これはお得!低燃費の車に買い替える3つのメリットとは?

低燃費車の買い替えメリット 車の売却

エコカー減税やエコカー補助金、さらには環境意識の高まりもあって、いまや低燃費の車が主流となっています。

新車販売台数ランキングではプリウスやアクア、フィットなどの低燃費自動車が上位にランクインし、その勢いはとどまるところを知りません。

「車の買い替えを考えているけど、燃費の良い車ってどんなメリットがあるの?」

そんな疑問をお持ちの方に、低燃費の車に買い替える3つのメリットをわかりやすく解説します。
ハイブリッド、電気自動車などそれぞれの特徴についても見てみましょう。

最大のメリットは低燃費車によって維持費がグッと安くなること

まず最大のメリットは何といっても燃料代の節約につながるところです。
ハイブリッドカーやクリーンディーゼル車はとにかく燃費が良く、一昔前では考えられない低燃費です。

低燃費車の満タンでどれくらいの距離走れるのか?

さきほども例に挙げたトヨタのアクアを例にとって説明してみましょう。
アクアの燃費はリッター37km。ガソリンを満タンに入れた場合を50リットルとすると、

37km × 50L(満タン) = 1850km

ガソリンを一回満タンにするだけで1850kmも走れてしまいます。
数字だけ見てもイメージが湧きにくいかもしれませんが、1850kmは北海道から大阪までは余裕で走れる計算です。

低燃費な車はガソリン代も当然安くなる

おおまかにレギュラーガソリン代を150円とすると、

150円 × 50L(満タン) = 7500円

無論、レギュラーガソリンはもっと安い価格のときもありますから、もっと安くなる場合もあります。
たったこれだけのコストで長距離移動が出来てしまうわけですから、燃費の良さは圧倒的です。

標準的な車の燃費性能をリッター15kmとすると、どうでしょうか。

15km × 50L = 750km

走れる距離だけ見ても一目瞭然ですよね。

本体価格も安く、燃費も安い。お得が買える時代になった

低燃費車がお得な理由は、なにもガソリンという燃料費に限った話ではありません。

最初にも説明しましたが、プリウスをはじめとするハイブリッド車は電気とガソリンを上手く組み合わせたエネルギーを動力源とします。

ハイブリッド車が出たばかりのころは車体価格も高く、性能もまずまずだったのは事実です。

しかし、時代は大きく変わりました。ハイブリッド車や電気自動車でもリーズナブルな価格で手が届くようになり、さらには非常に長い距離を走ることができる燃費性能を兼ね備えています。

ガソリン代が高騰しても、気にせず車を楽しむことが可能です。これは車好き、ドライブ好きのみならずどの家庭にとっても嬉しいことですよね。

いまはハイブリッド車の価格がだいぶ下がってきているので、新車でも100万円代で購入することができます。

さらにいえば、中古車であれば100万円を切る値段でハイブリッドカーを手に入れることが可能な時代になりました。
車の買い替えで予算が少なくても、いまの愛車を高く売るなどして資金を容易すれば十分に手が届く価格ですね。

まずは愛車の最高額をチェックしてみる

プラグインハイブリッドなら電気だけで走行可能

プリウスPHV

最近ではハイブリッド車から一歩技術が進み、プラグインハイブリット車も普及し始めています。

プラグインハイブリッドとは簡単に言うと、ハイブリッド車とガソリン車のいいとこ取りをした車のこと。

つまり、プラグインハイブリッド自動車なら電気さえあれば車を動かすことができるわけです。

外部から電気を充電すれば、電気エネルギーのみで振動や騒音なしで車を走らせることができます。

プリウスPHVは電気だけで60km走れる

たとえば、プリウスのPHV(プラグインハイブリッド)はガソリンがなくても電気自動車として約60km走ることが可能

一見すると、たった60km?!と思われるかもしれません。
しかし、国土交通省の調べによれば日本人の1日あたりの乗車距離は平均20km程度と算出されています。

つまり、60kmの走行距離があれば、1日走るには十分に事足りる計算になります。

もちろん、それ以上走る場合であっても、電力が不足すれば自動でハイブリッドモードに切り替わるのでバッテリーの残量を気にすることなく運転することができます。

トヨタがプリウスPHVを使って個人ユーザーの検証実験をおこなったところ、乗る人の環境によっては燃費がリッターあたり249kmという結果になりました。凄まじい数字です。

これは1日に何度も充電をすることで、運転に占めるEV(電気自動車)の割合が94%に達したことが要因。

つまり、使い方次第では燃費をこの上なく少なくすることが可能だということです。

ついに太陽電池を搭載したプリウスPHV

新型プリウスは世界ではじめてソーラーバッテリーを搭載しました。
これにより、太陽光さえあればどこにいても、何をしていても勝手に充電ができるようになります。

ルーフトップに取り付けられたソーラーパネルが、愛車のエネルギーを生み出します。

自然エネルギーに任せる時代をプリウスPHVは体現していると言えるでしょう。

買い替えたい低燃費車は決まっていますか?

ここまで、低燃費の車に乗り換えるメリットをご紹介してきました。

デメリットはないのか?と気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ハッキリ言ってハイブリッドカーのデメリットは見当たりません。
強いて言うなら、街でよく見かけるので他の人と車がかぶるくらいでしょうか。

たとえばプリウスの例をあげればよくわかりますが、これでもかというほどに数多のプリウスが街を走っています。
こういった理由から、低燃費の最先端を行く車は「誰もが乗っている車」になるのでデメリットと言えるかもしれません。

低燃費車といはいえ、費用対効果がイマイチなのでは?

低燃費車が登場したばかりのころは性能がいまひとつと言われることも多かったため、費用対効果が見合わないと意見する声もよく聞かれました。

しかし、これまで説明したように低燃費車の性能向上は凄まじいものがあります。
燃料代が安くなるのは当然ながら、車両本体価格も非常にリーズナブルになってきています。

もはや燃費の悪い車を長く乗ることはムダな維持費がかかるだけで、自分から損をしにいっているようなものです。

低燃費車をお得に買い替えるコツとは?

トヨタのプリウス、ホンダのフィット、日産のリーフなど、メーカー各社ともに燃費がお得な良い車が揃っています。

それぞれ価格帯があり、値段はピンからキリまで。
さらに車の買い替えには本体代金だけでなく、手続きなどにも諸費用がかかります。

お目当ての車が決まったら、まずは資金計画のためにもいまの車の処分方法についても考え始めましょう。

あなたはいま乗っている車の査定額がどれくらいになるか知っていますか?
いまの車のがいくらになるか?概算価格を知っておけば、買い替え計画がより具体的なものになります。

愛車を高く売れれば、買い替えにかかる費用をグッと抑えることもできますよね。

まずはインターネットの無料一括査定を活用して、見積りを出してみましょう。
その場で買取額がわかるうえ、複数の買取店から査定してもらえるので車を高く売るチャンスが広がります。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト