自動車保険の「主な運転者」で注意すべきポイントとは?

自動車保険の主な運転者 自動車保険の基礎知識

車の保険契約は、主な運転者によって保険料が大きく変わってきます。

自動車保険の契約をするときにはさまざまな項目があります。
そのなかで注意が必要なのが「主な運転者」です。

これは自動車保険特有の項目で、これをしっかりと理解しておかないと、万が一のときに保険金を受け取れない場合があります。

ここでは「主な運転者」をしっかりと理解しておきましょう。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /

そもそも「主な運転者」とは?

自動車保険の契約をするときには「契約者」と「被保険者」を決める必要があります。

自分1人だけが車を運転する場合には契約者と被保険者は自分のみになります。

しかし、たとえば親が保険料を支払って、その車を子どもが運転することがありますね。

その場合には親が自動車保険の「契約者」となり、子どもが「被保険者」となります。

つまり、車を主に運転する人を「被保険者=主な運転者」として決める必要があるのです。

このあとくわしく説明しますが、保険の補償範囲などはすべて「主な運転者」を基準にして決まります。

補償が受けられるかは「主な運転者」を基準に決まる!

保険の契約時に聞かれる「主な運転者」は「被保険者」と同じ意味と考えて下さい。

この「被保険者」は車の補償を受けられる範囲を決めるときに重要になります。
まず、主な運転者というのが補償を受けられる中心となる人です。

一般的な4人家族であれば、多くは父親が主な運転者となることでしょう。

主な運転者によって、保険料が大きく変わることも

自動車保険にはいくつもの特約があります。
そのなかで、保険料を安くするための特約があるのをご存知でしょうか。

それがいわゆる「限定特約」です。
「限定特約」は車を運転する人の範囲を限定することで、保険料を安くするための特約のこと。

たとえば以下のような限定特約があります。

  • ・本人限定特約
  • ・家族限定特約
  • ・夫婦限定特約

本人限定特約とは?

本人限定特約は、被保険者(主な運転者)のみが補償される特約。
保険会社によって「運転者限定特約」など名称がちがいますが、同じ特約です。

車を運転する人を1人だけに限定することで、保険料を安くする仕組みです。

つまり被保険者以外の人が事故を起こしても、補償を受けられません。

補償されるのが1名(主な運転者)だけなので、保険料が最も安くなります。

家族限定特約とは?

家族限定特約は、主な運転者の家族を保険の対象にする特約です。

ここで注意が必要なのが、主な運転者と契約者の関係性と補償の範囲です。
家族限定特約は、家族という文字が入っていますが補償される範囲には条件があります。

たとえば、以下のようなケースでは注意しましょう。

  • ・契約者→親
  • ・主な運転者→結婚して別居している娘
  • ⇒親は補償されない

この場合、もし親も車を使っているなら「家族限定特約」をはずさないといけません。
なぜなら、娘と同居していない親が車を運転して事故を起こしても補償が受けられないからです。

このように、主な運転者と限定特約は注意しないと、万が一のときに補償されないことがあります。

主な運転者の家族だからといって、誰もが補償されるわけではありません。
結婚などによって世帯に変化があった場合には、その都度保険を見直しましょう。

そうしないと、いざ事故が起きたときに補償が受けられないことがあります。

夫婦限定特約とは?

補償の対象を「夫婦に限定する」特約です。

たとえば、親が契約者、主な運転者(被保険者)が息子。その保険に夫婦限定特約をつけたとします。

その場合、息子夫婦は事故を起こしても補償されますが、契約者である親は補償されません。

なぜなら、主な運転者である息子の「夫婦限定特約」がついているからです。

つまり、主な運転者(被保険者)を息子にして、なおかつ両親も補償されるようにしたいなら、「夫婦限定特約」をハズシましょう。

少しわかりづらいですが、保険料が安くなるからといって限定特約をむやみにつけると補償が受けられなくなる可能性があるので注意が必要です。

主な運転者が変更になったときはどうする?

もし車を引き継ぐなどして、主な運転者に変更が生じた場合はどうすればいいのでしょうか?

まず最初に必要なのは、保険会社に連絡をして主な運転者を変更する手続きをとることです。

たとえば、親から子どもへ車を譲ったのに、主な運転者が親のままだと補償が受けられないケースがあります。

それでは保険料を払っている意味がありませんから、必ず主な運転者の変更手続きは行って下さい。

また、車を引き継ぐタイミングで自動車保険を見直す人もたくさんいます。なぜなら、保険料が安くなる可能性が大だからです。

自動車保険は契約期間の途中でも乗り換えができます

主な運転者と契約者にも十分注意を!

自動車保険は仕組みが細かいので、注意しないと保険金が受け取れないことがあります。

とくに、今回のような「契約者」と「主な運転者」を理解していない人は非常に多いのが現状です。

保険会社によって保険金がもらえる範囲がことなることもあります。
できるだけ複数の保険会社をくらべて、自分に合った自動車保険を選択しましょう。

保険の見直しは早めにしておくことをオススメします。まずは気軽に見積もりをとってみましょう。

▶ 1番安い自動車保険を調べてみる

僕の保険料が3万円以上も安くなった理由

僕が保険の一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /


保険見積りの参加保険会社

無料一括見積もりはコチラ

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

自動車保険の基礎知識
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト