Gクラスの価格と値引き額はいくら?エンジン、内装、安全性などGクラスの良いところ【まとめ】

4.0
Gクラスの価格と値引き額はいくら?エンジン、内装、安全性などGクラスの良いところ【まとめ】 メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)

こんにちは、アユムです。

車好きが一度は憧れる車に、メルセデス・ベンツGクラスがあります。

初代モデルが1987年に発表されてから、デザインをほとんど変えることなく進化を続けています。

その直線的なデザインはほかのSUV車には見られない大きな特徴ですね。

さて、メルセデス・ベンツG−Classの価格や燃費性能、そして値引き額はどれくらいなのでしょうか?

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

Gクラスの価格帯は年々上昇している

G−Classの価格とグレードは以下のとおりです。

  • ・G 350 ¥11,920,000〜
  • ・G 550 ¥16,230,000〜
  • ・Mercedes-AMG G 63 ¥21,140,000〜

G-Classは約1000〜2000万円超というかなり広い価格帯となっています。

モデルチェンジを経るごとに価格が上がっていますが、そのぶん自動運転技術や内装がグレードアップしているため、仕方ないところではあります。

ここで紹介した価格はあくまでもベースの値段に過ぎません。実質的にはオプションなどを装備することになるので、もう少し予算は多めに用意しておくべきでしょう。

Gクラスのエンジン性能はなかなかの怪物級

 G 350 dG 550Mercedes-AMG G 63
エンジンDOHC 直列6気筒 ターボチャージャー付DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付
総排気量2,924cc3,982cc3,982cc
走行燃費 WLTCモード9.9km/l7.9km/l6.6km/l
最高出力210kW(286PS)310kW(422PS)430kW(585PS)

車の良し悪しを大きく分けるエンジンですが、Gクラスはさすがのエンジン性能です。

まず一番安いグレードのG 350 dですら、6気筒のエンジンを積んでおりかなりパワフルです。

最上位グレードの「Mercedes-AMG G 63」にいたってV型8気筒ツインターボチャージャー付で最高出力は430kW(585PS)にまで至ります。

以前は6.0LのV12ツインターボエンジンが搭載されたモデルもあったのですが、モデルチェンジでラインアップからは消滅しました。とはいえ、現行モデルでも十分「怪物」と呼べるレベルです。

ただし、車体重量が2.6tもあるので「重い車体をパワフルエンジンで無理に動かす」といった印象は拭えません。

よほど険しい環境でない限りこれほどの性能を持ったエンジンは不要なので、基本的には「G 350 d」で十分かなと思います。

車を買うときに一番下のグレードを買うことに抵抗がある人は少なくありません。

たしかに、価格の安い国産車などはグレードによってかなり差が生まれますが、G-Classの最下位グレードG 350 dについては申し分ない水準に達しています。

Gクラスの内装は高級車を凌駕する

Gクラスのインパネと内装

GクラスはSUVなので、内装はイマイチ…というイメージを持つ人も多いですが、それは大きな誤解です。

写真を見てもらえばわかるとおり、内装は非常に高級感があります。

メルセデス・ベンツの新型ラインナップはすべて大型ディスプレイを採用しており、Gクラスも例外ではありません。

操作性と先進性を備えつつ、シートには本革を採用し、乗る人に高揚感を与えてくれます。

後席はリクライニングが可能なので、長距離のドライブでも問題なく楽しめるはず。後席がリクライニングするSUVはかなり少ないので貴重です。

室内空間はかなりゆとりがあります。ラゲッジルームはフラットになっているので使い勝手は抜群です。

悪路走破性を考えているため、地上高は高く、乗り降りは決してスムーズにはいきません。このあたりはGクラスに乗る以上、仕方がないところではあります。

Gクラスの安全性能は十分なレベルに達する

G-Class Gクラス

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

30年以上も基本的な設計は変わってないGクラスですが、安全性能は格段に向上しています。

まず大前提として、Gクラスはメルセデス・ベンツが提唱する「インテリジェントドライブ」を実装しています。

具体的な機能は以下のとおりです。

機能説明
アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック最適な車間距離を自動でキープ。自動再発進機能付
ブラインドスポットアシスト斜め後方にクルマがいることを知らせる
アクティブレーンキーピングアシスト疲労や不注意による車線逸脱を防止する
アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付)衝突回避をサポートする
トラフィックサインアシスト制限速度を教えてくれる
PRE-SAFE®(プレセーフ)危険を察知し、万一に備える
マルチビームLEDヘッドライト明るく正確な最先端の視界を実現する
アテンションアシスト注意力低下を教えてくれる
アクティブパーキングアシスト

アクセルやブレーキの操作をすることなく、前方の車との車間距離を最適に保ってくれるアクティブディスタンスアシスト・ディストロニックは自動再発進機能が付いているので、長距離ドライブがかなり楽になります。

渋滞中はもちろん、完全に車が止まる場合にも対応してくれるので心強いですね。

あとはなんといっても自動ブレーキです。現行のGクラスは歩行者にも対応した自動ブレーキが搭載されていますから、交通事故を大幅に低減してくれます。

それ以外にも安全性能は多彩です。

死角に障害物や車両がある場合にはレーダーが感知してドライバーに知らせてくれる機能を搭載しており、車体の大きなG-Classにはありがたい安全性能です。

また、狭い場所でまわりに障害物があるときにはセンサーが感知。アラーム音とLEDの点滅で知らせてくれます。

この価格帯のSUVでも、最新技術を搭載していない車がたくさんありますから、他社の競合車種とくらべてもGクラスには十分な優位性があるといえるでしょう。

自動ブレーキを比較するなら「JNCAP」をチェックすべし!車の安全性能が丸わかり
車の自動ブレーキや衝突安全などを知るには「JNCAP」(自動車アセスメント)をチェックするのがおすすめです。JNCAPを見れば、車の安全性が数値でわかりますし、試験動画も見ることができます。

Gクラス最大の魅力は、なんといってもデザイン

デザインについても、ほかのメーカーには見られない「固有」のスタイルを保っています。

じつはGクラスは2018年にフルモデルチェンジを行いました。フルモデルチェンジというと、見た目の大幅な変更が行われるのですが、ご存知のとおりGクラスは基本的なデザインをずっと変えていません。

以下は初代モデルなのですが、これを見れば不変のデザインがおわかりいただけるはず。

Gクラスの初期モデル

モデルチェンジで変わったのは、あくまでも内装やエンジンなど。

角張ったデザインをずっと継承しているGクラスは、かんたんには作れない伝統をも受け継いでいるというわけです。

このデザインの良さもあいまって、じつはGクラスはリセールバリューが非常に高いことでも知られています。

つまり、中古車になっても人気が高いので、高値が維持されるわけです。

車を買い換えるときにも高く売れるわけですから、Gクラスを買うメリットは金銭面でも大きいということですね。

手放すときに高く売れる!リセールバリューが高い車種の6つの特徴
車を買うなら手放すときのことまで考えたいですよね。高く売れる、リセールバリューが高い車の特徴を6つご紹介します。

Gクラスの値引き額はなかなか渋め

Gクラスの値引き額はなかなか渋め

さて、それでは気になるG-Classの値引き額について見ていきましょう。

結論からいうと、Gクラスは大きな値引きが見込めません。

目標額としては20万円の値引きが適正な範囲といえるでしょう。

Gクラスはメルセデス・ベンツのなかでも、特に強いブランド力を持つ車種ですので仕方がありません。

ライバル車もあるにはありますが、Gクラスほどのブランド力を持った車種が他にないわけですから、値引きをしなくても売れるというのがメーカーの本音なのです。

とはいえ、なるべく大きな値引きを引き出すためにも、ディーラーとの交渉時には必ず「競合車種」を引き合いに出して価格を提示してもらいましょう。

Gクラスの場合には、以下の車種が競合となります。

G-Classを欲しい人にとって、他車種は目につかないこともあるでしょう。

しかし、値引きを狙うのであればライバル車との比較は欠かせませんし、他車種を比べることでGクラスの良いところや悪いところなど、意外なポイントに気づく場合もあります。

競合車種については同じ価格帯で、かつ外国車という条件がつきます。

値引きがむずかしい場合にはオプション装着による実質値引きを狙っていきましょう。

G 350 dの乗り出し価格

G-Class「G350 d」の想定乗り出し価格は以下のようになります。

  • ・本体価格 1018万円
  • ・諸費用 5万円
  • ・自動車税 73,800円
  • ・自動車取得税 249,400円
  • ・自賠責保険料 27,840円(24ヶ月)
  • 合計:12,321,040円

ここで計算したのは最低限の金額で、これ以外にも自動車保険(任意保険)やそのほかの費用が発生する可能性があります。

また、オプション価格は含めていませんから、内装や外装などでオプションを設定する場合にはさらに価格が高くなります。

メルセデス・ベンツGクラスをお得に買う方法

メルセデス・ベンツGクラスをお得に買う方法

Gクラスは購入金額が大きいだけに、購入するときには何らかの工夫が必要です。

もし車の買い替えであれば、いま乗っている車を高く売ることを第一に考えましょう。

まず言えるのは、下取りに出すよりも、買取店の査定が有利です。

複数の買取店に査定してもらうことで、最高額がわかるので愛車を高く売ることができます

車が高く売れれば、購入予算がアップしますから、オプションを付けたり、グレードを上げることもできますよね。

まずは一括査定を使って、愛車の査定額をチェックしてみましょう。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)
サイト運営者
アユム

毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車は2012年式のボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県生まれ。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ