減額は必至?!もらい事故の査定落ちは請求できる?

もらい事故による査定額 廃車・事故車

交通事故を起こしてしまうと、車の修復に多額の費用がかかることがあります。

もらい事故の場合、過失割合が「相手:自分=10:0」であればその費用をあなたが負担することはありません。

しかし、車を売ったり買い替えるときに大きな問題が発生します。

それはズバリ、査定額の減額です。

自分の責任ではないのに、事故車扱いとなって査定額が下がってしまうのは納得がいきませんよね。

もらい事故では査定額の減額を避けることはできないのでしょうか?また、査定落ちの分を相手に請求することはできるのでしょうか?

もらい事故でも車の査定額は下がってしまう

結論から言うと、事故車はその責任が誰にあろうとも関係がありません。

つまり、もらい事故であっても車の査定額は下がってしまいます。

自動車保険ではもらい事故の取り決めがないことも

車の修理代以外にも「将来的な負担=査定額の減額」が発生するわけですから、この費用も相手方に負担してもらいたいのが本音です。

しかし、自動車保険ではそこまでの取り決めはなく、もらい事故による査定落ちは自分で負担しないといけません。

厳密に言えば、事故後に車の評価損をJAAI自動車査定協会などの機関に算出してもらい、それをもとに裁判を起こして査定落ち分を請求することは可能です。

しかし、裁判にかかる費用や手間を考えるとハードルが高いと言わざるを得ません。

また、査定落ちによって発生した評価損を全額請求することはできますが、実際に全額が支払われると保証はできません。判決次第です。

あたらしい車ほど実質的な損害が大きくなる

こうした評価損は車の初年度登録から日が経っていない車ほど認定される可能性が高くなります。つまり、新しい車ほど有利ということです。

1つの目安としては新車の初めての車検まで、修理費用の1〜3割が請求できると言われています。

しかし、事故による評価損や査定の減額については判例が多岐にわたることもあり、それだけの時間と手間をかけるのはリスクがあると言わざるを得ません。

事故車にはどんな定義があるのか?

もらい事故であっても査定額が下がってしまうのですが、中古車買取店の査定では明確な「事故車の定義」はあるのでしょうか?

事故車の定義については「よくわかる!車の事故歴が査定額に与える影響」でくわしく解説していますが、具体的には以下の項目に修復歴があると事故車となります。

事故車の定義

出典:日本自動車協会
1フレーム (サイドメンバー)
2クロスメンバー
3インサイドパネル
4ピラー
5ダッシュパネル
6ルーフパネル
7フロア
8トランクフロア
9ラジエータコアサポート

日本自動車協会が定める「修復歴車の定義」です。

これら9項目のうち、1つでも修復歴があると事故車として扱われます。

車の骨格に関わるところなので、こうした部位に損傷があると車の価値に影響してくるのです。

こうした明確な定義があるので、反対に言えばこれらの箇所以外の修復歴であれば事故車とはなりません。

ですから、事故があったからといってすべてが事故車になるとは限らないのです。

査定落ちを狙う悪質な業者に注意!

残念ながら顧客の無知につけこむ査定業者が少なからず存在します。

「ボディのヨコに凹みがあるから事故車扱いになります」

などといって減額を要求してくる業者がいるのです。査定落ちとなれば、あなたから安く車を買い取れますからね。

しかし、事故車の定義についてしっかりと知識をつけておけば、悪質な業者にも対抗できるようになります。

よほど悪質な業者出ない限りは問題ありません。下手に近所の個人経営の買取店などに持ち込み査定をすると危険性は高まります。

もし、もらい事故で事故車となった車を売るのであれば複数の車査定業者に見積もりをもらうようにしましょう。

そうすれば、査定落ちになっていたとしても、愛車を最高額で売却できるようになるからです。

まずは愛車の最高額をチェックしてみる

もらい事故による減額(査定落ち)はどれくらい?

事故車の減額はどれくらい?

これまでの説明のとおり、もらい事故であっても減額は避けられません。

車の買取店からしてみれば、オーナーにどんな事情があれ、事故車であることに変わりはないからです。

こうした事情を考えると、事故車を売るときほど、どの買取店を選ぶかは重要になります。

車を手放すときに踏むべき手順は以下のとおりです。

  • 1. 一括査定で複数の買取店から見積りをもらう
  • 2. 事故車買取専門店へ見積りを依頼する
  • 3. 廃車にする(費用がかかる)

なぜこのような順番になるのでしょうか?

その理由は査定における「見積額のちがい」があるからです。

事故車専門店より普通のお店に査定を出してもらおう

事故車になると、多くの人が「事故車専門買取店」を選びがちです。

事故車専門買取店とは、事故車を積極的に買い取ってパーツを転売したり、海外の販売ルートに車を輸出する業者のこと。

どうして最初に一括査定で見積りを出す必要があるのかといえば、通常の買取専門店が1番高く買い取ってくれる可能性があるからです。

これは事故車(修復歴車)でも変わりません。

事故車買取専門店はあまり数が多くありません。ですから、1社の査定額で結論を出さざるを得ないことがほとんどです。

一方、ガリバーやアップルといった車買取店であれば、買取店をまたいで査定額を比較できます。

結果的に、最高額がどのお店なのかを比較できるので、査定落ちになった事故車でも高く売れるのです。

事故車専門買取店では「足元」を見られている

「事故車であれば事故車買取専門店のほうが高いのでは?」

と思われるかもしれませんが、事故車買取専門店では「事故車」という前提(悪く言えばコチラの足元を見られている)があるため、査定額が思ったよりも伸びません。

廃車にするのは最終手段である

ですから、まずは一括査定で買取店から高い見積額を引き出すのが第一です。

もし、そこで納得の行く見積りが出ないようであれば、そこで初めて事故車買取専門店を選ぶべきです。

さらに、事故車買取専門店でも値段がつかない場合、そこで初めて廃車を検討しましょう。
廃車にもお金がかかります。ムダなコストをかけないためにも、査定の順番には十分注意すべきです。

この手順をしっかりと踏めば、愛車はほぼ確実に納得のいく値段で売却できます。

まずは無料一括査定のネット見積りを活用するなどして、効率的に査定を依頼しましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
廃車・事故車車の査定・買取
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト