いつがいい?新車に乗り換えるベストなタイミング

いつがいい?新車に乗り換えるベストなタイミング 新車の購入・買い替え

新車に乗り換えるタイミングは人それぞれです。

欲しい車が見つかった、古くなった、給料が入ったなど理由はさまざま。

とはいえ、新車に乗り換えるタイミング次第では費用を安くできたり、より良い車が手に入ることもあります。

新車に乗り換えるタイミングはいつが良いのでしょうか?

\ 45秒のかんたん入力 /

いつ買い替える?新車に乗り換えるタイミング

  • ・新型車が出た
  • ・走行距離が多く、車が寿命に達した
  • ・故障が増えてきた
  • ・セール時期で安く買えるから
  • ・ボーナスが入ったから

新型車が出た

モデルチェンジで格好いいデザインに生まれ変わったり、あるいは新登場する車種などがあると多くの人が乗り換えを検討します。

新型車には先進の機能が搭載されていたり、燃費が向上したりと良い面が多く、さらに価格も相対的に安いのが特徴です。

走行距離が多く、車が寿命に達した

日本国内では走行距離10万キロで車の寿命を迎えると言われています。

また、乗り方が悪かったりするともっと短い走行距離でも限界を迎えることも少なくありません。

車にガタがきたまま乗り続けていると、事故や故障の原因ともなりますから、早めに乗り換えたほうがいいでしょう。

故障が増えてきた

どんなに頑丈にできた車でも、乗り続けていれば故障するときがやってきます。

エンジンのかかりが悪くなった、ブレーキから異音がするなど、明らかな不具合が見られるようになってきたら買い替えのタイミングかもしれません。

もちろん買い替え前に修理に出してみるべきですが、それでも解消しない場合には買い替えたほうが良いでしょう。

セール時期で安く買えるから

新車の販売店は、特定の時期にセール強化を行なうことがあります。

その代表例が、3月と9月です。どちらも決算期を迎えて、ディーラーは販売台数を伸ばすことに躍起になります。

それに合わせて新車の値引き額も大きくなる傾向があるため、そのタイミングで乗り換えればお得に車を購入できます。

新車購入は3月と9月を狙え!新車の値引き額を最大にする方法

ボーナスが入ったから

ボーナスでまとまったお金が入ると、それを頭金にして新車を購入する人がたくさんいます。

カーローンを組む場合、最初の頭金の有無で審査の通りやすさが違いますし、毎月の支払い負担が大きく変わってきます。

もしボーナスを新車に使うことができるのであれば、乗り換える良いキッカケとなるでしょう。

頭金の目安はいくら?車の購入・買い替えで得する方法!

車検が切れるタイミングで買い替える人は非常に多い

新車の乗り換えタイミングで特に多いのが、車検切れです。

新車は買ってから3年間は車検が有効ですが、その期間が過ぎたら当然ながら車検を受ける必要があります。

「乗り換えか、車検を受けるか」は、車に乗る人にとって永遠のテーマでもあります。

車検代は10万円以上かかることがほとんどですから、それを考えると乗り換えてしまったほうが良いと考えるのは当然です。

車検切れの車でも下取りは可能?

1つ気になるのは、車検切れ(あるいは車検が残ってない)車を手放すときの査定額です。

車検が残っていないと、下取りしてもらえないのでは?あるいは減額になるのでは?と不安に思う人は多いですが、心配いりません。

たとえ車検が切れていても、売却も下取りも可能です。そして、大きな減額もありませんので、心配無用です。

車検切れの車でも高く売れる3つの理由とは?

新車を安く&お得に買う方法とは?

もし新車を本当に買おうと思っているのであれば、少しでもお得に乗り換えられるようにすべきです。

メーカーは新車価格を公表していますが、これはあくまでも一つの基準に過ぎません。交渉次第で値下げは可能ですし、オプションを付けてもらうことで実質値引きにすることもできます。

さらに、いま乗っている車がいくらで売れるかによっても、よりお得に車が買えるかどうかは変わってくるでしょう。

まずは、車を買い替えるまえに以下のチェックポイントを確認しておくことをおすすめします。

新車が安く買える時期を狙うのはタイミング的にむずかしい場合もあるでしょう。そもそも、新車に乗り換えたいと思ったタイミングでスグに欲しいと思うのは人間誰しも同じなので、待つのはちょっとツライですよね。

ですから、「値下げ交渉は必ず行なう」「乗っている車を高く売る」という2つのポイントは最低限行いたいところです。

値下げ交渉については、むずかしいことを考える必要はありません。「他にも検討中の車がある」と販売店に伝えれば、交渉はしやすくなります。

「ディーラー下取り」と「車買取店」のちがいに注意する

いま乗っている車があるなら、少しでも高値で売るのがお得に新車に乗り換えるポイントとなります。

そのとき、なんとなく流れでディーラー下取りを選ぶのはNG。必ず複数の車買取店に査定してもらいましょう。

そうすればどこが最高額で買い取ってくれるかわかるので、愛車の売却で損することがなくなります。

まずは愛車の買取相場をチェックして、いくらで売れるのか計算しておくことをおすすめします。その際は、インターネットの一括査定を活用すると便利ですよ。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

新車の購入・買い替え
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。千葉県在住。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト