どっちを買うべき?新車と中古車の価格差を見極める方法

中古車の購入

新車と中古車にはどれくらいの価格差があるのでしょうか?

車の購入を考えるときには、できるだけ費用を抑えたいところです。

新車の購入を考えているけど、中古車もアリかな?という人にとって、新車と中古車の価格差は気になるところ。

今回は具体的な車名をあげながら、新車と中古車の価格差について解説いたします。

新車と中古車の価格差はどこで生まれる?

ひとくちに価格差といっても、さまざまな種類があります。

車両本体価格はもちろんのこと、諸費用や税金なども新車と中古車では異なります。

価格差を考えるときのポイントを1つずつ見ていきましょう。

車両本体の価格差はどれくらい?

まず、新車と中古車の価格差を考える上で欠かせないのが「車両本体価格」です。

たとえばトヨタ・アクアの場合。

トヨタ・アクア1.5Sは新車販売時車両価格が179万円

一方、走行距離1.8万kmの同じ型式のアクアが中古価格で153万円。価格差は26万円です。

中古車の価格は走行距離だけでなく、ボディカラーや装備品によっても変わってきます。

26万円の価格差をどう捉えるかも人それぞれです。

1.8万kmの走行距離や使用感など、中古車の状態が気にならないのであれば検討する価値はありそうです。

長く乗りたいなら新車を買ったほうが良い

長く乗りたいなら新車を買ったほうが良い

また、長く乗るのであれば新車を買ったほうがいいという考え方もあります。

たとえば10年以上買い替えることなく、乗り潰すつもりであれば新車と中古車の価格差を気にするべきではありません。

乗り潰すのであれば、自分の乗りたいようにカスタマイズして新車を買うようにしましょう。

その理由は、乗り潰すのであれば新車で最初から乗ったほうが長持ちするからです。

いくら走行距離が少ない車でも、運転の仕方が悪いと車の寿命が短くなることがあります。

前のオーナーがどのような運転をしていたかは、知ることはできません。

また、愛着という意味でも新車から乗るメリットは大きいでしょう。

反対に、車を短いサイクルで買い替えるのであれば、価格差を計算してお得な中古車を選ぶほうがいいといえます。

廃車にするまでの走行距離の目安ってどれくらい?

中古車は自動車取得税がかなりお得になることも

中古車は自動車取得税がかなりお得になることも

新車と中古車の価格差を語る上で欠かせないのが車の税金です。

車の税金には「自動車税」「重量税」「自動車取得税」がありますが、この中で新車と中古車の間で価格差が生まれるのは「自動車取得税」です。

自動車取得税は車を買った場合にかかる税金で、「取得価額×3%」で求められます。

  • 新車本体価格200万円の場合
  • 200万円 × 3%  = 6万円

新車の場合には車両本体価格すべてに税金がかかります。

一方の中古車は「残価率表」をもとに、自動車取得税を決めます。
自動車取得税の残価率表

つまり、中古車は年式が古いほど自動車取得税が安くなるということです。

中古車をより安く購入したいのであれば、走行距離が少なくて年式が古い車を選べば自動車取得税をカットすることも可能です。

ただし、年式は古いけど走行距離が少ない車というのは希少性があって価格が高くなっている場合もあります。

税金を考えることも大切ですが「最終的に自分はいくら払うのか?」というトータル費用で考えることをオススメします。

走行距離と年式、中古車選びで重視すべきなのはどっち?

メンテナンスや修理にかかる費用

メンテナンスや修理にかかる費用

中古車は新車に比べると、どうしてもメンテナンスや修理が多く必要になるケースが出てきます。

中でもオイル交換・タイヤ交換は定期的に行わなければいけません。

とはいえ、中古車で買った場合でもすでにオイルは新品に交換されていることが多いですし、タイヤも大きくすり減った状態では販売されることが少ないでしょう。

タイヤ交換の費用はいくら?交換時期と目安の正しい見分け方

タイヤの交換だけを考慮した場合でも、2年でタイヤ4本4万円で交換すると、実質的にはそれが新車と中古車のメンテナンス価格差となります。

大切なことは、まず販売されている新車と中古車の価格差を計算することです。

そして、その価格とメンテナンス・修理にかかる費用をくらべてみましょう。

そうすれば、どちらがお得になるかをある程度は見極めることができるはずです。

維持費を計算して、新車と中古車の価格差は妥当か考えるのが最も合理的な考え方といえるでしょう。

新車と中古車、故障リスクはどう?

新車と中古車、故障リスクはどう?

新車と中古車のどちらかで悩んでいる人は「中古車は故障が心配」と考えていることでしょう。

いくら安く買っても故障してしまっては意味がありません。

ご存知のとおり、車は走行距離10万キロが寿命と言われています。

ですから、10万キロ以上の中古車を選ぶのであれば、次の車検で買い替える(乗り潰す)つもりで購入するのが賢明です。

車を使う回数にもよりますが、1〜2年で次の車に買い替えることになるでしょう。

それ以上乗っていると故障に悩まされるリスクが大きくなってきますので、新車と中古車の価格差が大きい車には注意が必要です。

故障する可能性が高い車は、やはり中古車としてかなり安く販売されます。

一見するとお得に見えますが、自分で修理ができる・あるいは安く修理できる場合をのぞいては、避けるようにしましょう。

せっかく買っても、すぐに故障してしまっては台無しですよね。

リセールバリューが高い車種は中古車と新車の価格差が小さい

リセールバリューが高い車種は中古車と新車の価格差が小さい

車種によって中古車と新車の価格差は大きく異なります。

リセールバリューが高い車種、つまり中古車でも人気のある車種は中古車と新車の価格差は小さくなります。

ですから、車を買う人にとっては中古車と新車のどちらを買うべきか、余計に迷うことになるでしょう。

「手放すときに高く売れる!リセールバリューが高い車種の特徴とは?」で紹介していますが、具体的には以下のような車種です。

  • ・N-BOX
  • ・ハスラー
  • ・アルファード
  • ・ハリアー
  • ・ランドクルーザー
  • ・GT-R

これらの車種は、そもそも人気が高いので、中古車と新車の価格差が非常に小さくなります。

考え方によっては、「価格がほとんど変わらないんだから、新車買ったほうがお得」と見ることもできるでしょう。

新車と中古車、買うならどっち?

アルファード

新車と中古車の価格差を考える上で欠かせないポイントは以下のとおりです。

  • ・車両本体価格
  • ・自動車取得税
  • ・メンテナンス費用
  • ・故障にかかる費用

こうした項目をトータルで考えることが重要で、目先の中古車価格だけではなく、将来的にかかる価格についても考慮しましょう。

最終的な結論としては、中古車は年式が古く走行距離が少ないものであれば「買い」といえます。

走行距離が少なくても、年式が古ければお買い得だからです。

車の購入予算をアップさせるために、絶対やるべきこと

できるだけ良い車を購入するためには、やはりある程度の予算を用意したいところ。

当然ですが、購入予算が増えれば、それだけ車選びの選択肢は増えるからです。

新車と中古車の価格差があったとしても、いま乗っている車を高く売却できれば新車を買う予算が生まれる可能性があります。

車の購入予算が増えれば、グレードを上げることもできますよね。

新車か中古車かを選択する前に、いま乗っている車がどれくらいの価格で売却できるかを知っておくと、結論を出しやすくなります。

そのためには、下取りではなく買取店に査定してもらうことをオススメします。

複数の買取店から見積りをだしてもらうと、愛車の最高額がスグにわかります。

早速、見積もりをとって車を売る準備をはじめましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
中古車の購入新車の購入・買い替え
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト