お得な車買取査定ナビ

未使用車とは?新車とどう違うの?メリット・デメリットを解説

  カテゴリ:新車の購入・買い替え
「未使用車」って何?新車との違いとメリット・デメリットを解説

ディーラーや中古車販売店に「未使用車」と表示された車が展示されていることがありますが、「それって何?新車とどこが違うの?」と疑問をいだく人も多いことでしょう。

そこで、今回は未使用車の定義や新車との違い、メリット・デメリットについて解説します。

ディーラー名義で登録を済ませた車を「未使用車」と呼ぶ

はじめに、未使用車とはどのような車を指すのかについて、解説しましょう。

メーカーは、ディーラーに対して月間販売台数のノルマを課しています。

しかし、ただディーラーにプレッシャーを与えるだけでなく、ノルマを達成したら奨励金を与える「飴とムチ」の戦略をとっています。

ディーラー側としては、当然なんとしてもノルマを達成して奨励金をもらいたいところです。

しかし、月末までにノルマを達成するためには、あと数台売らなければならない(目標まで足りない)ことがあります。

そんな場合、自社名義で新車を登録し、見掛け上の販売台数を増やすことでノルマを達成することがあります。

こうしてディーラーが自社名義で登録した車が、「未使用車」です。

かつては「新古車」と呼ばれていましたが、消費者が新車と勘違いしやすいという理由により、未使用車と呼ばれるようになった経緯があります。

未使用車は、新車と違い登録済みとなっているので、形式上は中古車として扱われます。

しかし、実際には内外装は新車と同じようにピカピカで、走行距離も数km~10数kmくらいなので(※新車でもそのくらい走行している場合があります)、事実上は新車といえるものです。

未使用車のメリットは、価格の安さや納期の早さなど

続いて、未使用車を新車と比較した場合、どんなメリットがあるのかを解説します。

未使用車のメリットその1.「新車よりも価格が安い」

未使用車のメリットとしてまずあげられるのが、同じ車種・同じグレードの新車よりも価格が安いことです。

新車の場合は、ほとんどの場合値引きがあるので、メーカー希望小売価格よりも安く買うことができます。

しかし、未使用車は値引き額を差し引いた新車販売価格と比べても、さらに安く手に入れることができます。

実質的に新車そのものといえる車が新車よりも安く手に入るのは、大きなメリットです。

未使用車のメリットその2.「新車よりも納期が早い」

未使用車のメリットは、価格の安さだけではありません。

新車よりも納期が早いことも、メリットのひとつです。

新車の場合は、契約時点ではまだ実車は用意されていないので、納車されるまでに最短でも2週間くらい待つ必要があります。

また、人気車種の場合は先々まで予約が埋まっているため、納車されるまでに数か月も待たされることがあります。

その点、未使用車は新車と違い実車がすでに存在しているため、納期は最短の場合だと1週間ほどしか掛かりません。

とにかく1日でも早く車が欲しいという人にとって、未使用車は大変魅力的に映るはずです。

未使用車のメリットその3.「新車よりも税金が安い」

未使用車のもうひとつのメリットとして、新車を買う場合よりも税金が安く済むことがあげられます。

まず、自動車重量税に関してですが、新車の場合はユーザー自身が負担する必要があります。

一方、未使用車はディーラーがすでに納税しているため、ユーザーが支払う必要はありません。

また、自動車税に関しては、4月1日以降に購入した場合はその年度の分が免除になります。

さらに自動車取得税に関しても、価格が新車よりも安い分、課税額も低くなります。

見た目は新車並みなのに、税額が中古車並みに安いのは魅力です。

グレードやボディカラーが選べなくても大丈夫?

さきほど、未使用車には新車にはないメリットがあることを解説しました。

しかし、メリットばかりというわけではなく、デメリットもあることに注意する必要があります。

では、具体的にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

未使用車のデメリットその1.「グレード、カラー、メーカーオプションを選べない」

未使用車のデメリットとしてまずあげられるのが、新車と違いグレードやボディカラー、メーカーオプションを自由に選べないことです。

未使用車はディーラーの都合が反映されているので、購入経費が安く済む廉価グレードか、さばきやすい売れ筋グレードのいずれかである場合がほとんどです。

したがって、「装備の充実した上級グレードが欲しい!」というニーズには、なかなか対応できません。

また、ボディカラーに関しては、売りやすさを重視するため白や黒、グレーなどの人気色が多くなっています。

そのため、原色系やパステル系などの個性的なボディカラーの車が欲しいと思っても、見つけるのは大変です。

そして、オプション装備に関してですが、カーナビをふくめ何も付いていない場合がほとんどです。

もし欲しいメーカーオプションがあったとしても、車を発注した後では付けられないので、どうにもなりません。

未使用車のデメリットその2.「新車よりも車検の残りが少ない」

新車の場合は、購入してから最初の車検を迎えるまでに3年間の期間があります。

一方、未使用車の場合は、登録されてから時間が経っていると、その分最初の車検までの期間が短くなります。

車検はお金が掛かるものですから、早い段階で車検を迎えなければならないのは、無視できないデメリットになります。

未使用車のデメリットその3.「他人に触られている可能性が高い」

未使用車は、新車と違い実車が展示されているので、お客さんが自由に触れたり車内に乗り込んだりできます。

そのため、「見知らぬ他人がベタベタ触った車など絶対イヤだ!」という潔癖な人には向いていません。

未使用車のデメリットその4.「人気車種はすぐに売れてしまう」

未使用車がいつ売れるかは、その車種の人気によりけりですが、人気車種である場合はすぐに売れてしまいます。

そのため、欲しいのが人気車種である場合、その車種の未使用車を見つけたら早急に契約を済ませてしまう必要があります。

新車と違い、あれこれ悩んだり比較したりしながら腰をすえて車選びができないのは、未使用車のデメリットです。

未使用車はどんな人に向いている?

未使用車と新車の違いや、未使用車のメリット・デメリットについて解説してきました。

最後に未使用車はどんな人に向いているのかを、まとめてみました。

  • ・新車同然の車を安く手に入れたい人
  • ・1日でも早く車を手に入れたい人
  • ・グレードやボディカラー、装備などにこだわらない人
  • ・特に潔癖ではない人

これらの条件にあてはまる人なら、未使用車の恩恵にあずかれるので、買っても後悔しないはずです。

そして、これはという未使用車を見つけたら、誰かに買われてしまう前に早急に契約することをおすすめします。

焦っていま乗っている車を下取りに出すのはNG

ただ、いま乗っている車から買い替える場合は、愛車を未使用車を扱っているディーラーや中古車買取店に下取りに出してはいけません。

なぜなら、ディーラーの下取り価格は総じて安く、中古車買取店の場合も必ずしもそこが高値で下取りしてくれるお店とは限らないからです。

愛車をなるべく高い値段で手放したいなら、車の一括査定の利用をおすすめします。

なぜ車の一括査定がおすすめなのか?

それは、簡単な手続きをするだけで、愛車を一番高く買取ってくれる中古車買取店が見つかる大変便利なサービスだかです。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1
  • 書いている人【YAS やす】

    1988年生まれの30歳。フリーランスのライターをしています。
    現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます(くわしいプロフィールはこちら
    車が好きな人つなぐ”サークル”のような場所をつくるのが、このWebサイトの目的です。ぜひ車について語らいましょう!

  • 私が乗ってきた愛車遍歴

    トヨタ・クレスタ

    三菱自動車・デリカ CHAMONIX

    トヨタ・bB

    フォルクスワーゲン・ゴルフ

    ボルボ・V60 【現在】

  • いま欲しい車!(憧れ込み)

    ポルシェ・パナメーラ
    マセラティ・ギブリ
    スバル・レヴォーグ