未成年が車を売る時に知っておくべき3つのこと

未成年が車を売る 車の査定・買取

車を売るときにはさまざまな手続きが必要になります。
そのなかで、もし車の所有者が未成年だった場合に手続きはどのように進めていけばいいのでしょうか?

未成年が車を売るときに知っておきたい3つのことを解説します。

未成年の車を売るには親権者の同意が基本

まず結論から言うと、車を売る場合には基本的に親権者の同意が必要になります。

車を売るときに親に同意書を書いてもらうか、買取の時に親権者が同行すれば問題ありません。

これは未成年者が成年者とくらべると、知識・経験・判断力が不足していると考えられているためです。

しかし、これは査定業者によって対応が変わってくる場合があります。
つまり未成年であっても買取に同意書が不要となるケースもあるということです。

のちほど説明しますが、未成年の人が車を自分だけで売るためには、複数の買取店に申し込みすることをオススメします。

査定業者によっては同意書が不要な場合も

基本的には同意書などが必要になりますが、未成年者だけでも車を売ることができるケースがあります。

その場合は車の所有者の名前が売ろうとする未成年者本人の名義である必要があります。

未成年者が車を売ろうと思っている場合は、車検証で車の所有者が誰になっているかを確認しましょう。

もし、所有者が自分の名前であれば車を売ることができる可能性があります。

なぜ買い取ってくれるお店と、買い取ってくれないお店があるのでしょうか?
それはお店の方針にあります。

未成年はどんな理由であっても同意書が必要、というお店は大手の業者が多いですが、そういったところは契約を慎重に行います。

一方、未成年者だけでも売却が可能な業者は多少リスクがあってもとにかくたくさん契約をすることを重視します。

リスクがあるのに未成年から買い取っても大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、買い取りをする会社にさまざまなスタイルがあります。
とにかく車をたくさん買い取って転売することで利益を上げる会社もあれば、できるだけ慎重に買取を行う会社があるのです。

買い取ってくれるお店はどうやって探す?

さて、未成年者でも同意書なしで買い取ってもらえることもあるとお話しました。

そのお店はどうやって探せばいいのでしょうか?
もっともカンタンに見つける方法は、車の査定サイトを使うことです。

未成年者が同意書なしで車を売ろうとする場合は、どうしても買い取ってくれるお店はなかなか見つけられません。

もし、自分で買い取り店に足を運んだ場合、どんなにたくさんまわっても買い取ってもらえない可能性があります。
そもそも、たくさんお店をまわるのは大変です。

その時間と手間をかけずに、たくさんの買い取り店からまとめて見積りを出してもらえるのが一括査定なのです。

まずは無料の一括査定サイトでカンタンに見積りを出してもらいましょう。
そうすればあなたが未成年であっても、所有者が本人であれば買取業者は買い取ってくれるお店が見つかる可能性はグッと高くなります。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

車の査定・買取
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト