ロータスの全モデルのラインナップ紹介!おすすめの車種は?

ロータスの全モデルのラインナップ紹介.おすすめの車種は? ロータス(Lotus)

イギリスのロータス・カーズは、軽量で運動性能に優れたスポーツカーを生産するメーカーとして名高く、日本にも多くのファンが存在します。

今回は、ロータス全モデルのラインナップを紹介すると同時に、おすすめの車種をピックアップします。

ロータスのラインナップは、いずれ劣らぬ魅力を持った4車種

ロータスの現行モデルのラインナップ以下の4車種です。

  • 「エリーゼ」
  • 「エキシージ」
  • 「エヴォーラ」
  • 「3イレブン」

それでは、各モデルの詳細について解説していきましょう。

ロータスの代表作にしてライトウエイトスポーツカーのベンチマーク、「エリーゼ」

ロータス「エリーゼ」の値段と維持費はいくら?

グレードエンジン最高出力/最大トルク
(ps)/(kgm)
車両重量最高速度0-100km/h加速値段
エリーゼ1.6L直4DOHC NA136/16.3841kg 204km/h6.5秒496.8万円
エリーゼ スポーツⅠ1.6L直4DOHC NA136/16.3866kg204km/h520万円
エリーゼ スポーツⅡ1.6L直4DOHC NA136/16.3 856kg204km/h6.5秒550.8万円
エリーゼ スプリント1.6L直4DOHC NA136/16.3 830kg204km/h6.2秒626.4万円
エリーゼ S1.8L直4DOHC
スーパーチャージド
220/25.4 905kg234km/h630万円
エリーゼ スポーツ220Ⅰ1.8L直4DOHC
スーパーチャージド
220/25.4 914kg234km/h650万円
エリーゼ スポーツ220Ⅱ1.8L直4DOHC
スーパーチャージド
220/25.4904 kg233km/h4.6秒669.6万円
エリーゼ スプリント2201.8L直4DOHC
スーパーチャージド
220/25.4878kg233km/h4.5秒775.2万円

ロータスを代表する車種が、「エリーゼ」です。

ロータスとしては安価であることなどから、デビュー当初から高い人気を保っています。

同時に、優れたトータルバランスによりライトウエイトスポーツカーの代表的な存在ともなっています。

車体構造は、軽量・高剛性なアルミモノコックシャシーとFRP製ボディの組み合わせで、車両重量をライバル車よりもはるかに軽い800~900kg台に抑えているのが特徴です。

ボディタイプはタルガトップ風のロードスターで、着脱式のソフトトップが備わります。

ボディサイズは以下のとおりです。

  • 全長3,800mm
  • 全幅1,720mm
  • 全高1,130mm
  • ホイールベース2,300mm
  • 乗車定員は2名

駆動方式は、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)方式を採用しています。

エンジンはトヨタ製で、グレードによって搭載するエンジンがことなります。

  • 「エリーゼ」
  • 「エリーゼ スポーツⅠ」
  • 「エリーゼ スポーツⅡ」
  • 「エリーゼ スプリント」
  • → 1.6L直4DOHC NA(最高出力136ps/最大トルク16.3kgm)
  • 「エリーゼ S」
  • 「エリーゼ スポーツ220Ⅰ」
  • 「エリーゼ スポーツ220Ⅱ」
  • 「エリーゼ スプリント220」
  • → 1.8L直4DOHCスーパーチャージド(最高出力220ps/最大トルク25.4kgm)

組み合わせられるトランスミッションは、全車6速MTです。

サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式で、ブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク式が装備されます。

ステアリングはラック&ピニオン式で、パワーアシストは備わりません。

安全装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグシステムやABS、ESP(車両安定化制御装置)が標準装備されます。

グレードと価格は、以下のとおりです。なお、全車右ハンドル仕様となっています。

  • ・エリーゼ 496万8,000円
  • ・エリーゼ スポーツⅠ 520万円
  • ・エリーゼ スポーツⅡ 550万8,000円
  • ・エリーゼ スプリント 626万4,000円
  • ・エリーゼ S 630万円
  • ・エリーゼ スポーツ220Ⅰ 650万円
  • ・エリーゼ スポーツ220Ⅱ 669万6,000円
  • ・エリーゼ スプリント220 775万2,000円

エリーゼをベースとした高性能モデル、「エキシージ」

エキシージ

エリーゼをベースに高性能化を図った車種が、「エキシージ」です。

ボディサイズは全長4,080mm×全幅1,800mm×全高1,130mmと、全高をのぞきエリーゼよりも一回り拡大されています。

同時に、ホイールベースも70mm延長され2,370mmとなるほか、前後トレッドの拡大も図られています。

こうした寸法の変更にともない、車両重量も1,100kg台に増加しているものの、十分ライトウエイトスポーツカーのカテゴリーに収まるものです。

ボディタイプは、エリーゼと同じロードスターのほか、クローズドボディのクーペも用意されるのがエキシージの特徴です。

駆動方式はMRを踏襲し、エンジンはエリーゼの1.6/1.8L直4DOHCに代わり、同じくトヨタ製の3.5L V6DOHCにハロップ製スーパーチャージャーを装備したものが搭載されます。

チューニングの異なる2種類があります。スペックは「350」シリーズ用が最高出力350ps/最大トルク40.8kgm、高性能版の「380」シリーズ用が最高出力380ps/最大トルク41.8kgmとなっています。

また、トランスミッションは6速MTのほかに、6速トルクコンバーター式ATが用意されるのもエリーゼとの相違点です。

そのほか、4輪ダブルウィッシュボーン式のサスペンションや4輪ベンチレーテッドディスク式のブレーキは、エキシージ専用品が採用されています。

ステアリングにパワーアシストが備わらない点は、エリーゼと共通です。

グレードと価格は、以下のとおりです。なお、全車右ハンドル仕様となっています。

  • ・スポーツ350 MT仕様 972万円
  • ・スポーツ350 AT仕様 1,022万7,600円
  • ・スポーツ350ロードスター MT仕様 972万円
  • ・スポーツ350ロードスター AT仕様 1,022万7,600円
  • ・スポーツ380 MT仕様 1,132万2,000円
  • ・スポーツ380 AT仕様 1,173万9,600円
  • ・スポーツ380ロードスター MT仕様 1,132万2,000円
  • ・スポーツ380ロードスター AT仕様 1,173万9,600円
  • ・カップ380 MT仕様 1,366万2,000円

走行性能だけでなく快適性や豪華さも追及した、「エヴォーラ」

エヴォーラ

走行性能を最優先してムダをそぎ落としたエリーゼやエキシージに対し、走行性能とともに快適性や豪華さも追及した車種が「エヴォーラ」です。

ボディサイズは全長4,390mm×全幅1,850mm×全高1,240mmで、エリーゼよりもふたまわりほど大きくなっています。

また、ホイールベースも275mm長い2,575mmに設定されています。

その一方で車両重量は1,300kg台まで増加し、ライトウエイトスポーツカーというよりも、グランツーリスモ的な性格が強くなっているのが特徴です。

ボディタイプはロードスターの設定はなく、クローズドボディのクーペのみとなっています。

駆動方式はエリーゼやエキシージと同じMRで、搭載されるエンジンは基本的にエキシージと共通の、トヨタ製3.5L V6DOHCスーパーチャージド仕様です。

エンジンの仕様は3種類あり、「400」用が最高出力406ps/最大トルク41.8kgm、「スポーツ410」用が最高出力416ps/最大トルク42.8kgm、「GT430」用が最高出力436ps/最大トルク44.8kgmとなっています。

いずれも、エキシージに搭載されるものと比べアウトプットの強化が図られています。

トランスミッションは、エキシージと同じように6速MTと6速トルクコンバーター式ATを選ぶことが可能です。

サスペンション形式は、エリーゼやエキシージと同じ4輪ダブルウィッシュボーン式で、ブレーキも同じく4輪ベンチレーテッドディスク式が装備されます。

グレードと価格は、以下のとおりです。なお、全車右ハンドル仕様となっています。

  • ・400 MT仕様 1,258万2,000円
  • ・400 AT仕様 1,308万9,600円
  • ・スポーツ410 MT仕様 1,344万6,000円
  • ・スポーツ410 AT仕様 1,395万3,600円
  • ・GT430 MT仕様 1,944万円

全世界311台限定販売のレーシーなモデル、「3イレブン」

3イレブン

全世界311台限定でリリースされるレーシーな車種が、「3イレブン」です。

屋根やドア、そして一切のウインドシールドを持たないスパルタンな2シーターボディが特徴で、車両重量は890~925kgと軽量です。

ボディサイズは全長4,120mm×全幅1,855mm×全高1,201mmで、ホイールベースはエキシージと共通の2,370mmに設定されています。

駆動方式はMRで、エンジンはエキシージやエヴォーラと同じトヨタ製3.5L V6DOHCスーパーチャージドが搭載されます。

ロードバージョンとレースバージョンが用意されています。

エンジンのスペックはロードバージョンが最高出力416ps/最大トルク41.8kgm、レースバージョンが最高出力466ps/最大トルク53.5kgmです。

トランスミッションは、ロードバージョンには6速MTが、レースバージョンには6速シーケンシャル式2ペダルMTが組み合わせられます。

サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式、ブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク式で、ステアリングはパワーアシストなしのラック&ピニオン式です。

また、SRSデュアルエアバッグやESPなどの安全装備や、エアコンやカーオーディオなどの快適装備は省略されています。

レースバージョンには、専用エアロパーツやFIA承認の6点シートベルト付きドライバーズシートが標準装備されます。

グレードと価格は、以下のとおりです。いずれも右ハンドル仕様です。

  • ・ロードバージョン 1,495万8,000円
  • ・レースバージョン 2,025万円

ロータスでおすすめの車種は「エリーゼ」と「エヴォーラ・400」

紹介してきたロータスの各モデルの中で、おすすめの車種は次の2台です。

「エリーゼ」(ベーシックグレード)

エリーゼの中でも、もっともベーシックなグレード「エリーゼ」は幅広い層におすすめできます。

ベーシックなエリーゼに搭載されるエンジンは1.6L NAなので、決してパワフルではなく、装備も最小限です。

しかし、ライトウエイトスポーツカーの「標準原器」ともいえる、原始的な魅力にあふれています。

6速MTを駆使して限られたパワーを目いっぱい引き出しながら、ワインディングロードをみずすましのように駆けぬける楽しみは格別です。

また、エンジンがパワフルではないといっても、車両重量が軽いのでスポーツカーの名に恥じない加速性能を持っています。

値段もロータスの車種の中で唯一500万円を切っているため、買いやすいのも魅力のひとつです。

「エヴォーラ・400」(6速MT仕様)

エリーゼは魅力的な車種ですが、快適性はあまり高くないので、ロングドライブには向きません。

もし、曲がりくねった道やサーキット走行を楽しむだけでなく、高速道路を利用してのロングドライブも楽しみたい場合は、兄貴分のエヴォーラがおすすめです。

グレードのチョイスは4人乗りの「400」、トランスミッションは6速MTがよいでしょう。

2人乗りの「スポーツ410」や「GT410」を選ばなかったのは、いざという時に後席に人が乗せられるかどうかで、実用性が大きく違ってくるからです。

また、6速MT仕様を選んだのは、6速AT仕様はいまどきのATとしては段数が少ないうえ変速レスポンスもいまいちで、エヴォーラの魅力を損ねてしまうからです。

ロータスの車種は、いずれもエンジンの信頼性の高さが魅力

ロータスの全車種の紹介に続き、おすすめの車種をピックアップしました。すべてのロータス車に共通する魅力として、エンジンの信頼性の高さがあげられます。

かつてのロータス車は、ローバー製などのエンジンを搭載していたので信頼性に不安がありましたが、トヨタ製ならまず故障の心配はありません。

また、輸入スポーツカーとしてはそれほど維持費が高くないのも、ロータスの魅力です。

さて、もしロータスに興味を持ち、いま乗っている車をロータスの車種に買い替えたいと思ったら、車の一括査定をおすすめします。

車の無料一括査定は、自宅にいながらにして一番高い査定値を付けてくれる販売店が見つかるので、時間と手間を大幅に短縮できます。

まずは愛車がいくらになるかチェックし、ロータスの購入に向けて計画を立てていきましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
ロータス(Lotus)
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト