愛着ある車を買い替える前に知っておきたい4つのポイント

愛着ある車を買い替える 車の売却・下取り

あなたは、いま乗っている車に愛着が湧いていますか?

車は長く乗ればのるほど愛着が湧くものです。
でも、どんなに大切な車であってもいつかは買い替えるとき、手放すときがやってきます。

思い出がいっぱい詰まっている車を買い替えるのは、なんとも寂しいものです。

愛着がある車だからこそ、手放したあとに後悔するのは絶対に避けたいですよね。
今回は愛着がある車を買い替えるために知っておきたい4つのポイントをご紹介します。

いま乗っている車、修理にどれくらいお金がかかる?

長く乗っていると、車は修理をする機会が増えてきます。

外装の細かいキズであれば、市販のコンパウンドで直ることもありますが、大きなキズや凹みになると修理工場に出す必要があります。
その場合には数万円〜数十万円の費用が必要になることも。

さらに、エンジンをはじめとする電気系統の故障や不具合はさらにお金がかかります。
どんなに頑丈な車であっても、そして走行距離が少なくても、経年劣化は絶対に避けられないからです。

愛着があり、お金をかけてあげたいところですが、現実的な金銭面も考えなければいけません。

また、将来的に買い替えるときのことも考えると、早い段階で手放してあげたほうが価値ある状態で売却できる可能性もあります。

こうした修理にかかる費用負担を計算して、このまま愛車を維持すべきかを考えましょう。

修理にお金をかけてまで乗り続けたい車か。これは車への愛着レベルを知る上で1つの目安になります。

修理後に故障や不具合は起きないか?

人によりますが、車は事故や故障で修理をすると愛着がなくなることもあります。

大事にしてきたからこそ、ちょっとキズが付くだけで「もういいや…」と考えてしまう人は少なくないんですよね。わたしもその一人です。

車が故障をして修理に出したあと、しばらくの間は問題なく動きますが、そのあと急に動かなくなるケースも少なくありません。
特にエンジンやバッテリーの故障は長く乗っていると修理を繰り返すことになるため、だんだんと直りが悪くなります。

バッテリーがダメになるとエンジンがかかりませんし、快適なドライブのためにはバッテリーの良い状態は欠かせないもの。

ちょっとした故障であればいいですが、いくら愛着がある車とはいっても、その不具合が原因で事故を起こしてしまっては本末転倒です。

愛着ある車を買い替えることなく今後も長く乗るのであれば、そういったリスク(金銭面や事故など)と向き合う覚悟が必要です。

大切な車だからこそ、事故ゼロでしっかり動く状態のまま次のオーナーにカギを渡す決意があってもいいかもしれません。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

愛着のある車は思い出をしっかり残そう

愛着がある車を手放すのはどうしてツライのでしょうか?人によってさまざまですが、多くの人に共通するのは以下のポイントです。

  • 「運転した時の思い出が詰まっているから」
  • 「頑張って貯めたお金で買った車だから」
  • 「親から譲ってもらった車だから」

車の数だけ、人の数だけ愛着があります。
愛着のある車を手放す決断ができない場合、いったいどうすればいいのでしょうか?

まずは、写真をしっかりと撮っておきましょう。
愛着あるものを手放せない原因の1つは「思い出が消えてしまうという恐怖」にあります。

すぐ近くにあった車が無くなってしまうのは、ツライに決まっています。
ですから、愛着のある車をしっかりと写真に撮っておきましょう。

そうすれば思い出したいときに写真をあのときの懐かしい気持ちを取り戻すことができます。

「もっと写真を撮っておけば良かった…」と後悔する人は本当に多いですから、しっかり撮影しておきたいですね。

安い値段でしか売れないから売りたくない

愛着がある車というのは、自分にとっては「乗れば乗るほど価値が出てくる車」ともいえます。

しかし、いざ車を売ることになり査定してもらうとガッカリすることになります。
なぜなら、自分が思っているよりもはるかに安い価格にしかならないからです。

大切に乗ってきた車が、安い価格にしかならないというのは見たくない現実です。

それを目の当たりにしたくないから、車を手放すことができない人も少なくありません。

ただし、買い取り店の査定額を比較して最高額をきちんと知ることができれば、安い値段でガッカリすることもなくなります。

むしろ、「こんなに高く売れるなんて…!」と嬉しい気持ちになることすらあるくらいです。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

愛着ある車を激安で売ってしまった…。私の失敗談

わたしは社会人になって初めて購入した1台目の車を6年近く乗り続けていました。
海へドライブにも行きましたし、遠くへ旅行にも行きました。

とても愛着のある車でしたが、走行距離が10万キロを超えたあたりから故障や不具合が目立ち始めます。
修理して乗り続けることもできましたが、現実的な費用負担を考えて、泣く泣く買い替えを決意したのです。

愛着がある車ですから、最後くらいは高く売りたいと考えていました。
しかし、そのときに付いた査定額は「2万円」。近所の車買取店でした。これはかなり凹みました。

「なんとか10万円くらいにならないものか?」、そう交渉してみましたが、お店の人は「10万キロを超えるとほぼ値段はつかないんです」とのこと。
そのときは何も知らなかったので、仕方なく2万円で手放すことにしました。

状態が良くない車とわかっていましたが、やはり愛着の車が2万円にしかならない現実は悲しいものでした。

そのあと、インターネットで何気なく車の査定について調べていたのですが、それはそれは愕然とする光景を目の当たりにします。
なんと、わたしと同じ条件の車の買取相場が12万円となっていたのです。

それを知ったとき、わたしは車に対して本当に申し訳ない気持ちになりました。
ちょっと調べるだけで高く売れたはずの愛車を0円に近い、安い価格で売りに出してしまったからです。

1つの買取店の査定額だけで決めてしまったことを深く反省した、そんな出来事でした。

愛着のある車を安く売ってしまったときの精神的ダメージは大きい

車はどこに売るかで買取額が大きく変わってきます。それはさきほど説明したとおりです。
同じ車であっても、買取お店によって査定額は大きく異なります。

ですから、愛着のある車を買い替えるのであれば、必ず複数の買取店を比較してください。
そうすれば、自分の車の最高額がわかるので、後悔することもなくなります。

愛着のある車とはきちんとお別れをして、あたらしい一歩を踏み出したいですね。
まずは見積もりをとって、準備をスタートさせましょう。

愛車を最高額で売ることができれば、後悔することなく気持ちよく車を手放すことができますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト