燃費が良いのはどっち?マニュアル車とオートマ車を徹底比較

燃費が良いのはどっち?マニュアル車とオートマ車を徹底比較 車の維持費

マニュアル車とオートマ車の燃費を比べると、昔はマニュアル車の方が良いと相場が決まっていました。いまはどうなのでしょうか?

そこで、マニュアル車とオートマ車の両方が設定されている現行車種を可能なかぎり取り上げ、どちらが燃費が良いのか徹底比較してみました。

オートマ車には主に6種類の方式がある

まず、マニュアル車とオートマ車の燃費を比較する前に、それぞれの特徴について軽く触れておきましょう。

オートマ車にはおもな方式として6種類あります。

1.トルクコンバーター式AT

動力を流体継手の一種であるトルクコンバーターによりトランスミッションに伝達する方式です。

かつては効率面や燃費の面でMTに劣っていましたが、近年はロックアップ機構の採用などにより大きく改善されました。

小型車から大型車まで幅広く用いられています。

2.湿式多板クラッチ式AT

トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた方式で、伝達効率に優れ、燃費面ではトルクコンバーター式より有利になります。

この方式を採用しているメーカーおよび車種は、ごく少数です。

3.AMT

MTをベースとしながらクラッチ操作を自動化した方式で、効率や燃費の点ではトルクコンバーター式よりも有利です。

ヨーロッパのコンパクトカーに多くみられる方式ですが、国産車ではスズキが一部車種に採用しています。

4.DCT

2系統のクラッチと変速機構を持つ方式で、AMTや熟練ドライバーが操るMTを上回る変速スピードの速さと効率の高さを特徴とするほか、燃費面でも有利です。

ヨーロッパ車、特にドイツ車やイタリア車に多くの採用例があります。

5.CVT

2つの可変径プーリーとベルトの組み合わせにより無段階に変速を行う方式で、エンジンのもっとも効率のよい回転域を使いながら走れるので、燃費面で有利です。

国内メーカーが好む方式で、軽自動車から大型車まで幅広く採用されています。

6.電気式無段変速機

トヨタのハイブリッド車に採用されている方式で、ギアは単速または副変速機つきの2速です。

一般道では良好な燃費が得られる一方、高速道路では燃費が伸び悩む傾向があります。

マニュアル車とトルクコンバーター式オートマ車の燃費を比較

続いて、マニュアル車と各方式のオートマ車の燃費(JC08モード燃費)を、車種ごとに比較してみましょう。

ただし、湿式多板クラッチ式ATおよび電気式無段変速機を採用している車種にはマニュアル車の設定がないため、除外します。

トヨタ「86」

マニュアル車が11.8km/L、オートマ車が12.4~12.8km/Lです。

オートマ車の方が0.6~1km/L燃費が優れています。

日産「フェアレディZ」

マニュアル車が9.0~9.1km/L、オートマ車が9.1~9.2km/Lです。

オートマ車の方が0.1km/L優れています。

マツダ「アテンザセダン/ワゴン」

マニュアル車が20.4~22.4km/L、オートマ車が18.2~19.6km/Lです。

マニュアル車の方が2.2~2.8km/L優れています。

マツダ「アクセラスポーツ/セダン」

1.5Lガソリン車の場合はマニュアル車が19.2km/L、オートマ車が20.4~20.6km/Lです。

オートマ車の方が1.2~1.4km/L優れています。

2.2Lディーゼル車の場合はマニュアル車(アクセラスポーツのみに設定)が19.6~21.4km/L、オートマ車が18.0~19.6km/Lです。マニュアル車の方が1.6~1.8km/L優れています。

マツダ「デミオ」

1.5Lガソリン車の場合はマニュアル車が21.8km/L、オートマ車が24.6km/Lです。オートマ車の方が2.8km/L優れています。

1.5Lディーゼル車の場合はマニュアル車が30.0km/L、オートマ車が26.4~26.6km/Lです。マニュアル車の方が3.4~3.6km/L優れています。

マツダ「CX-3」

マニュアル車が23.4~25.0km/L、オートマ車が21.0~23.2km/Lです。マニュアル車の方が1.8~2.4km/L優れています。

マツダ「ロードスター」

マニュアル車が17.2km/L(i-ELOOP+i-STOPなし)~18.8km/L(i-ELOOP+i-STOP装着車)、オートマ車が18.6km/L(i-ELOOP+i-STOP装着車)です。

i-ELOOP+i-STOP装着車同士で比べるとマニュアル車の方が0.2km/L優れています。

マツダ「ロードスターRF」

マニュアル車、オートマ車とも15.6km/Lで、差はありません。

スバル「BRZ」

マニュアル車が11.8km/L、オートマ車が12.4km/Lです。

オートマ車の方が0.6km/L優れています。

スズキ「スイフトスポーツ」

マニュアル車が16.4km/L、オートマ車が16.2km/Lです。

マニュアル車の方が0.2km/L優れています。

スズキ「ジムニーシエラ」

マニュアル車が13.6km/L、オートマ車が12.6km/Lです。

マニュアル車の方が1km/L優れています。

スズキ「ジムニー」

マニュアル車が14.8km/L、オートマ車が13.6km/Lです。

マニュアル車の方が1.2km/L優れています。

「MINI 3ドア」

マニュアル車が14.8~20.2km/L、オートマ車が16.6~19.2km/Lです。

グレードによりマニュアル車の方が優れているものとオートマ車の方が優れているものがあります。

BMW「320iスポーツ」

マニュアル車が15.7km/L、オートマ車が16.0km/Lです。

オートマ車の方が0.3km/L優れています。

BMW「M240iクーペ」

マニュアル車が12.7km/L、オートマ車が13.4km/Lです。

オートマ車の方が0.7km/L優れています。

プジョー「208スタイル」

マニュアル車が19.0km/L、オートマ車が18.2km/Lです。

マニュアル車の方が0.8km/L優れています。

アバルト「124スパイダー」

マニュアル車が13.8km/L、オートマ車が12.0km/Lです。

マニュアル車の方が1.8km/L優れています。

マニュアル車とAMT車の燃費を比較

スズキ「アルトF/ワークス」

「F」の場合はマニュアル車が25.2~27.2km/L、オートマ車が27.4~29.6km/Lです。

オートマ車の方が2.2~2.4km/L優れています。

「ワークス」の場合はマニュアル車が22.0~23.0km/L、オートマ車が22.6~23.6km/Lとなり、オートマ車の方が0.6km/L優れています。

スズキ「エブリイ」

マニュアル車が17.4~19.0km/L、オートマ車が19.0~20.2km/Lです。

オートマ車の方が1.2~1.6km/L優れています。

フィアット「500」

マニュアル車「ツインエア」シリーズが24.0km/L、オートマ車「S」が26.6km/Lです。

オートマ車の方が2.6km/L優れています。

アバルト「595」

ベースグレードの場合マニュアル車が13.1km/L、オートマ車が12.6km/Lです。マニュアル車の方が0.5km/L優れています。

「コンペティツォーネ」の場合マニュアル車が13.1km/L、オートマ車が13.4km/Lとなり、オートマ車の方が0.3km/L優れています。

マニュアル車とDCT車の燃費を比較

フォルクスワーゲン「ゴルフR/GTI」

「R」の場合はマニュアル車が12.6km/L、オートマ車が13.0km/Lです。オートマ車の方が0.4km/L優れています。

「GTI」の場合はマニュアル車が15.1km/L、オートマ車が14.6km/Lとなり、マニュアル車の方が0.5km/L優れています。

フォルクスワーゲン「ポロGTI」

マニュアル車が15.9km/L、オートマ車が17.2km/Lで、オートマ車の方が1.3km/L優れています。

BMW「M4クーペ」

マニュアル車が11.6km/L、オートマ車が12.2km/Lで、オートマ車の方が0.6km/L優れています。

BMW「M2クーペ」

マニュアル車が12.1km/L、オートマ車が12.3km/Lで、オートマ車の方が0.2km/L優れています。

マニュアル車とCVT車の燃費を比較

トヨタ「カローラアクシオ/フィールダー1.5G/1.5X」

マニュアル車が17.6~18.0km/L、オートマ車が23.0~23.4km/Lで、オートマ車の方が5.4km/L優れています。

トヨタ「ヴィッツGR SPORT」

マニュアル車が17.2km/L、オートマ車が19.6km/Lで、オートマ車の方が2.4km/L優れています。

ホンダ「シビックハッチバック」

マニュアル車が17.4km/L、オートマ車が18.0km/Lで、オートマ車の方が0.6km/L優れています。

ホンダ「フィット13G・F」

マニュアル車が21.8km/L、オートマ車が24.6km/Lで、オートマ車の方が2.8km/L優れています。

ホンダ「S660」

マニュアル車が21.2km/L、オートマ車が24.2km/Lで、オートマ車の方が3km/L優れています。

スバル「フォレスター」

マニュアル車「2.0i – L 」が13.4km/L、オートマ車「2.0i – L Eye Sight」が16.0km/Lで、オートマ車の方が2.6km/L優れています。

ダイハツ「コペン」

マニュアル車が22.2km/L、オートマ車が25.2km/Lで、オートマ車の方が3km/L優れています。

スズキ「スイフトXG/XL」

マニュアル車が22.6~23.4km/L、オートマ車が24.0km/Lで、オートマ車の方が0.6~1.4km/L優れています。

スズキ「ワゴンR FA」

マニュアル車が23.4~25.6km/L、オートマ車が25.4~26.8km/Lで、オートマ車の方が1.2~2km/L優れています。

総じてオートマ車の方が燃費が良い

前項での検証結果から、マニュアル車とオートマ車の燃費に関して次のようにまとめられます。

  • ・トルクコンバーター式オートマ車の燃費は、車種によってマニュアル車より良い場合もあれば悪い場合もある
  • ・AMT車の燃費は、おおむねマニュアル車よりも良い
  • ・DCT車の燃費は、おおむねマニュアル車よりも良い
  • ・CVT車の燃費は、マニュアル車よりも良い

総合的にみると、オートマ車の方が燃費が良いケースが多いことが分かります。

ひと昔前はマニュアル車の方が燃費が優れているケースが多かったのですが、時代は変わりました。

とはいえ、マニュアル車も昔と比べると燃費は確実に良くなっています。

オートマ車、マニュアル車を問わず、昔の車に乗っている人が同じ車種の最新モデルに買い替えた場合、燃費が良くなっていることに驚くはずです。

もし、愛車を手放して最新の車に買い替えたいと思ったら、車の一括査定の利用をおすすめします。

車の一括査定は、簡単な手続きで愛車を一番高く買い取ってくれる買取店を見つけられる、大変便利なサービスだからです。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

車の維持費
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト