引っ越しで必要な車の書類と手続きを解説!確認すべき4つのこと

引っ越しで必要な車の書類と手続きを解説!確認すべき4つのこと 新車の購入・買い替え

引っ越しのタイミングで車を買い替える場合、手続きが必要です。

また、引っ越し先にあわせて車の買い替えが必要になるケースもあります。

引っ越し前に知っておきたい手続きと確認事項を解説します。

引っ越しのタイミングで必要な手続き

  • ①運転免許証の住所変更
  • ②車庫証明書(自動車保管場所証明書)の申請
  • ③自賠責保険、任意保険の住所変更
  • ④車検証の住所変更

①運転免許証の住所変更

引っ越しで住所が変わりますから、運転免許証に記載されている住所も変更する必要があります。

運転免許証の住所変更は、新住所を管轄する警察署か運転免許センターで行います。

運転免許証の住所変更を忘れてしまうと、以下の点で困ることになります。

  • ・身分証明書として使えなくなる
  • ・免許証更新のお知らせが届かない

運転免許証を本人確認書類として使う人は多いと思います。住所がちがえば当然無効ですから、引っ越し先の住所に変更が必要です。

また、運転免許証の更新のお知らせが届かない可能性も出てくるため、最悪の場合、運転免許証が失効することも考えられます。

  • 【必要な書類】
  • ・運転免許証
  • ・新住所を確認できる書類(住民票など)
  • ・運転免許証記載事項変更届(窓口でもらえる)
  • ・印鑑(認め印でOK)

②車庫証明書(自動車保管場所証明書)の申請

車を所有している人は、その車をどこに保管(駐車)するのかを申請しなければいけません。

それが車庫証明書(自動車保管場所証明書)です。

車庫証明書は引っ越しによって駐車場が変わった場合に、申請が必要です。

ちなみに、申請先は新住所を管轄する警察署の窓口です。

  • 【必要な書類】
  • ・自動車保管場所証明申請書
  • ・保管場所標章交付申請書
  • ・保管場所の所在図・配置図
  • ・保管場所使用権原疎明書面
  • ・保管場所使用承諾証明書
  • ・印紙
  • ・印鑑(認め印でOK)
  • ・住民票 or 印鑑証明書
  • (必要書類は警察署の窓口やホームページでも入手可能)

③自賠責保険、任意保険の住所変更

自動車保険には自賠責保険(強制保険)と任意保険の2種類があります。

自賠責は、公道を走るすべての自動車に加入義務があります。任意保険の加入は自由ですが、万が一の事故でも手厚い補償が受けられる保険です。

知っておきたい自賠責保険と任意保険のちがいとは?
自賠責保険と任意保険のちがいと優先順位について解説します。自賠責保険と任意保険の違いをしっかりと理解しておけば、事故を起こしたときにも万全の補償を受けることができます。優先順位が高いのはどっち?

いずれの保険も引っ越しにともなって住所変更の手続きが必要です。

加入している保険会社によって手続き内容がことなりますので、電話で問い合わせをしてみることをおすすめします。

ちなみに、引っ越しにあわせて車を買い替える場合、手続きを忘れると補償が受けられなくなりますので、十分に注意してください。

  • 【必要な書類】
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(認め印でOK)
  • 新しい車の登録番号や標識番号が確認できる書類

④車検証の住所変更

住所変更から、原則15日以内に変更する必要があります。遅れても罰則はありませんが、早いほうが何かと安心です。

手続きする場所は、新住所を管轄する陸運局です(軽自動車は軽自動車検査協会)。

  • 【必要な書類】
  • 自動車検査証
  • 申請書(陸運局で購入)
  • 手数料納付書(印紙を購入する)
  • 車庫証明書(発行から1か月以内のもの)
  • 委任状(住所変更を誰かに頼む場合)
  • 新住所を確認できるもの(住民票がおすすめ)
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 印鑑(認め印でOK)

引っ越し前に確認しておきたいポイント

住所変更に必要な手続きとは別に、引っ越し前に確認しておきたいことがあります。

確認不足だと、引っ越したあとに後悔することもありますから事前にチェックしておきましょう。

  • ①引っ越し先の駐車場のサイズ(横幅、縦幅、高さ)
  • ②駐車場に停められる車両総重量
  • ③引っ越し先の周辺道路環境

①引っ越し先の駐車場のサイズ(横幅、縦幅、高さ)

いま住んでいる家の駐車場に停められている車も、引っ越し先の駐車場だと大きすぎる可能性もあります。

駐車場によって横幅、縦幅、高さはちがいますから、引っ越し先の駐車場のサイズを確認しておきましょう。

  • 「隣の車との間隔が狭すぎる」
  • 「立体駐車場の高さが低くて車が入らない」

上記のようなケースにならないよう、引っ越し前に確認しておきましょう。

②駐車場に停められる車両総重量

平置き駐車場であれば気にする必要はありませんが、機械式や自走式駐車場の場合、停められる車の重量制限がある可能性も。

特にマンションの場合、機械式や自走式駐車場が多いですから、車両重量制限の確認は必須です。

わたしも引っ越しをするときには物件の駐車場の重量制限を必ずチェックしています。

ほとんどの場合、車検証の「車両総重量」という項目で決まるので、引っ越し前に確認しておきましょう。

③引っ越し先の周辺道路環境

これから引っ越し先を決める場合、必ず家の周辺道路を実際に歩いてみましょう。

このとき、「車がすれ違う余裕はあるか?」「歩道は整備されているか?」など、安全面の確認が必要です。

確認せずに引っ越しをしてしまうと、「思ったより道路が狭くて運転が大変だった」ということが起こり得ます。

引っ越しにあわせて車を買い替えるなら、愛車を高く売ろう

引っ越しのタイミングで家族構成やライフスタイルが変わる人は多いもの。

それにあわせて車を買い替える人は多いですが、一つだけ注意点があります。

それはいま乗っている愛車を少しでも高く売ることです。引っ越しはお金がかかりますから、少しでも車にまつわる出費は抑えたいですよね。

愛車を売却する場合は、必ず複数のお店の買取額を比べることをおすすめします。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト