残債もOK!ローンが残ってる車を買い替える3つの方法

ローンが残っている車を売るには

ローンが残っていても、あたらしく車を買い替えることはできるのでしょうか?
あるいは生活が苦しいので車を売却したい。そんなときはどうすればいいのでしょうか?

まだ支払いが終わっていないカーローンをきちんと返済するのが最善の方法ですが、それ以外にも方法はあります。
自分に合った方法を見つけて、車の買い替えや売却をスムーズに行いましょう。

車のローン残債の扱い方には3つの方法がある

  • 1. 残っているローンを一括で支払う
  • 2. 新しく別のローンを組む
  • 3. 新車を買ったローンに上乗せする

1. 残っているローンを一括で支払う

1つ目はシンプルかつ健全な方法です。
つまり、それまで組んでいたローンの残高をすべて一括で支払いをする方法です。

のちほど紹介するローンの上乗せや組み換えは、いずれも金利が膨れ上がる恐れがあります。
そのため、もしいま現金を用意できるのであれば買い替え前に残っているローンを返済するのが理想です。

手元に現金がない場合でも、あとで紹介する一括査定を活用すれば高い価格で車を売却できます。

売却したお金を一括返済の資金に充てることで、買い替え費用の負担を軽くすることも十分に可能です。

2. 新しく別のローンを組んで車を買う

2つ目は、いま残っている車のローンとは別に新しくローンを組む方法です。

この方法は現在のローン会社とは別の会社のローンを使うことになります。なぜなら、1人の人が複数のローンを組むことは想定されていないからです。

中には旦那さんが現在マイカーローンを借りている会社があり、そこに奥さんの車を買うためのローンを新しく組むことがあるかもしれません。

その場合には同じ会社でローンを借りられることがありますが、それは収入や返済状況とった審査によります。

いまの返済が残っているところに新しくローンを組むと、2倍以上に支払い負担が増えることがあります。
2本のローンで返済利息が膨れ上がる可能性もあるので、月々の支払いには注意が必要です。

3. 新車を買ったローンに上乗せする

3つ目は、いま残っている車のローンを新車のローンに上乗せする方法です。
まずは車の下取り・買取で手に入ったお金で今のローンを返済しますが、清算しきれなかった差額分を、新しいローンに上乗せするということです。

わかりやすくいえば、ローンを1本にまとめるという方法です(いわゆる「おまとめローン」)。

現在のローンを新しいローン会社にまとめて借り換えるため、残っている車のローンと新車のローンを別々で組むよりもシンプルで返済がわかりやすくなります。

しかし、これも2つ目の「新しく別のローンを組んで車を買う」方法と基本的には同じです。

金利や元金が増えるため、毎月の返済額が雪だるま式に増える恐れがあります。
マイカーローンを組む場合には、金利と返済計画をきちんと確認しましょう。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

ローン残債のある車は所有者に注意が必要

ローン残債は所有者に注意

車をローンで購入した場合、所有者がローン会社(信販会社やディーラー)になっていることがあります。
この所有者というのは、車検証で確認できます。必ずというわけではなく、ケースバイケースです。

所有者が他人名義(ここではローン会社)の場合、その車を勝手に売却することはできません。あなたがローンを組んでいても、車はあくまでも「人のモノ」だからです。

そのため、ローン残債のある車を売却するときには所有者を自分名義に変えないといけません。これを「所有権留保の解除」といいます。

むずかしく聞こますが、ローン会社に対して「所有権をわたし移してください」と要求することです。

この所有権留保の解除、じつはローンを完済していないと要求することができません。ローン残債がある状態で「所有権をこちらにください」とは言えないわけです。

ということは、ローンが残っている車は売却することができないのでしょうか?

そのときに出てくるのが、車の買取店です。

たとえば、いまのローン残債が50万円。車が30万円で売れれば、残債は20万円になります。

本来であれば、足りない分は一括払いすることになりますが、買取店のなかには支払えなかった残債分を月々の返済で支払うプランがあります。

かたちとしては買取店に所有者を移すことになります。

このような方法をとれば、所有者が買取店に移るのでローンが残っていても車を売却することができます。

買取店への売却はローン残債がある場合でも可能なケースがあるので、まずは査定を兼ねて相談してみましょう。

まずはいまの残債と車の買取相場をチェックしよう

残債と買取相場をチェック
やや難しい説明がつづきましたので、もう一度まとめましょう。
ローンが残っている車を買い替えるためにチェックすべきは以下の2つです。

  • ・いま未返済のローンはいくら残っているのか?
  • ・乗っている車はどれくらいで売却できるのか?

まずはローンの未返済がいくらなのか?をしっかりと把握しましょう。
そのうえで、いまの車がいくらで売却できるかがポイントになります。

ローンが残っていても、その車を売ってお金が手に入ればローンの支払いに充てることができます。
少しでも高く売ることができれば、ローンの負担が少なくて済みますよね。

車のローンがいくら残っていようと、いまの車を高く売るに越したことはありません。
できるだけ多くの買取業者に見積りを依頼して、ローンの返済費用に充てられるようにしたいところですね。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。