値段が一番高い国産車はいくら?メーカー別に車種を比較してみた

値段が一番高い国産車をメーカー別に比較してみた 車の選び方・おすすめ車種

国内の各メーカーが販売している車種の中で、値段が一番高いのはどの車種なのか気になる人も多いはずです。

そこで、値段が一番高い国産車をメーカー別に比較してみましたが、かなり興味深い結果が出たのでぜひご覧ください!

トヨタで一番高い車種は、燃料電池車「MIRAI」

トヨタ MIRAI

まず、トヨタで一番高い車種は、燃料電池車の「MIRAI(ミライ)」です。

モノグレード設定で、価格は723万6,000円(北海道地区は725万3,280円)となっています。

この価格は、高級セダン「クラウンマジェスタ」や大型ミニバン「アルファード」の最上級グレードよりも高価です。

最先端の技術であるフューエルセルシステムにコストがかかっているのが、高額になっている要因でしょう。

なお、2018年に発売が予定されているプレミアムセダン、新型「センチュリー」は、MIRAIを超える1,000万円オーバーの価格になることは間違いなさそうです。

レクサスで一番高い車種は、プレミアムクーペ「LC」

レクサスLC

トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」で一番高い車種といえば、これまではプレミアムセダン「LS」でした。

現在はプレミアムクーペ「LC」に代わっています。

そのLCで一番高いグレードが、ハイブリッドシステムを搭載するとともに、走行性能を高めるさまざまな装備が付く「LC500h Sパッケージ」です。

価格は、1,450万円となっています。

日産で一番高い車種は、スーパーカー「GT-R」

GT-R

日産で一番高い車種は、国産車を代表するスーパーカー「GT-R」です。

中でも、もっとも高いグレードは日産のワークスチーム「NISMO」がチューニングを手がける「NISMO」で、価格は1,870万200円となっています。

ホンダで一番高い車種は、ハイテクスポーツカー「NSX」

NSX

ホンダで一番高い車種は、ハイブリッドシステムを搭載するハイテクなスポーツカー「NSX」です。

モノグレード設定で、その価格は2,370万円となっています。

マツダで一番高い車種は、クロスオーバーSUV「CX-8」

CX-8

マツダで一番高い車種は、3列シート仕様のクロスオーバーSUV「CX-8」です。

そのうち、一番高いグレードは「XD Lパッケージ」の4WD仕様車で、価格は419万400円となっています。

スバルで一番高い車種は、スポーツセダン「WRX STI」

WRX STI

スバルで一番高い車種は、スポーツセダンの「WRX STI」です。

2タイプ用意されるグレードのうち、高い方の「STIタイプS」で406万800円となっています。

さらに高価なモデルとして、このSTIタイプSをベースとした450台限定モデル「S208」(一番高いグレード「NBRチャレンジングパッケージ カーボンリアウイング」で710万6,400円)がありましたが、すでに完売しているため新車で買うことはできません。

三菱で一番高い車種は、クロスカントリー型SUV「パジェロ」

パジェロ

三菱で一番高い車種は、クロスカントリー型SUV「パジェロ」です。

クリーンディーゼルエンジンを搭載する最上級グレード、「ロング スーパーエクシード」の価格は、495万1,800円となっています。

ダイハツで一番高い車種は、アッパーミディアムセダン「アルティス」

アルティス

ダイハツで一番高い車種は、トヨタのアッパーミディアムセダン「カムリ」のOEM版である「アルティス」です。

グレードは「G」のみのモノグレード設定で、価格は349万9,200円(北海道地区は352万800円)となっています。

スズキで一番高い車種は、中型ミニバン「ランディ」

ランディ

スズキで一番高い車種は、日産の中型ミニバン「セレナ」のOEM版である「ランディ」です。

最上級グレード「2.0G」の4WD仕様車の価格は、324万8,640円となっています。

ミツオカで一番高い車種は、オープンスポーツカーの特別仕様車「ヒミコ 乱」

ヒミコ 乱.png

個性的なモデルを手がけるミツオカで一番高い車種は、マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」をベースとした「ヒミコ」の特別仕様車、「ヒミコ 乱」です。

価格は、638万円となっています。

全メーカー中で一番高い国産車は、ホンダ「NSX」

これまでに紹介した、各メーカーで一番高い車種を表にまとめてみました。

メーカー 車名/グレード名 価格
トヨタ MIRAI 723万6,000円
レクサス LC/500h Sパッケージ 1,450万円
日産 GT-R/NISMO 1,870万200円
ホンダ NSX 2,370万円
マツダ CX-8/XD Lパッケージ(4WD車) 419万400円
スバル WRX STI/タイプS 406万800円
三菱 パジェロ 495万1,800円
ダイハツ アルティス/G 349万9,200円
スズキ ランディ/2.0G(4WD車) 324万8,640円
ミツオカ ヒミコ 乱 638万円

これらの中で一番高い車種、つまり国産車で一番高い車種は、2,370万円のホンダ「NSX」です。

一方、一番安い車種は324万8,640円のスズキ「ランディ」で、NSXとは約2,000万円、倍率にして7倍以上もの価格差があります。

全般的にみて、フルラインナップ体制を整えているトヨタ/レクサスや日産、ホンダはかなり高価な車種を持っています。

一方で、軽自動車が主力のダイハツやスズキは、一番高い車種でもそれほど高価でないことが分かります。

いずれにしても、そのメーカーで一番高い車種を買うという行為は、ある種の優越感をおぼえることかもしれません。

もし、今回紹介した車種に興味を持ち、買い替えるために愛車を売る場合は、車の一括査定の利用をおすすめします。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで愛車を一番高く買い取ってくれる中古車買取店が見つかる、大変便利なサービスです。