軽自動車の購入にかかる費用はどれくらい?

軽自動車の購入費用 新車の購入・買い替え

軽自動車を購入するためには、どれくらいの費用が必要なのでしょうか?

燃費の安さや小回りの利くコンパクトさから、軽自動車が以前として高い人気です。
これから軽自動車を購入しようと考えている人に向けて、購入にかかる費用についてわかりやすく解説します。

軽自動車の購入に必要な費用はこれ

まず、軽自動車を購入するときに必要となる費用を項目ごとにチェックしましょう。
費用負担の大きいものから小さいものまでさまざまです。

どれも欠かせないものばかりですので、1つずつ理解しましょう。

  • ・車両本体価格
  • ・車にかかる税金
  • ・車の保険料
  • ・消費税
  • ・登録費用
  • ・車庫証明書の費用
  • ・納車費用
  • ・リサイクル料金

軽自動車の本体価格は平均でいくら?

まずはなんといっても軽自動車の車両本体価格です。

軽自動車は普通車にくらべると安いですが、それでも新車で購入すると100万円以上は超えてきます。

車種にもよりますが、スバルの「プレオ プラス」は76~131万円という価格帯です。

ホンダの「S660」は198~238万円と、軽自動車としては高めの価格設定になっています。

いわゆる変哲もない軽自動車の場合は値段が安めですが、デザインや内装がおしゃれな軽自動車の値段は高い傾向があります。

軽自動車の税金にかかる費用っていくら?

軽自動車がえらばれる最大の理由に、その税金の安さがあります。
自動車税は以下の3つに分かれています。

  • ・自動車税(軽自動車税)
  • ・自動車取得税
  • ・自動車重量税

軽自動車税は一律で10,800円です(2015年4月1日より)。1年に1回、必ず発生する税金のことで、毎年4月1日時点の所有者が支払わないといけません。

自動車取得税は車を購入するときにかかる費用のこと。【車両本体価格(税抜き)× 90% × 3%】で計算されます。

自動車重量税はその名のとおり、車の重量に応じて課される税金のことです。支払う金額はいくつかに分かれています。

  • ・軽自動車の場合
  • エコカー減免制度に適応していれば2,500円
  • ・適応なしのエコカーの場合
  • 5,000円が必要

あくまで1つの目安ですが、3つをまとめた金額は約2万円〜5万円ほどになります。

2年目以降は自動車取得税がかからないので、税金は安くなります。

軽自動車の保険にかかる費用はどれくらい?

軽自動車の保険にかかる費用

車には【自賠責保険】と【任意保険】の2つの自動車保険があります。→くわしくは「自賠責保険と任意保険、どっちが優先される?

自賠責保険の費用は節約できない

自賠責保険は軽自動車の場合、26,370円(24ヶ月契約の場合)です。

自賠責保険料は分割払いも可能で、クレジットカードやコンビニ払いに対応しています。

5年分をまとめて払うこともできるので、自分に合った支払い方法を選びましょう。

任意保険料は比較することで節約可能

任意保険は損害保険会社が提供している自動車保険のこと。

どんなプランの保険に加入するか、あるいは自分の等級がどれくらいかによって保険料は変わります。
軽自動車の場合、年間保険料は約6万円前後が平均。車両保険なしだと、約2万円ほど安くなります。

任意保険と自賠責保険のちがいについてしっかり理解しておきましょう。

登録費用ってなに?

軽自動車を購入すると、名義を自分名義に変更してもらう必要があります。
その登録を販売店にお願いするときにかかる(代行費用)のが登録費用です。

この登録費用には国に支払う印紙代も含まれます。
費用の相場は販売店によってことなりますが、おおむね1〜3万円ほどです。

車庫証明書は自分で手続きすべき?

車を所有するときには「どこに駐車するのか?」を証明しないといけません。
その証明書が「車庫証明書」です。

これも販売店が代わりに手続きをしてくれますが、そのときにかかる費用です。
代行料として約1万円前後が相場です。

この手続きは管轄の警察署でカンタンにできるので、時間に余裕がある人は自分で行うことをオススメします。

自分で取りに行けば納車費用はカットできる

これは文字通り、納車するときに販売店に支払う費用です。

自宅まで車を乗ってきてもらうときの代行費用で、自分で車を取り行けば支払う必要ありません。
販売店によってことなりますが、1万円前後が相場です。

リサイクル料金とは?

自動車リサイクル法によって決められたリサイクル料金を、車の購入時に支払う必要があります。

料金については、車種などによってことなるので、確認が必要です。

ちなみに、リサイクル料金は中古車として売却した場合には戻ってきます。

軽自動車の購入費用、総額でいくら?

軽自動車の購入費用総額

ここまで軽自動車の購入にかかる費用について1つずつ確認してきました。

あらためて、総額で費用がどれくらいかかるかについて計算してみましょう。

あくまでも1つの例ですので、みなさんの立場にあてはめて計算してみてください。

  • ・車両本体価格…120万円
  • ・車の税金…3万円
  • ・車の保険(車両保険あり)…5万円
  • ・登録費用…2万円
  • ・車庫証明書…1万円
  • ・納車費用…1万円
  • ・リサイクル料金…7,000円

これらの費用をすべて合計すると、1,377,000円となります。
ザックリとした計算ですが、ここに消費税が加わると1,445,850円です。

もし中古車であれば、すぐに車検がくる可能性もありますし、新車であれば3年後に車検代が必要になります。

軽自動車の購入費用を少しでも安くする方法とは?

軽自動車は安いイメージがありますが、トータルではけっこう費用がかかります。
ですから、できるだけ削れるところは削って、購入費用を節約するようにしましょう。

とくに自分で出来ること(車庫証明や納車)は自分でやって、費用を少しでも安くすることが肝心です。

また、いま乗っている車を買い替えるのであれば、少しでも高く売ることも重要です。
下取りはラクですが、買取店の方が高く売れる可能性はグッと高くなります。

軽自動車が手に入れば、安い維持費でいろんな場所にドライブができますよね。

少しでもお得に買い替えるためにも、できるだけ高く売ることをオススメします。

複数の見積もりを効率的に出すには、インターネットの無料一括査定が便利です。あなたの車の最高額がすぐに表示されますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え軽自動車
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト