使わない車を保管するときの注意ポイントとは?

使わない車の保管方法

使わない車の保管方法というのは、悩ましいですよね。
出張や引っ越しによって、しばらく車を使わない状況になったときは困りものです。

使わない間の保管状態が悪いと、車に悪い影響を与える可能性もあります。

しばらく使わない車はどのように保管すべきなのでしょうか?
使わなくても発生してしまう費用をチェックして、売却についても検討しましょう。

使わない車でも保険料がかかるってホント?

結論からいうと、車は使わないで保管していても維持費が発生します。

つまり、乗っていないにも関わらず安易に保管をしていると、ムダなお金を払わないといけません。

その維持費は大きく分けて以下の3つです。

  • ・自動車税
  • ・自動車保険料
  • ・駐車場代

使わなくても自動車税が発生

自動車税は、毎年4月1日時点で車を所有している人に支払い義務が発生する税金です。
そのため、車を使わずに保管している場合でも支払わないといけません。

もし長期間使わないことがわかっているのであれば、「一時抹消登録」を検討しましょう、

一時抹消登録とはどんな手続なのでしょうか?

わかりやすくいうと「いったん車を使えない状態にする」ことをいいます。
そうすることで、自動車税の支払う必要がなくなります。

いずれ使うことになった場合でも、再登録をすることで使用可能です。

たとえば、転勤で3年間だけ引っ越しをするときなどに一時抹消登録が便利です。

引越し先に車を持っていけないけど、手放したくはない…。
そんなときに、ひとまず一時抹消登録をしておけば、転勤している間は費用がかかりません。

ただし、ナンバープレートを外すので公道を走ることができません。
使わない車を保管する場合には注意しましょう。

自動車保険料もかかる!

車の保険(任意保険)は、使わないのであれば「中断証明書」を申請しましょう。

保管をするときに解約してもいいのですが、あまりオススメできません。
なぜなら、解約してしまうと等級が消滅してしまうからです。

せっかくの等級割引を使えなくなってしまうので、次に車を使うときに損をしていまいます。

保険会社に連絡をして中断証明書を発行してもらえば、中断日から10年間は等級を継続できます。

もしあらためて車を使う場合には、中断証明書を提出すれば、同じ等級からスタートできます。

そもそも任意保険に加入していない人にとっては必要ない手続きですが、十分に注意しましょう。

保管するための駐車場代もバカにならない

これは駐車場を借りている人に限りますが、高い地域では数万円の費用が発生します。

もし使わない車を保管するのであれば、安い駐車場をさがすなどして、車を移動させるのも1つの方法です。

あるいは知り合いに安い駐車場を借りたり、家から遠い場所などを選ぶことで駐車代を安くできます。

自宅の駐車場であっても、その分のスペースが割かれてしまうので工夫したいですね。

車はどんな状態で保管しておくべき?

もし長い間保管するのであれば、保管状態にも気を使いたいところです。
何も気にしないで放っておくと、車が傷んだりして寿命を縮めることにもなりかねません。

洗車・清掃をしておこう

車の保管をするまえに、必ず車を洗っておきましょう。

車が汚れていると、ボディを傷めてしまいます。
とくに鳥のフンなどの酸性の汚れは、車体を溶かしてしまうほど強力です。

ボディはきれいな状態で保管したいですね。

保管前に車の点検をしておこう

エンジンなど、車のメンテナンスもできる限りしておきましょう。

保管する前にエンジンやブレーキの点検をしておかないと、不調なまま保管をすることになります。

また、バッテリーの劣化を避けるためにも端子は外しておくことをオススメします。
端子が付いたままだと、バッテリーに良くありません。

それ以外にもタイヤの空気圧は少し強めにして入れておくようにしましょう。
長く乗らない期間があると、自然と空気は抜けてしまうので注意が必要です。

次に乗るとき、スムーズに乗り出しをするためにもチェックしておきましょう。

車内を清潔に保っておこう

車内に湿気がこもると、シートにカビが生える可能性があります。
シートにカビが生えると、ほかの箇所にも悪影響が出てきます。

除湿剤などを車のなかに積んでおくと湿気から車を守ることができるでしょう。

車を手放したほうがお得になることも

ここまでは、車を使わないときの保管方法についてご紹介しました。

基本的には一時抹消登録をして、保険の中断証明書をもらうことになります。
ただし、これらの手続きは面倒ですし、あらためて車を使うときにも再開の手続きが必要です。

そのため、車を使わないのであれば手放すことも検討しましょう。

車を高く売ることができれば、使わない期間に費用をかけることなく、お金を手に入れることができます。
保管にお金や手間をかけるくらいであれば、売却してしまおうという人も多いのが実情です。

できるだけ高く売るためには、無料の一括査定を活用することをオススメします。

出張査定も行なっているので、効率的に高い価格で愛車を売却できます。
使わない車の保管・処分に迷っている人は、一括査定を受けてみましょう。

カンタンに見積もりが出せるので、気軽に査定してみてくださいね。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。