年式が古い!でも走行距離が少ない車って魅力的?

年式古い走行距離少ない 中古車の購入

中古車は年式と走行距離でおおよその価格が決まってきます。

中古車を選ぶときのポイントはいくつかあります。
自分が欲しい車を素直に買うのは大切ですが、将来のことを考えると「年式」と「走行距離」にはこだわりたいところ。

中古車えらびは「年式が古いけど、走行距離が少ない車」と「年式は新しいけど、走行距離が多い車」の2パターンに分けることができます。

今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介し、中古車選びのコツをご紹介します。

中古車の価格はどうやって決まるの?

中古車を購入するまえに知っておきたいのが「中古車価格の決まり方」です。
新車にくらべて、価格の決まり方が不透明なので、知らずに中古車を購入すると損をすることになりかねません。

事前に知っておくことでお得に車を選べるようになりますよ。

さて、中古車の価格はおもに以下の項目によって決まります。

  • ・走行距離
  • ・年式
  • ・修復歴(事故歴)
  • ・市場の相場

走行距離

中古車の価格で、もっとも大きな影響を与えるのが「走行距離」です。
どれくらいの走行距離であればお得なのか?というのは、車の状態によって変わってきます。

一般的に言われているのは「1年間で1万km」です。

たとえば、10年前の年式の中古車であれば、10万kmというのが相場ということになります。

そして、日本国内では10万kmを超えると中古車としての価値は「ほぼゼロ」と言われています。

走行距離が多くても希少な車種であれば価格は下がりませんが、広く出回っている車は走行距離の多さに合わせて価格が下がります。

車の寿命と走行距離の限界ってどれくらい?

年式

年式はその車が「初めて登録された日」をいいます。
これは車検証に記載されている「初度登録年月」のこと。

つまり、「年式=はじめて新車登録された年月日」です。

年式は「◯年落ち」という表現をすることがあります。
これは「車がはじめて新車登録された年」から何年経過しているかを表すものです。

たとえば、2010年式の車が5年経過すると「5年落ち」と呼ばれます。

年式は毎年1月1日に、すべての車が等しく1歳年をとります。
つまり、年式は1月1日に更新されるということも覚えておきましょう。

修復歴

修復歴(事故歴)は、車が事故を起こして部品の交換が修復された履歴のことをいいます。

中古車は修復歴があると価格が下がりますのでお買い得ではあるのですが、故障するリスクが高いのでおすすめはできません。
なお、修復歴のチェック方法については「よくわかる!事故車の査定でトクする方法」をごらんください。

事故車は安いですが、なるべく購入しないのがベストですね。

市場の相場

車には時代によって人気・不人気の車種があります。
人気があれば中古車価格が上がりますし、人気がなければ値崩れが激しくなります。

もし中古車を安く買いたければ、人気のないモデルを狙いましょう。
年式が新しくて走行距離が少ない車で、なおかつ安い中古車が見つけやすくなります。

もちろん、人気がなくとも自分が気に入った車を選ぶようにしましょう。

年式が古いけど、走行距離が少ない車のメリットは?

年式が古いけど、走行距離が少ない車のメリット

年式が古くても、走行距離が少ない中古車はハッキリ言って「買い」です。

車の損耗具合はほとんど「走行距離」によって決まってきます。
よほど管理状態が悪くなければ、年式の古さはそこまで気にする必要がありません。

ですから、お得な中古車を選びたいのであれば「年式が古いけど、走行距離が少ない車」は有力な選択肢です。

走行距離が少なければ、中古車であっても長く乗ることもできます。
トータルコストを考えても、お買い得な車と言えるでしょう。

年式が古いと最新技術が搭載されていないことも

年式が古く、走行距離が少ない車はお得です。
しかし、1つだけ注意点があります。

それは、あたらしい技術を利用できないということです。
たとえば、自動ブレーキシステムなどは国産車を中心に広まっていますが、まだまだ普及している状況ではありません。

また、年式が古いとカーナビやオーディオが最新のものになっていないので不便を感じることも考えられます。

装備品・消耗品であれば交換することで対応可能ですが、走行性能については年式が古いとやや物足りなさを感じることがあるでしょう。

いまの車には当たり前に装備されている機能が使えない可能性があります。
年式が古い車のデメリットでもあるので、購入前に十分検討しましょう。

年式が新しいけど、走行距離が多い車のメリットは?

ここまでは年式が古いけど、走行距離が少ない車について見てきました。

ここからは年式が新しいけど、走行距離が多い車について見ていきましょう。

年式があたらしい車は、最新の技術を利用できるメリットがあります。
ですから、安全性能や走行性能については年式があたらしいと満足感が高いでしょう。

ただし、走行距離が多いので故障するリスクは高くなります。
年式があたらしいので耐久性が高まっていることは間違いありませんが、走行距離の過多によって修理する必要性は発生します。

年式を重要視する人は、わりと早い段階で買い替える(1年〜2年)イメージで購入すると良いでしょう。

中古車をできるだけ安く購入するには?

基本的には「年式が古いけど、走行距離が少ない車」をオススメします。
しかし、車種によっては価格が下がっておらず、費用負担が大きい場合もあります。

そのときに知っておきたいのが、いま乗っている車の下取りです。
愛車を高く買取してもらえれば、欲しいと思っている車の1つ上のグレードを購入できる可能性があります。

中古車販売店でそのまま下取りするよりは、一括査定を使って複数の買取店から見積もりを出してもらうことで、査定額がアップします。

そうすれば愛車の適正な査定額がわかります。
なにより、車の購入予算が増えるのは嬉しい限りです。

まずは一括査定は活用して、査定額をチェックしてみましょう。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

中古車の購入
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト