未成年の車買取契約と高額なキャンセル料について

未成年の買取契約解除 車の査定・買取

未成年が車を買取業者に売却することは可能です。
しかし、買取契約を解約したいときにはキャンセル料を支払わなければいけない可能性があります。

その際に高額なキャンセル料を請求された場合、その支払には応じなければいけないのでしょうか?
また、未成年の契約は取り消すことができるのでしょうか?

具体的な実例を紹介し、未成年の車買取り契約とキャンセル料について解説します。

高額な解約料は妥当なのか

国民生活センターに寄せられた、車の買取契約後の高額なキャンセル料についての相談をご紹介します。

自分が息子に買い与えた軽自動車を、息子が金に困って、買い取り業者に51万円で売却するとの契約書にサインしてしまった。車に積んでいる車検証はコピーなので、息子と業者が一緒に車検証をとりに来て自分は売却することを知った。自分は売却に反対なので業者に中止を申し入れたら「既に売れてしまい解約不可」と言われた。

店舗まで出向き交渉したら、業者から「車は既に他県の別営業所に搬送済み、キャンセル料は10万円、誓約書に署名、捺印(なついん)すれば車を返す」との回答だった。あまりに高額なキャンセル料に納得できず「具体的な積算内容を示してほしい」と伝えたが取り合ってくれなかった。仕方なく誓約書に署名、捺印し、今朝再度店舗に出向き10万円を支払って車を返してもらった。ガソリンメーターを見る限り業者の言う他県まで往復しているとは考えにくい。

車検証も渡していないし売却代金も受け取っていないのに 10 万円ものキャンセル料は妥当なのか。業者からは法律の専門家に相談しないでもらいたいと言われている。

(2011年11月受付 相談者50歳代 男性 給与生活者、当事者20歳代 男性 大阪府)

契約書の内容を確認することをしないまま契約を結んでしまったケースです。
相談者と当事者というが別というケースではあるものの、こういったキャンセル料トラブルは増えています。

車買取の解約にはキャンセル料を支払うのが基本

車を売却した後に解約をしたい場合、基本的には契約書に記載された「解約手数料」を支払う必要があります。

多くの業者は契約書に、一律で解約手数料を明記しています。
そのため、コチラの都合でのキャンセルであれば解約料を支払わなくてはなりません。

また、今回のケースではすでに買取業者が車を第三者に売ってしまっています。
この場合には、ある程度の損害が発生すると考えられているため、やむを得ません。

ちなみに、消費者契約法という法律では「実際に生じた損害額以上のキャンセル料は支払う必要がない」と明記されています。
ですから、まずは買取業者にどれくらいの損害が生じたのかを客観的に提示してもらいましょう。

場合によっては支払いを拒否できる可能性も出てくるからです。

未成年者の売買契約は取り消せるのか

上記で紹介した事例は20歳代の成人ですが、トラブルを抱えている方の中には、未成年者が勝手に車を売ってしまい困っているケースもあるかと思います。

結論から言うと、未成年者が行った契約は取り消すことが可能です。

これは民法で定められています。
その理由は未成年者は成年者と比べると知識や経験、判断力が不足しているとされるからです。

しかし、契約を取り消すためには条件があり、以下のすべてを満たしている必要があります。

  • ・契約時の年齢が20歳未満であること
  • ・契約した人が結婚していないこと
  • ・法定代理人(多くは親)が同意していないこと
  • ・法定代理人の財産の範囲外であること
  • ・未成年者が詐術していないこと
  • ・法定代理人の追認がないこと
  • ・取消権が無効になっていないこと

かなり項目が多いですが、わかりにくい内容を1つずつ確認していきましょう。

まず「契約した人が結婚していないこと」ですが、未成年者であっても結婚をするとその時点で成年者と見なされます。

また、「未成年の詐術」とは、たとえば親からの同意書を未成年者が勝手に作成した場合があたります。
この詐術によって契約が成立していると、契約は取り消せません。

「追認」とは、この場合でいえば「取り消せる契約を有効にする行為」のことを言います。
たとえば、未成年者が車を売却したあとに、親が買取業者に対して「早く代金を支払ってくれ」と請求した場合には買取契約が成立したものとされ、取り消すことはできなくなります。

まとめ

  • ・買取契約を解約する場合にはキャンセル料が必要
  • ・キャンセル料が不当な場合は支払わなくてよい
  • ・キャンセル料が高額なときはその理由を業者に開示させる
  • ・未成年者の売買契約は取り消すことができる

車を買うとき・売るときは、まずなによりも冷静になることが一番です。
トラブルを引き起こさないためにも、きちんとした知識と判断で契約にのぞみましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の査定・買取車買取トラブル
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト