年式と走行距離、中古車の査定で重要なのはどっち?

走行距離と年式と車の査定 車の査定・買取

車の査定を受けるとき、年式と走行距離はどちらが重要なのでしょうか?

車の査定は、さまざまな項目から中古車としての価値を計算します。
そのなかでも重要な項目になってくるのが「年式」と「走行距離」です。

この2つの項目はどちらが重要視されるのでしょうか?

査定のときにも必要になるので、確認方法についても合わせてチェックしておきましょう。

車の年式は査定にどれくらい影響がある?

まずは年式についてです。年式とは「初度登録年月日」のことをいいます。

言い換えると「その車のが初めて登録された日」のことを指します。
人間に置き換えると出生届のようなもので、人生に1度しかありません。

あくまでも新車のときに初めて登録されるものであって、中古車などは関係ありません。
たとえば平成25年に製造された車があったとしても、新車として登録されなければ年式には換算されません

極端にいえば、平成25年に製造されていても新車登録されたのが平成30年であれば「年式」は平成30年になります。

ちなみに「初度登録年月」は車検証に記載されています。確認してみましょう。

さて、この年式ですが、中古車の査定のときには買取額にどれくらい関係してくるのでしょうか?

年式が新しい車のほうが高く売れる?

言うまでもないことですが、車は年式が新しい方が高く売れます
ですから、年式にこだわった方が査定額は高くなるのです。

年式にこだわるというのは具体的に言うと「売るタイミング」のことをいいます。

つまり、売るタイミングによっては査定額が変わってくるということです。

年式が変わるタイミングに注意しよう

車の年式は毎年1月1日に更新されます。
人間にたとえれば「1年分、年をとる」ということです。

これは初度登録年月(年式)がいつであっても同じです。すべての車が等しく更新を迎えます。

一見するとたいしたことなさそうですが、実は年式が1年古くなるだけで査定額が大きく下がる可能性があります。

年式が1年古くなるだけでマイナス10万円

以前、知り合いの中古車販売店の人と年式のことで話をしていました。

その人が言うには「年式が1年古くなるだけで、マイナス10万円ということもある」とのこと。
つまり、できるだけ早いほうが高く売れるということになります。

車種や相場によって変わってきますが、年式は査定額を決めるときにそれだけ重要ということなのです。

年末年始に車を売ろうとしている人は、なるべく年内に車を売ったほうが高く売れます。

車齢が1歳増えるまえに売却することをオススメします。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

車の走行距離は査定額にどれくらい影響する?

次は車の走行距離についてです。
車の走行距離は、文字通り今までに車が走った「総距離」のことをいいます。

中古車市場では一般的に「1年間=1万キロ」が相場と言われています。
つまり、5年乗って5万キロ以内が相場。それを超えてくるとマイナス査定になります。

反対に5年落ちの車なのに1万キロしか乗っていなければ、そのぶん査定額は高くなります。

とはいえ、これも車種によって条件が変わってくるので、実際に査定を受けてみないとわかりません。

走行距離は車のオドメーター(運転席前にあるメーター)で確認することができます。
ちなみに、車が走った距離はすべてカウントされるので、ごまかすことはできません。

なかにはメーターを改ざんしてまで走行距離を少なくしようとする人もいますが、言うまでもなく違法なのでやめましょう。

さて、走行距離は車の査定にどれくらい関係してくるのでしょうか?

走行距離は査定額に大きな影響を与える

まず結論からいうと、走行距離は査定額に強い影響を与えます
さきほど説明したように中古車は「1年間=1万キロ」が相場と言われています。

ですから、5年乗って5万キロ以内が相場。これもお伝えしたとおりです。

1年しか経過していない新しい車であっても、極端な話、10万キロ走っていれば査定額はほとんどゼロです。
要するに、年式はもちろん重要だけど、それ以上に走行距離が査定額に影響を与えるということになります。

もしいまあなたの乗っている車が「走行距離は少ないけど年式が古い車」の場合、あきらめる必要はありません。

反対に、年式は新しいけど走行距離が多い車は査定額がそこまで見込めないかもしれません。

車の査定でもっとも重要なのは「走行距離」。そういっても過言ではありません。

車の寿命と走行距離の限界ってどれくらい?

年式と走行距離、結局のところ重要なのはどっち…?

ここまで説明したことをあらためてまとめてみましょう。
年式と走行距離の関係をひとことで表すと以下のようになります。

【年式は重要だが、それ以上に走行距離が優先される】

結論としては、走行距離のほうが優先順位が高いということです。

ただし、走行距離だけで決められないのも車の宿命

走行距離は少ないけど、年式が古い車。
走行距離は多いけど、年式は新しい車。

みなさんそれぞれ状況は異なると思います。
どんな条件であっても、まずは査定を受けてみることをオススメします。

ネット上では車の条件に合わせて査定額を紹介する記事があります。
参考にはなりますが、残念ながら本当の査定額とは異なることが多いのが実情です。

なぜなら、買取業者によって見積りの出し方が違いますし、住んでいる地域によっても車の価値は変わってくるからです。

少しでも高く売却したいのであれば、複数の買取業者から見積りを出してもらうことが重要です。
そうすれば自分の車の最高額がわかるので、損をすることなく高い価格で売ることが可能になります。

年式と走行距離をチェックして、まずは見積もりを出してもらいましょう。あなたの愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の査定・買取
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト