自動車税がかからないのはいつ?車を売るベストなタイミング

自動車税がかからないのはいつ?車を売るベストなタイミング 車の税金

別の車に買い替えたい、あるいは車が不要になって愛車の売却を検討している場合、自動車税の扱いがどうなるのか気になるところです。

そこで、自動車税で損をしないために知っておきたい、車を売るベストなタイミングをお教えします。

都道府県から課せられる自動車税は、世界的にみて高い

まず、自動車税とはどのようなものなのか、軽くおさらいしておきましょう。

自動車税とは、毎年4月1日現在の自動車の所有者に対して都道府県から課せられる地方税になります。

1年分を前払いするシステムで、支払い期限は一部の県をのぞきそ5月末日までです。

一方、軽自動車の場合は自動車税が課せられない代わりに、毎年4月1日現在の所有者に対し、市町村から軽自動車税が課せられます。

自動車税および軽自動車税の金額は、以下の通りです。

自動車税額(自家用の乗用車)

乗用車の自動車税額
排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
6リットル超111,000円

自動車税額(事業用の乗用車)

乗用車の自動車税額
排気量税額
1リットル以下7,500円
1リットル超
1.5リットル以下
8,500円
1.5リットル超
2リットル以下
9,500円
2リットル超
2.5リットル以下
13,800円
2.5リットル超
3リットル以下
15,700円
3リットル超
3.5リットル以下
17,900円
3.5リットル超
4リットル以下
20,500円
4リットル超
4.5リットル以下
23,600円
4.5リットル超
6リットル以下
27,200円
6リットル超40,700円

軽自動車税額

軽自動車は自家用車の場合は一律10,800円、事業用の場合は一律6,900円です(平成27年4月1日以降に新規取得したもの)。

世界的にみても日本の自動車税はかなり高い部類に入りますが、上記の表から特に自家用乗用車の税額が高いことがはっきりと分かります。

したがって、車を売る際になるべく自動車税の負担を減らすタイミングをリサーチしたくなるのも、当然のことです。

車を売った場合、自動車税が還付されるケースとされないケースがある

続いて、車を売るタイミングによって自動車税の扱いはどうなるのか検証していきましょう。

自動車税が還付されるケース

年度の途中に車を売り、自分自身もしくは買取をしたお店が抹消登録(廃車)手続きを行った場合、自動車税の納付義務はなくなります。

それと同時に、すでに前払いしている1年分の自動車税額のうち、抹消登録を行った翌月から翌年3月までの分が還付される(戻ってくる)のです。

たとえば、1.8Lの自家用乗用車の自動車税39,500円を5月末日までに支払っており、同年10月に抹消登録を行った場合、還付される金額は下記のようになります。

【39,500円-39,500円×5/12(11月から翌年3月までの分)=16,458円】

抹消登録を行うと同時に還付手続きが自動的に行われ、1~3カ月後にはこの金額を受け取ることができます。

受け取り方法は、ほとんどの場合は口座振込か指定金融機関での換金になります。

自動車税が還付されないケース

車を買取ったお店が抹消登録を行わず、その車をお店の名義に変更した場合は、自動車税は還付されません。

抹消登録を行うかどうかはお店によって異なるので、還付金を受け取りたい場合は売買契約をむすぶ前に確認しておく必要があります。

また、自動車税の滞納がある場合や、自動車税以外の地方税に滞納がある場合は、そこに還付金があてられるためお金は戻ってきません。

そのほか、軽自動車税の場合はたとえ抹消登録を行ったとしても還付金は支払われません。

車を売るタイミングは、まず3月を避けること

では、自動車税の観点から車を売るベストなタイミングは、いつなのでしょうか?

まず、車を抹消登録するかどうかに関わらず、3月に車を売るのはなるべく避けなければなりません。

なぜなら、名義変更などの諸手続きにはそれなりの時間がかかるため、手続きの完了が年度をまたいで4月になってしまう場合があるからです。

そうなると、翌年度分の自動車税納税通知書が届いてしまうことがあります。

そうならないために、なるべく2月いっぱいまでには車を売るようにしましょう。

また、車を抹消登録する場合ですが、早ければ早いほど還付金の額が多くなります。車を売るべきかどうか迷っている場合は早めに決断することが大切です。

買取店の選択も重要なポイント

車を売るときに自動車税がかからないようにするには、3月を避けることと、そして抹消登録をするなら早めが良いことがお分かりいただけたはずです。

また、抹消登録をしてくれない買取店やディーラーなどを選んでしまうと、自動車税の還付が受けられず損をしてしまうことも、重要なポイントになります。

ただ、車をほかよりも高く買取ってくれる買取店なら、たとで抹消登録をしてくれないとしても、結果的に多くのお金を手にすることが可能です。

では、どこよりも高い査定額を付けてくれる買取店を探すには、どうすればよいでしょうか?

それは、車の無料一括査定を利用することです。

車の一括査定なら、いちいち買取店に足を運ぶことなく複数の買取店から査定を受けることができるため、一番高く買取ってくれるところが簡単に分かります。

手続も簡単なので、車をなるべくお得に手放したい人におすすめです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の税金
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト