新車購入は3月と9月を狙え!新車の値引き額を最大にする方法

新車購入は3月と9月を狙え!新車の値引き額を最大にする方法

誰もが車を安く買いたいと考えていますが、それはちょっとした工夫で実現することができます。

特に新車は中古車よりも費用負担が大きいですから、できるだけ値引き額を大きくしたいところ。

そのためには、新車のディーラーが安く販売してくれる時期を狙うのが一番。その時期とはズバリ、3月と9月です。

なぜ3月と9月は新車の値引き額が大きくなるのでしょうか?その理由について解説します。

3月と9月に新車が安くなる理由とは?

どんな商品にも、よく売れる時期や季節というものがあります。

カニであれば年末やお正月シーズンですし、傘は梅雨時期によく売れます。

それと同じような感覚で、車は3月と9月によく売れます。

つまり、新車の値引きが大きくなる理由は単純に車がよく売れる時期だから、ということわけです。

では、なぜ3月と9月に車がよく売れるのでしょうか?理由は大きく分けて2つあります。

  • ・人事異動や転勤の時期だから
  • ・車が安くなる時期だとみんな知っているから
  • (決算期)

人事異動や転勤、昇給の時期だから車がよく売れる

まず1つ目の理由は「人事異動や転勤の時期」だからです。

人事異動で勤務地が変わると生活スタイルも変わることが多いですが、それに合わせて車を買い替える人がたくさんいます。
たとえば、都心から地方への転勤が決まったら、車が不可欠になるので買う人が増えますよね。

また、昇給によって収入に余裕が生まれる人も多いタイミングなので、それに合わせて車を買う人もたくさんいます。

このように、人の流れを見ると3月と9月に車が売れる理由がよくわかります。

決算期で車が安くなる時期だとみんな知っているから

2つ目の理由は、3月と9月に新車が安くなることをみんな知っているからです。

なぜそんなことがわかるかといえば、3月と9月は多くのディーラーが決算期で、実績を上げなければいけないから。

まだ数字目標を達成していない営業マンは、3月と9月中に意地でも売り上げを立てなければいけません。それはお店全体でも同じことが言えます。

こうした事情を多くの人が知っている(= 車の値引き額が大きくなる)ので、必然的に車がたくさん売れるようになります。

つまり、この流れにのって新車を安く買わないのはもったいないわけです。

合わせ技を使うと、さらに値引き額は大きくなる

3月と9月に新車の値引きが大きくなるわけですから、基本的に誰が車を買ってもある程度は安く購入できます。

しかし、それで満足するのはもったいない。なぜなら、合わせ技を使うとさらに値引き額をアップさせることができるからです。

その方法は以下の3つです。

  • ・競合車種を担当者に伝える
  • ・最後はオプションで実質値引きを狙う
  • ・下取りで値引き額拡大を図る

競合車種を担当者に伝える

ディーラーでの値引き交渉における基本中の基本ですが、効果が高い方法です。

たとえば、トヨタ・アクアが欲しいとしましょう。そのライバル車には、日産・ノートがありますね。この2車種を競合させるわけです。

トヨタのディーラーにはアクアが欲しいことを伝え、同時に「日産のノートも良いかなと思ってるんです」と伝えましょう。

トヨタのディーラーからすれば、日産ノートにお客さんを持っていかれる訳にはいきませんから、頑張って値引きをしてきます。

非常にシンプルでわかりやすい方法ですが、誰にでもできて効果が高い値引き方法です。

最後はオプションで実質値引きを狙う

値引き交渉が進むにつれて、少しずつ値引き幅の全体像が見えてくると思います。

そこでまだ値引き幅に満足できないのであれば、オプションを付けてもらうことで”実質値引き”を狙いましょう。

新車の場合、オプションを付けることで車の価値は大きくアップしますから、付けられるオプションは付けておくべきです。

たとえば、オプションには以下のようなものがあります(メーカーや車種によって異なります)。

  • ・セーフティモニター
  • ・後席ディスプレイ
  • ・ドライブレコーダー
  • ・ETC車載器
  • ・エアロパーツセット
  • ・ドアミラーカバー
  • ・LEDイルミネーション

下取りで値引き額拡大を図る

車を買い替えるのであれば、いま乗っている車を最大限高く売ることを考えるべきです。

もし新車ディーラーで下取りをしてもらうのであれば、下取り価格が高くなるように交渉しましょう。

そのとき、単純に高く下取りして欲しいと伝えても効果は低いですから、ここでも競合車種(他社ディーラー)の下取り額を提示するなどして、交渉をする必要があります。

ただし、ディーラーの下取り額はあまり期待できないのも事実です。

ダメ押し!新車の値引き額をさらに大きくする方法

新車の値引き額を最大限に引き出したあとは、やはり自分の愛車を高く売ることにこだわりたいところ。

ディーラーに下取りをする人が多いですが、下取り額は正直期待できません。なぜなら、1社に見積もりをしてもらっただけでは最高額がわからないからです。

そもそも、ディーラーとしても下取り額を高くする理由がありません。

ですから、下取りだけではなく、車買取店に査定してもらうことも忘れずに行いましょう。

そうすれば車買取店の査定額とディーラーの査定額が明確にわかるので、どちらか高いほうに売ればいいのです。

そのとき、車買取店を1軒1軒まわるのは非効率ですから、インターネットの無料一括査定を活用して愛車の査定額をチェックしましょう。

新車の値引き額が大きくなって、愛車が最高額で売れれば、かなりお得に車を買い替えることができますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。