お金が必要だから車を売る人に教えたい「高い値段で車を売る方法」

お金が必要だから車を売る人に教えたい「高い値段で車を売る方法」 車の売却・下取り

生きていくうえでは、さまざまな事情によりお金を工面する必要が生じます。

ときには、マイカーを売らなければならないことがあるでしょう。

今回は、お金が必要だから車を売る人に、「高い値段で車を売る方法」についてお教えします。

ノーマルの状態に戻してから売ろう

社外品のエアロパーツやローダウンサスペンション、マフラーなどを付けている場合は、たとえ車検対応の合法的なものでも、かえって査定が下がってしまうことあります。

もし純正パーツを保管しているなら、ノーマルの状態に戻した方が高く売れます。

パーツを交換するために高い工賃がかかってしまう場合は、車はそのままにしておき、純正パーツを添えて売る方法もあります。

ただし、有名メーカーの高級なパーツはプラス査定になることもあります。まずは車をいまの状態のまま査定してもらい、そのあとで対応を決めると良いでしょう。

高く売れる!改造車を高い値段で手放す4つの方法

洗車と車内の清掃をおこなってから売る

ボディや車内が汚れているまま査定に出すと、査定員に「この人は車を大事に乗っていない」という悪いイメージを与え、査定額が下がってしまうことがあります。

そうならないために、査定に出す前にかならず洗車と車内の清掃をおこなうようにしましょう。

また、ステッカーが貼ってある場合も減額の対象になるので、きれいにはがしてから査定に出すようにします。

洗車や清掃は必要?車の査定前にすべき3つのチェック

剥がすべき?ステッカーが貼ってある車を高く売るコツ

においがしみ付いている場合は消臭してから売る

車内でタバコを吸う習慣があったり、犬や猫などのペットと一緒にドライブしている場合は、シートや内張などに特有のにおいがしみ付いているはずです。

車内でタバコを吸ったりペットを乗せたりしない世の多数派の人たちは、そうしたにおいを嫌うため、査定額は確実に下がってしまいます。

また、芳香剤を置いている場合も、特有の強いにおいは好き嫌いがハッキリ分かれるため、査定額に影響します。

もし、車内にタバコやペット、芳香剤などのにおいが残っていると感じたら、市販の消臭剤を使い、少しでもにおいを弱くしてから査定に出すようにしましょう。

ガンコなニオイでなければ、窓を全開にして30分ほど走れば消臭できる場合もあります。

車の汚れ・ニオイはマイナス査定になるって本当?

傷やへこみは直さないまま売ろう

高い値段で売る、というよりも損をしないための方法ですが、もし目立つ傷やへこみがある場合でも、直さないまま売った方がお得です。

もちろん、傷やへこみがない方が高く売れるのですが、修理をプロに依頼すると万単位のお金がかかってしまいます。

そこまでお金をかけて修理したとしても、査定額のアップ分が修理代を上回ることはまずないので、結果的に損をしてしまいます。

また、ちょっとした傷やへこみなら、市販の補修キットで直してしまおうと考えるかもしれません。

しかし、素人の作業では決して元通りの見た目になるわけではないので、かえって減額の対象になってしまうことさえあります。

したがって、傷やへこみがある場合は程度がどうあれ、そのままの状態で売ってしまった方がお得になります。

その車、修理する?買い替える?どっちがお得か調べてみた

車検は通さないまま売る

もし車検の期日が迫っている場合でも、そのまま売ってしまった方がベターです。

車検の残りが少ないと査定が低くなってしまうと思われがちですが、実際には査定額への影響はありません。

そのため、良かれと思って数万円以上の費用がかかる車検を通してしまうと、損をしてしまいます。

また、すでに車検が切れてしまっている車でも、査定への影響はほとんどありませんし、自走ができなくてもトラックなどで引き取りにきてくれるので、何の問題もありません。

車検切れの車でも高く売れる3つの理由とは?

修復歴がある場合は、正直に申告したうえで売ろう

もし、過去に事故を起こした(事故にあった)ことがあり、車に修復歴が付いている場合は、査定額が大幅にダウンしてしまいます。

査定のダウンをさけるため修復歴はないとウソをつき、最終的にバレなければ結果オーライと思うかもしれません。

しかし、査定員は車の状態を見きわめるプロなので、たいていの場合ウソをついてもバレてしまいます。

そして、「この人の言うことは信用ならない」と思われ心証が悪くなり、査定額がさらに減額になってしまうでしょう。

したがって、修復歴がある車を売る場合は必ず正直に申告しなければいけません。

修復歴のある車を売却するときの注意点!告知義務は?査定額は下がる?

特定の車に特化した中古車買取店に売る

車種によっては、一般的な中古車買取店に売るよりも、特定の車に特化した中古車買取店に売った方が高く売れる可能性があります。

たとえば、ラテン系の車やアメリカ車を専門とするお店などがありますし、ミニバン専門店やSUV専門店などもあります。

そうした車に乗っている場合は、ぜひとも専門店を探して査定に出すことをおすすめします。

また、改造車を積極的に買い取っている中古車店もあります。

一番最初の項目で取り上げた社外パーツを取り付けた車でも、そうしたお店を利用すれば思わぬ高値で買い取ってくれるかもしれません。

複数の買取店の中から、一番高い査定額を付けてくれたところに売る

車を少しでも高い値段で売るためには、手間と時間を惜しまないことが大切です。

とりあえず「このお店が良さそうだ」と見当をつけた買取店にそのまま車を売ってしまうのは、最悪の選択です。

なぜなら、その買取店があなたの車を一番高い値段で買い取ってくれるお店である可能性は、確率的にかなり低いからです。

お金が必要だから車を売るからには、1件でも多くの中古車買取店に査定を依頼し、一番高い査定額をつけてくれたところに売ることが必須のポイントになります。

車の一括査定を利用して売る

これまでに解説してきた「高い値段で車を売る方法」を、まとめてみました。

  • ・ノーマルの状態に戻してから売る
  • ・洗車と車内の清掃をおこなってから売る
  • ・臭いがしみ付いている場合は消臭してから売る
  • ・傷やへこみは直さないまま売る
  • ・車検は通さないまま売る
  • ・修復歴がある場合は、正直に申告したうえで売る
  • ・特定の車に特化した中古車買取店に売る
  • ・複数の買取店の中から、一番高い査定額を付けてくれたところに売る

お金が必要だから車を売る人は、これらの項目をすべて実行してください。

そうすれば、何も対策をしないまま車を売る場合よりも、確実に多くのお金を手にすることができるでしょう。

ただ、最後の「複数の買取店の中から、一番高い査定額を付けてくれたところに売る」に関しては注意が必要です。

なぜなら、多くの中古車買取店をさがすのは非常に手間がかかるからです。

ご想像いただければわかりますが、買取店を見つけて査定を受けて、また次のお店に連絡をして査定を受けて…ということを繰り返すと何日も日数がかかってしまいます。

できれば、面倒な手間は少しでも減らしたいと思うのが人情というものでしょう。

そこでおすすめなのが、車の無料一括査定です。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで、ネット上でスグに買取額が表示されるシステムです。

そのため、愛車を一番高く買い取ってくれる買取店が見つかるのです。

最小のエネルギーで最大の効果(高価)が得られる「車の一括査定」をぜひ活用してみてください。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト