新車の購入に必要な頭金はどのくらい?いつ払う?頭金の目安を解説!

新車購入の頭金 新車の購入・買い替え

新車の購入には大きなお金が必要になります。特に、自動車ローンを組む場合には頭金を用意するのが一般的です。

現金一括払いで購入するのは魅力的ですが、それだけの金額を手元に用意するのはむずかしいですよね。

新車購入に必要な頭金の目安はどのくらいなのでしょうか?あらかじめ知っておくと、新車の購入計画が立てやすくなりますよ。

新車購入の頭金は20〜30%が相場!

人それぞれの条件がありますが、頭金の目安は車両価格の20〜30%と言われています。

つまり、たとえば本体価格100万円の新車を購入するときには20万円〜30万円の頭金が相場です。

あくまでも目安なので、資金に余裕があればもっと多めに頭金を支払っても問題ありません。最初におおきな頭金を払ったほうが、月々のローン支払いが減りますからね。

頭金が多く用意できれば、毎月の負担が減るので生活費のやりくりがラクになるのは間違いありません。

ただし、無理して頭金を支払ってしまうと大きな出費があったときに家計が大変になります。前もって入念な計画を立てておきましょう。

毎月の生活を考えると、新車をローンで購入する場合には頭金が多いに越したことはない。これは厳然たる事実です。

頭金の目安はいくら?車の購入・買い替えで得する方法!

新車を買うとき、頭金は絶対に必要なの?

ローンを組む場合には頭金を準備するのが一般的になっていますが、実際のところ頭金は絶対にないといけないのでしょうか?

じつは頭金は絶対に必要、というわけではありません。頭金なしでローンを組むことは可能です。

「新車が欲しいけど、頭金が用意できない…」

そう嘆く必要はありません。やり方次第では、頭金なしで新車を買うことができます。

頭金なしのローンを「フルローン」と呼びますが、全額借り入れという方法があることも知っておきましょう。

ただし、収入が安定していないと審査に通るのが厳しいのは事実です。

また、全額ローンとなれば毎月の返済額が大きくなることにも注意しましょう。

頭金があったほうが審査が有利になる

頭金を用意できるの越したことはありません。その理由は毎月の支払いを少なくできることができるからです。

そして、ローンの審査に通りやすくなるという面もあります。

全額ローンになると、毎月の返済が大変になるため審査が厳しくなるのは避けられません。

なぜ頭金があると審査が有利になるの?

頭金があるということは、その人にそれだけ支払い能力があると見なされるからです。

また、最初に頭金で大きな金額を払ってしまえば毎月の支払は少なくなります。

そのぶん、ローンの返済が滞るリスクが減るので、ローン会社としても安心して貸し出すことが可能なのです。

そもそも、頭金を最初にたくさん用意できるということは、ローン会社があなたに貸し付けるお金が少なくなるということです。

100万円をフルローンで借りると100万円の借金です。しかし、頭金を50万円用意できれば、50万円の借金にしかなりません。

ごく当たり前の話ではありますが、頭金が多いと借り入れ額が減るのでローンの審査に通りやすくなるのです。

頭金があると利息の支払いがラクになる!

頭金があれば、そのぶんだけローン会社から借りるお金が少なくなります。

ですから、それだけ元本にかかる利息が少なくなるのです。

たとえば頭金0円で200万円の車を金利5%のローンを3年で組んだとしましょう。

  • ・毎月の支払い=59,942円
  • ・支払い総額=2,157,912円

支払い総額が2,157,912円ですので、利息だけで157,912円も支払っていることになります。

これを頭金60万円で200万円の車を金利5%のローンを3年で組んだとしましょう。

  • 毎月の支払い=41,959円
  • 支払い総額=1,510,524円

頭金60万円ですので、借り入れは140万円となり元本が少なくなります。

そのぶんだけ金利の負担が減るので支払い総額も少なくすることが可能なのです。

利息は、新車を買うときの手数料として考えれば仕方ない部分もあります。とはいえ、頭金をしっかりと用意できればムダな支払いをしないで済むことは事実。

なりふりかまわず、「とにかく今スグ車が欲しい!」という人は別ですが、なるべく多くの頭金を用意できるように準備しておきたいですね。

新車の頭金はいつ払うのか?

頭金の金額は、ディーラー(販売店)と商談をするなかで決めていきます。

車の金額はグレードやオプションの有無によって最後まで金額がわからないので、最終的な見積書ができた段階で頭金を話し合うわけです。

頭金がないと車が買えないということはありませんが、頭金の入金が遅れると納期が遅れることもあります。

頭金を払うタイミングですが、契約書にサインしたあとに「◯月◯日までに入金をお願いします」という流れになるのが通常です。

ディーラーの銀行口座にお金を振り込むことになるので、契約のときに銀行の口座番号・支店名を教えてもらうことになります。

頭金の入金が完了しないと、車の発注が進まないので早めに入金することをおすすめします。

頭金を用意するのに時間がかかる場合は、ディーラーの担当者に相談してみるといいでしょう。

新車の頭金を上手に用意する方法とは?

頭金を準備することで支払い負担を減らすことができることはおわかりいただけましたか。

とはいえ、貯金があればともかく、お金がない状態では頭金を準備することはとてもできないでしょう。

では頭金がない人は新車の購入をあきらめるしかないのでしょうか?頭金を用意する方法はいくつかあります。

  • ・節約、貯金
  • ・不要なものを売却する
  • ・いま乗っている車を査定に出す

節約、貯金によって頭金を貯める

いますぐ車を買うわけではないという人は、半年後や1年後など目標を決めて頭金を貯めましょう。

たとえば毎月2万円、年二回のボーナスで5万円ずつ貯めることができれば、年間で34万円も貯めることができます。

購入する車の値段にもよりますが、十分な頭金になるはずです。

不要なものを売却する

洋服やバッグ、アクセサリーなど不要なものを売却して現金化しましょう。

最近はメルカリなどのフリマアプリを使えば、いらないものをカンタンに売却することができるようになりました。

いま乗っている車を査定に出す

まとまった頭金を準備する最適な方法があります。それは、いま乗っている車を買取査定に出すことです。

これは買い替えの場合に限りますが、いまの車を上手に売却することができれば頭金を準備することはむずかしくありません。

新車を買うときには下取りに出すのが一般的になっていますが、できるだけ高い金額で手放すには買取店での見積りが欠かせません。

あまり知られていませんが、買取専門店の査定額は下取りよりも高くなることがほとんどです。

頭金を準備できずに悩んでいる方は、試しに買取店で査定をしてもらうことをオススメします。
そうすれば毎月の支払い負担を減らして、快適なカーライフを送ることができますよ。

もう、あなたの新車は目前です。まずは複数のお店に査定してもらいましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト