1番安い外車はこれ!安く買えるオススメの外車を徹底比較

外国車・輸入車

車を選ぶときに、価格の安さを優先する人はやはり多いですよね。

特別なこだわりが無い限りは、安くて良い車に乗るのが1番。

そして「安い新車がいいけど、外車に乗りたい!」という人も少なくありません。

ひと昔前は外車といえば高級なイメージで価格の高いものでしたが、いまは200万円を切るリーズナブルな輸入車がたくさんあります。

今回は1番安い外車を探している人に知ってほしい、外国メーカー別の最安車種をご紹介します。

なお、国産車を探している人は【普通自動車で1番安い新車は?国産メーカー別に徹底検証!】をご覧ください。

フランス車メーカー「プジョー」、最安の本命は208

まずはフランス車のメーカー別に新車価格が1番安い車種を見ていきましょう。

フランス車はドイツ車などに比べると日本で流行っているイメージがないかもしれません。

しかし、デザイン性もさることながら、最近は燃費や安全性能向上も見られます。

フランス車の特徴は?おすすめの人気車種を徹底比較!
フランス車と聞くと、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか? 日本には優秀な国産車がたくさん走っていますし、ライバ...

プジョーの1番安い車種は「208」

プジョーで1番安い208

プジョーは日本車にはない独特のフロントマスクが特徴です。

価格帯は比較的幅広く、普及モデルからミドルレンジまでさまざま。

ただし、いわゆる高級車の価格帯(1000万円超)は扱っていません。

プジョーの1番価格が安い車は「208」です。

  • ・本体価格:¥1,999,000~
  • ・燃費:19km/L
  • ・コンパクトながら内装に高いこだわり

プジョー208は非常にコンパクトながら十分な室内空間が確保されています。

内装も安いからといってチープでは決してなく、コンパクトとは思えない佇まい。

燃費もフランス車のなかでは最高レベルの19km/Lを実現しています。

そして、最近のプジョーは安全装備にも力を入れています。

レーザーセンサーが前方の車両や障害物を検知、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動させる機能自動ブレーキが208にも装備されています。

ただし、実用性(実際に事故が避けられるか)については国産メーカーに劣る部分が多いのも事実です。

ルノー・新車価格が1番安い「ルーテシア」

ルノーの1番安い車ルーテシア

ルノーは日産と提携しており、日本でも高い人気を誇るフランス車メーカーです。

セダンよりはハッチバックタイプが多く、デザイン性が高くなっています。

燃費にはそこまで期待できませんが、以前よりは断然良くなっているのは間違いありません。

ルノーの1番安い価格の車は「ルーテシア」です。

  • ・本体価格:¥2,080,000~
  • ・燃費:ー
  • ・ターボ搭載で走りも楽しめる車

高いデザイン性を保ちながら、コンパクトかつダイナミックな走りを楽しめるのがルーテシアです。

「ゼン」グレードは0.9Lという小型なエンジンながら、高い出力となっています。

燃費は公式に発表されていませんが、推定15km/L程度と考えられます。

良い車ではありますが、200万円を超えるので積極的に選ぶ理由はあまりありません。

あくまでも価格重視であれば他社メーカーを選ぶべきでしょう。

安全性や装備についても国産車ほど充実しているわけではないので、「ルノーというメーカーが好き」という理由で選ぶ人が多いのも事実です。

ルノーの値引きはしづらい?車種別の値引き額を検証してみた
ルノーの車種の値引き額と交渉術について解説します。ルノーは車種によって値引き限度額がちがうので、それを踏まえた交渉が必要です。

シトロエンで新車価格が1番安い「C3」

シトロエンの1番安い車C3

シトロエンはPSA(プジョー・シトロエン)グループの一企業です。

以前までは革新的な開発でフランス国内で大きな影響があるメーカーでした。

現在はそこまでの勢いはないものの、独創的なデザインやクルマづくりは健在です。

シトロエンの1番安い価格の車は「C3」です。

  • ・本体価格:¥2,142,000~
  • ・燃費:19.0km/L
  • ・フロントガラスとルーフが一体になった解放デザイン

価格はやや高くなりますが、そこはやはりシトロエンならではの魅力があります。

フロントウインドウが頭上まで広がって、視野が広く開放的なデザインとなっています。

かなり特徴的なので好き嫌いが分かれるでしょうが、他社メーカーにはない発想といえるでしょう。

燃費はまずまずですが、価格はやや高くなるので注意が必要です。

デザイン性を重視してて、おしゃれなフランス車に乗りたいという人に向いている車でしょう。

シトロエンは壊れやすい?故障のしやすさと修理費用の目安
フランスのシトロエンは、古くから個性的な車を作るメーカーとして知られていますが、同時に壊れやすいというイメージも定着して...

DSオートモービルで新車価格が1番安い「DS 3 Chic」

DS 3 DS Automobiles

聞き慣れないかもしれませんが、DSはシトロエンの高級車ブランドとして2015年に独立しました。

シトロエンよりもさらい内装と外装に磨きをかけ、乗る人だけでなく、見る人をも魅了するデザインに仕上がっています。

DSで最も価格が安いのは「DS 3 Chic」というコンパクトモデルです。

  • ・本体価格:¥2,590,000~
  • ・燃費:ー
  • ・3ドアのコンパクトデザイン。内外装に高級感

3ドアでコンパクトなので、家族で乗るのは少し厳しいでしょう。

ただし、このクラスにおいては他を寄せ付けない高級感を持ち合わせているのがDS3です。

「この値段で、ここまでやるか」と思わせる完成度の高さに、DSの凄さを感じられます。

メルセデスベンツで新車価格が1番安い「A-Class」

a-class

メルセデス・ベンツは、ここ数年日本での販売数を大きく伸ばしています。

ラグジュアリー感を残しながらデザイニングされた車体は、多くのファンを虜にしています。

デザインの変更が大きな成功を呼んだ事例といえそうです。

メルセデス・ベンツの1番価格が安い車種は「A-Class」です。

  • ・本体価格:¥2,960,000~
  • ・燃費:17.6km/L
  • ・流麗な車体デザインが高い人気を呼ぶ

メルセデス・ベンツのデザインや内装の良さは言うまでもないかもしれません。

注目したいのは自動緊急ブレーキを標準装備しているところです。

この価格帯なので当然といえば当然ですが、外国車の高級感で自動ブレーキ搭載は嬉しいところ。

ただし、他社の最安車と比べると価格は高めなので要検討といえるでしょう。

メルセデス・ベンツは中古車相場の値下がりが大きいとも言われる車種です。

そのため、少しでも購入予算を抑えたいという人は中古車も視野に入れることをおすすめします。

中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

BMWで新車価格が1番安い「1シリーズ」

BMWの1番安い車1シリーズ

BMWはミュンヘンの本社を置く世界的な外国車メーカーです。

独特の印象を持つキドニーグリルを多くの車種で採用しています。

以前まではステータスを誇るために乗る人も多かったですが、最近はカー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど一般向けの安い車種も続々登場しています。

BMWの1番価格が安い車種は「1シリーズ」です。

  • ・本体価格:¥2,968,000~
  • ・燃費:18.1km/L
  • ・BMWのフォルムにさらなる磨きをかけたモデル

コンパクトながら、スポーティな走りを楽しめる1シリーズ。

コネクテッド・ドライブ、SOSコールなど車を楽しみながら守られる感覚が味わえます。

先進装備にも力を入れているので、新車として購入しておけば装備には満足できるはずです。

この価格でこれだけの装備とサービスが充実しているのは必見ですから、予算が許すのであれば候補に入れたい車種ですね。

BMW1シリーズの価格はいくら?値引き額20〜50万円を引き出す方法
BMWの1シリーズは、エントリーモデルでありながら、BMWのポリシーである「駆けぬける歓び」を追及した走行性能の高さなど...

フォルクスワーゲンで新車価格が1番安い「up!」

フォルクスワーゲンの1番安い車up!

世界販売台数をトヨタと競う、誰もが認める自動車メーカーがフォルクスワーゲンです。

排ガス不正問題で失速する時期はありましたが、それでも高い人気を誇ります。

価格帯は幅広く、普及車を多く扱っているのが特徴です。

フォルクスワーゲンの1番価格が安い車種は「up!」です。

  • ・本体価格:¥1,548,000~
  • ・燃費:25.9km/L
  • ・安くて使いやすく、大切にしたくなる車

up!はそれまで最安車種だとポロに取って代わる大衆向け車種として登場しました。

その価格は驚きの154万円〜。

コンパクトさと快適性を兼ね備えた1台は、安い外国車をさがしている人にピッタリです。

低速度域での衝突回避、衝突被害軽減をサポートしてくれる「シティサポートブレーキ」を標準装備しているのも嬉しいところ。

家族で乗るのにも安心できるつくりになっています。

価格のわりに性能がよく、満足感は非常に大きい一台といえるでしょう。

アウディで新車価格が1番安い「A1」

A1

アウディにもコンパクトカーがあり、その中でも一番安いのがA1です。

こちらも非常に小さなサイズで、細い道でも難なく運転できる車となっています。

フロントマスクのデザインはアウディの高級感をそのまま表現していて、正面から見る限りコンパクトカーとは思えない品の良さがあります。

  • ・本体価格:¥2,490,000~
  • ・燃費:22.9–21.1km/L
  • ・高級感はそのままに、コンパクトを思う存分楽しめる

燃費の良さも非常に注目すべきポイントです。

A1のライバル車はメルセデス・ベンツ「A-class」とBMW「X1」ですが、アウディのA1は最も燃費性能が高く、ライバル車に勝っています。

A1は3ドアなので、5ドアを求める人は「A1 Sportback」(2,690,000円〜)というモデルを検討してみるといいでしょう。

ドイツ車を選ぶならこれ!おすすめのドイツ車ランキング・ベスト5
ドイツ車を買うなら絶対に知っておきたいオススメの車種をランキングでご紹介。ドイツ車が選ばれる理由も解説します。

スウェーデンからは、VOLVO(ボルボ)のV40をおすすめ

V40 ボルボ

ボルボといえば、世界的にも高い安全性能を誇り、日本でも人気のメーカーです。

安さ、という面で見ると、ボルボV40という車種があります。

  • ・本体価格:¥2,990,000~
  • ・燃費:ー
  • ・価格はまずまずだが、インテリセーフで事故激減

値段だけを見ると、他のメーカーよりも高いです。ですから、価格を最優先にして外国車を選ぶのであれば選択肢から外れるでしょう。

しかし、もちろんながら値段相応の価値がV40にはあります。

最大のポイントは、やはり世界一と言っても過言ではない「インテリセーフ」でしょう。ボルボのインテリセーフ搭載車によって、事故率が69%も減少したという報告もあります。

歩行者と自転車を区別する自動ブレーキはもちろん、アダプティブクルーズコントロールも全車標準装備です。

外国車にそこそこの安さと、高い安全性を求めるのであれば、ボルボV40は最有力候補にもなり得る車種です。

サイズも価格もコンパクト!フィアット・500(チンクチェント)

FIAT 500 チンクエチェント

1,998,000円〜という手頃な値段、そしてなによりキュートな見た目で大人気なのがフィアット・500(チンクチェント)です。

そのサイズの小ささのおかげで、せまい道でのハンドリングはラクラクで運転のしやすさは申し分ありません。

さらにフィアット・500(チンクチェント)の燃費性能は24.0km/lと十分な良さです。

ただし、自動ブレーキなどの設定がなく、安全性にはやや不安が残ります。

家族で乗るのは不向きですが、1人乗り or 夫婦で楽しむにはぴったりの車といえるでしょう。

  • ・本体価格:¥1,998,000~
  • ・燃費:19.4〜24.0km/l
  • ・最大の特徴は見た目にあり。イタリア車がこの値段は魅力的
イタリア車の特徴は?おすすめの人気車種を徹底比較!
イタリア車は、日本車、ドイツ車やフランス車といったほかのヨーロッパ車とも異なる独特の個性を持っています。 今回は、...

安さを重視するならフォルクスワーゲンup!

最安の外車ならUP

国産車に比べるとどうしても価格は高くなりますが、外車は内装やサービスが非常に充実しているのが特徴です。

多少お金に余裕があるのであれば、BMW1シリーズやプジョー208、ボルボV40をオススメします。

もし価格重視で1番安い外車を選ぶのであれば、迷うことなくフォルクスワーゲンup!です。

車の買い替えで、少しでも良いグレードを買う方法

車の買い替えで、少しでも良いグレードを買う方法

とはいえ、装備を充実させるオプションを付けたり、グレードを上げるのであれば値上がりは避けられません。

ですからなるべく手元に多くの購入資金を用意しておくのがベストです。

そのために何ができるでしょうか?

車を買い替える人であれば、いま乗っている車を高く売るのが手っ取り早く確実に予算を確保する方法です。

値引き交渉では決して成し得ない金額を、査定額アップで達成することが可能になります。

まずは複数の車買取店に見積もりを出して、必ず比較してください。そうすれば愛車は最高額で売れます。

あなたの車を最高額で売れば、欲しい車が手に入る可能性は高くなりますし、グレードを1つ上げたり、オプションを充実させるのもいいですね。

外車をお得に楽しむためにも、愛車の売却は業者をしっかり比較するようにしましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
外国車・輸入車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト