょう。

手取り収入の10%を貯めることができれば、早ければ1年間で頭金を用意することも可能です。

いま乗っている車をディーラーに売却するのはNG

軽自動車の頭金を用意する

じつはもう1つ、軽自動車の頭金をお得に用意する方法があります。

それは、いま乗っている車を高く売却することです。

「いや、そんな当たり前のことを…」

と思われるかもしれませんが、じつは多くの人が誤解していることがあります。

車の買い替えでは多くの人が、ディーラーに下取りしてもらいます。しかし、残念ながら車の下取りは査定額が低くなるのが実情です。

なぜか?その理由は「1社のみの査定」で査定額が決まってしまうからです。

ディーラーにとってみれば、下取り額を高くする必要がありません。

なぜなら、1社のみの見積もりとなってしまうので、安い金額でもわからないからです。下取りでは愛車の最高額は決してわかりません。

なぜ安い?ディーラーの車買取価格が低い3つの理由
次の新車に乗り換えるときに、多くの人が痛感することになるのがディーラーの下取り(買取り)の安さです。 どれだけキレイに乗っていても、希望の査定額には到底届きません。なぜディーラーの買取りは、あれほどまでに安いのでしょうか。 今回...

一括査定を使えば、軽自動車の資金をかしこく貯められる

軽自動車

愛車の本当の最高額を知るためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、できるだけ多くの買取店に査定をしてもらうことです。

そこで活用したいのが一括査定です。

複数の買取店から、無料でカンタンに見積もりを出してもらうことができます。
 
もしいま車を乗っているのであれば、その車を高く売却することで頭金をつくることができますよね。

頭金をたくさん用意できれば、欲しい軽自動車のグレードを上げることも可能になります。

下取りに出すのも1つの方法ですが、より多くの頭金を手にしたいのであれば買取店での査定がおすすめです。

愛車がどれくらいの価格で売却できるか、だいたいの買取価格を知っているだけでも購入計画はグッと立てやすくなります。

まずは見積もりをとってもらうことから始めましょう。無料の出張査定もできるので、手間もかからずカンタンです。

軽自動車を買って、あなたはまずどこに出かけたいですか?

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え軽自動車
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト