必ずバレる!事故車は嘘をつかずに高く売ろう

車の売却時の嘘 廃車・事故車

車の査定をするときに、査定額を高くするためにできるだけ車を良く見せようとごまかす人がいます。

こうした嘘は必ず見抜かれますし、あとでトラブルになりかねません。

車の売却時に嘘をついてはいけませんし、嘘をつく必要もありません。
きちんと説明をして、車をきちんと高く評価してもらえる方法があるからです。

正直に伝えないとトラブルのもとに

車を査定するときにはいろんな項目をもとに見積りを出します。
ですから、できるだけ評価を下げたくないのがコチラの心境です。

たとえば車に事故歴があったとします。
査定士に「事故歴はありますか?」と聞かれ、あなたは「ありません」と答える。

この時点で車は無事故車として査定が進むことになります。

しかし、です。この嘘は必ず見抜かれてしまいます。

車の事故歴は査定額(差額)にどう影響するの?」でも取り上げていますが、車が事故車として判断されるには条件があります。

  • 1、フレーム (サイドメンバー)
  • 2、クロスメンバー
  • 3、インサイドパネル
  • 4、ピラー
  • 5、ダッシュパネル
  • 6、ルーフパネル
  • 7、フロア
  • 8、トランクフロア
  • 9、ラジエータコアサポート

これらの9項目のうち、1つでも修復歴があると、事故車として扱われます。

「じゃあこのパーツが完全に直っていれば問題ないんじゃない?」

と思われるでしょう。
しかし、これらの修復歴は車体番号と一緒に記録されます

そのため、査定の段階で事故車だとバレずに済んでも、あとから発覚することになるのです。

つまり嘘をつくと、車を引き渡した後に減額を食らうだけなので、いいことは何もありません。

走行距離をごまかしてもムダ

車の査定額に大きく影響を与える走行距離についても同様です。

車の故障でメーターを交換することもあるかと思いますが、交換記録も整備記録簿(多くの場合は車検証と一緒に保管している)にしっかり記載されます。

メーターの交換であれば、問題ありませんが中にはわざわざメーターを改ざんしたケースもあります。
これは車をいじってまでして嘘をつく悪質なケースなので、減額どころではなく、買取不可となります。

車の状態をありのまま伝えて高く売る方法はある

やはり車を高く売りたいという気持ちが先行すると、嘘をついて車を良く見せたくなります。

しかし、車の状態を見分けるは一定のやり方がありますが、それが買取業者すべてに共通しているわけではありません。
事故車に対する見積りの仕方も違いますし、走行距離に対する考え方も業者によってちがいます。

ですから、いまの車の状態を正直に伝えて、高く買い取ってくれるお店を見つけることが1番なのです。

あとはその業者を選んで売却の手続きをとれば、嘘をつくリスクを冒す必要はまったくなくなります。